マクドナルドの『マク』の意味知ってる?知ってみよう『アイリッシュネーム』~ばあんのりこ(ライター)


アイルランドでは、英語とアイルランド語が公用語のため、名前にアイルランド語が使われることも多いです。しかし、綴りや発音が、英語とは全く異なるため、アジア人だけでなく、欧米人にとっても、アイルランド人の名前は、難しいようです。名前を見て、どのように発音するのか、想像がつかないこともよくあります。

しかし、現地で生活するには、人の名前が読めないと困ります。そこで今回は、アイルランド人の名前について紹介します。
 

じつは、身近にあるアイルランドの苗字

アイルランドでは、McCarthy(マッカーティ)、McLoughlin(マックロクリン)など、Mc(Mac)のついた苗字をよくみかけます。じつは、Mcには、息子という意味があります。世界中でよく知られている、ファーストフード店のMcDonald’s(マクドナルド)。その一部にも、Mcがついています。つまり、マクドナルドは「ドナルドの息子」ということになるのです。

また、アイルランドでは、O’Brien(オブライアン)やO’sullivan(オサリバン)という苗字も多くあります。このO’は~の孫、子孫の意味です。つまり、オブライアンは、「ブライアンの孫(子孫)」というわけです。
 

読解不可能なアイリッシュネームたち

男性の名前で多いのは、Conor(コナー)、Liam(リアム)、Aiden(エイデン)、Sean(ショーン)。

女性では、Siobhan(シヴォーン)、Ava(イーヴァ)、Anna(アナ)などです。

では、次に、独特なアイリッシュネームの例をいくつか紹介します。

男性:Tadhg(タイグ)、Pádraig(ポードリック)、Niall(ナイル)、Ruadhraidh(ルーリー)、Oisin(オーシン)など。

女性:Aoife(イーファ)、Áine(オーニャ)、Niamh(ニーヴ)、Sinéad(シネイド)、Saibh(サイヴ)など。

苗字:O’Flaherty(オフラハティ)、O’Shea(オシェー)、Gallagher(ギャラハー)など。
 

読み方だけじゃない!複雑すぎる名前のスペル

例えば、オーラという女性の名前では、英語式はOrla、現代アイルランド語式はÓrlagh、古アイルランド語式はÓrfhlaidh、となります。一つの名前でも、英語式、現代アイルランド語式、古アイルランド語式と、3つの綴り方法が可能なことが、読み方を余計に複雑にしています。

近年、これまで使用してきた英語式の自分の名前を、アイルランド語式のスペルに変更する人が増えています。自国の文化を大切にしたい、という気持ちの表れなのでしょう。

私たちにとっては難しい名前でも、アイルランドでは、ごく普通の名前です。職場で電話応対などをする場合は、どんなに難しくても聞き取らなくてはなりません。名前や苗字がリストになった本や、ウェブサイトもあるので、参考にしながら少しずつ覚えていきましょう。
 

日本の名前に対する反応とよくある間違い

「あなたの名前の意味は?」といった質問をされることがよくあります。アイルランドでは、キリスト教の聖人にちなんだ名前をつけることも多いのですが、日本では名前に意味があることに、興味を持つようです。意味とあわせて漢字なども教えてあげると喜ばれるでしょう。

また、男性の名前は、「o」、女性は「a」で終わるもの、と思い込んでいる人が多いのも事実です。

日本名で「○○子」の場合、勝手に、語尾を「a」にされてしまうことも頻繁にあります。つまり「はなこ」が「はなか」にされてしまうのです。このことは、アイランドだけで起きることではありませんが、習慣の違いなので仕方ないようです。

日本と同じように、苗字には歴史があります。出身地がわかったり、先祖の職業を想像できたり。ぜひ、知り合った人の名前から、いろいろな歴史や、地理的な情報の話を聞いてみましょう。

参考サイト
https://www.babynamesofireland.com/

文:ばあんのりこ(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■イタリア人は意外と心配症。イタリア特有の迷信事情。
■ 日本とは違うヨーロッパのお風呂(シャワー)事情
■海外でホームパーティを楽しむには
■知っておきたい欧米でのビジネスマナー・基礎の基礎
■ 女性に人気のある留学


関連記事