江戸時代のイギリス留学を描いた実話漫画『学研まんが NEW日本の伝記 長州ファイブ』発売。


江戸時代、日本の近代化のためにイギリスへ留学した“長州ファイブ”を描いた実話が漫画となる。2006年に松田龍平を主役に映画化された作品で、昨年の明治維新150年を記念して『学研まんが NEW日本の伝記 長州ファイブ』として1月29日に発売されることとなった。

同作品には、海外渡航は死罪という時代に命がけの密航留学を果たし、イギリスの文化や技術を学んだ伊藤博文、井上馨、井上勝、遠藤謹助、山尾庸三が登場する。5人が密航留学をするに至った理由から、ロンドンでの留学生活、帰国後の活躍までが描かれる。

巻末には当時の貴重な写真が満載の資料ページのほか、長州ファイブを輩出した萩市のまち歩きマップや、それぞれの略歴と関連写真も掲載。


※Amazonサイトへ移動します。

 


2019-01-24 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事