留学中に病気になったら?アイルランドの医療機関と受診の仕方~ばあんのりこ(ライター)


海外留学や旅行の最中でも、ケガや病気になることはあります。国によって、医療機関のかかり方はさまざま。日頃からその国の医療制度などを確認しておくとよいでしょう。今回は、アイルランドの医療機関のかかり方を紹介します。

基本はGP制度。かかりつけ医をつくろう

医療機関にかかる時は、最初にGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医にかかることになります。いわゆる「かかりつけ医」のことです。

GPは、病気の時だけでなく、日ごろから病気や健康に関することを相談できる身近な存在です。場合によっては、GPの判断で、専門医や大きな病院を紹介されることもあります。

専門医にかかる場合、急患と歯科以外は、必ずGPの紹介状が必要になります。まずは、自分のかかりつけ医をつくっておきましょう。

予約のとれない国公立病院と高額な私立病院

アイルランドには、診察料が原則無料の国公立病院と、自己負担の私立病院があります。

公立病院では、なかなか診察の予約をとれないのが現状です。予約がとれても、1年以上先ということが当たり前です。深刻な病気の疑いがある場合は、一時的に日本に戻って検査をした方がよいでしょう。

一方、私立病院にかかる場合、医療費が高額になる可能性があるものの、国公立病院よりは早く診察してもらえます。料金は医療機関によって差があります。高額の負担になっても、海外旅行保険や日本の国民健康保険が適用になることもあるため、確認しておきましょう。

アイルランドの医療事情

病院では、医師をはじめ、看護師不足、そしてベッドが足りない、などの問題を抱えています。救急車で運ばれても、ベッドが足りないため、廊下の簡易ベッドで過ごす患者も多くいるほどです。

また、アイルランドのGP制度は便利な制度とはいえ、1回かかるだけで60ユーロの診察料がかかります。国民から「高すぎる」との声もあがっており、今後、改正される可能性もあります。

医者にかかるほど深刻ではない症状なら、市販の薬で処置することもあるはずです。もちろん素人の判断では危険な場合もありますので、その際は、薬局にいる薬剤師にまず相談してみましょう。症状に合わせて、持病やアレルギーがあれば、忘れずに伝えてください。

日本の食生活や生活リズムと違うため、体調を崩しやすくなっているケースもあります。普段から自分の体をいたわりながら、なるべく医療機関にかからずに済むよう気をつけましょう。

文:ばあんのりこ(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■イタリア人は意外と心配症。イタリア特有の迷信事情。
■ 日本とは違うヨーロッパのお風呂(シャワー)事情
■海外でホームパーティを楽しむには
■知っておきたい欧米でのビジネスマナー・基礎の基礎
■ 女性に人気のある留学


関連記事