【世界の語学学校レポート】マルバーンハウスロンドン(Malvern house London)/イギリス~小部家大将(ロンドン在住ライター)


ハリーポッターの『9と4/3番線』で有名なロンドン・キングスクロス。ここキングスクロスにある語学学校が「マルバーンハウスロンドン(Malvern house London)」です。

マルバーンハウスの大きな特徴は、スピーキングに力を入れていること。学校内では英語が禁止であり、無料のスピーキング講習会や仲間たちと街を散策するアクティビティなどを定期的に開講。「スピーキング力を上げたい」というやる気のある学生には最高の環境です。

ヨーロッパや南アメリカ、中国、韓国などのアジアなど国際色がとても豊かで文化交流をしながら楽しくも真剣に英語を学ぶことができます。

本記事では、マルバーンハウス・ロンドンについてレポートします。


 

英語以外は使用禁止。その厳しさはどのくらい?

マルバーンハウス校内は英語以外の言語は使用禁止。ペナルティこそないものの、マルバーンハウスには下手くそでも英語を使い倒す学生が多く、授業中は学生全員が意識して英語を使って話をします。

先生からは、英語のスピーキング上達のためにはとにかく失敗を恐れずに話すこと、そして、知らないことがあればその都度覚えていく気持ちでいることが英語の上達には必須であると教えられます。

英語オンリーである環境のおかげで、筆者の場合はリスニング力が自ずとついてきていると実感しています。最初の頃は、早すぎて何を言っているのかわからない状況でしたが留学開始2週間にして既に、普通にコミュニケーションをとることができました。


 

無料のスピーキング講習会には絶対出よう

マルバーンハウスではさまざまなアクテビティが企画されます。「友達を作りたい!」と思っている学生が集まる ため、すぐに友達も作ることができます。ほとんどのアクティビティが無料。お金をセーブしながら英語を学べて、かつ観光もできるなんて、嬉しいこと満載です。

アクティビティに参加する方法は簡単です。授業中にアクティビティ担当の先生がきて次週のアクティビティの説明をしてくれます。その説明を聞いて行きたいと思ったら自主的に紙に名前を書けば申し込み完了です。

なかでも、スピーキングが苦手、不安に思っている方にはぴったりなのが「無料のスピーキング講習会」。毎週実施されています。

テーマは、好きな映画や本について。先生がいて、しっかりとファシリテートしてくれます。筆者は映画や本が好きで、いろんな国の学生たちとこのテーマについて話をすることが楽しくて仕方がないです。
 

国際色豊かなクラスメイトたち

筆者のクラスメイトは、10人。、コロンビア、ブラジル、ドイツ、ロシア、タイ、台湾、韓国、日本のトータル8カ国 の学生で構成されています。

天気について話す授業の時には、それぞれのお国柄が出ておもしろいものです。ブラジルは1年中夏のように暑かったり、ロシアでは1年中寒かったり。その点日本の四季は他の国に比べてもはっきりしているので羨ましがられたりします。

クラスメイトの英語レベルは総じて高いと言えます。なかでもスピーキング力とリスニング力については、ヨーロッパ出身学生は、アジア出身学生と比べると段違いに高いです。おのずと、クラスメイトが話している内容を聞き取ろうとするだけでもリスニング力は鍛えられます。
 

ロンドン留学の醍醐味。大英図書館で勉強してみよう。

マルバーンハウスでは、付帯のパソコン、本、映画全てを無料で使えます。学生たちが食事をとったりとコミュ二ケーションをとったりする学校ロビーには無料のウオーターサーバーがあり、お菓子屋飲み物も自販機で売っています。

勉強したいときは学校ロビーだと、がやがやしてしまい、集中できません。そんなときに行きたいのが、世界一とも言われる大英図書館。学校から徒歩10分程度のところにあります。館内にはカフェがあり、とても快適に勉強することができます。

徒歩で20分くらいにはあの大英博物館があります。展示物を見たり、ガイドを聞いたりと、リアルな英語を勉強しながら歴史や文化についても学ぶことができる最高の場所だと言えます。

▼キングスクロス

▼大英博物館

 

留学は出発前にスタート!レベル分けの『オンラインテスト』

マルバーンハウスでは、入学する前にクラス分けをするためにオンラインテストを受けます。内容は、語彙・文法・ライティングです。

日本人が慣れているペーパーテストのため、TOEIC500 程度の筆者でさえ、7クラスのうち5番目のクラスのUpper-Intermediateクラスに入ることになりました。Upper-Intermediateはビジネスでも問題ないというレベルです。

▼クラスレベルは上からProficiency→Advanced→Uper-Intermediate→Intermediate→Pre-Intermediate→Elementary→Beginnerです。

マルバーンハウスでは最初はかなりレベルの高いクラスに入れられる傾向にあります。ついていけない時には1週間おきにレベルチェンジが可能。先生に相談すればすぐに動いてくれます。
 

やる気ある学生にはぴったりの学校

以上、マルバーンハウスについてお伝えしてきました。スピーキングを重視するこの学校では、国際色豊かな仲間と、様々なアクティビティを通して文化交流ができます。そして、ロンドンの中心に位置するキングスクロスという素晴らしい立地を活かし、英語を通して文化・歴史など幅広い知見を身につけられるチャンスにあふれています。

やる気のある学生、自分でレベルアップを図っていける学生には英語を学ぶ最高の環境だと言えるでしょう。

文:小部家大将(ロンドン在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ イギリスではアフタヌーンティーより「クリームティー」
■ イギリス留学中にヨーロッパから来た留学生たちと交流を深めるコツ
■ イギリスで習う本場のアフタヌーンティー(1)『教室一日体験』
■ イギリス・一日プチ料理留学。実際の教室の潜入レポート!
■ 女性に人気のイギリス留学


関連記事