ニューヨークでブロードウェイを安く楽しめる“ロッタリー”とは?~雨宮早紀(アメリカ留学生)


ニューヨークの名物といえばブロードウェイ。演目によって異なりますが正規ルートで前売りチケットを購入しようとすると、安い席で70ドル、舞台に近いオーケストラ席では200ドル以上することもあります。

しかし、もっと安くチケットが手に入る方法があるのをご存じですか?それが当日券、または本記事でご紹介する『ロッタリー(Lottery=抽選)』です。ロッタリーに当選するとオーケストラ席が30ドルで手に入れられることもあるんです。

安くチケットが手に入るとはいえ、英語力に自信がなかったり、初めてのことに戸惑う方もいるでしょう。そこで本記事では、ロッタリーの仕組みとルール、観劇までの流れ、また、先日筆者がロッタリーで入手したチケットで観劇した際の実話もご紹介します。
 

 

ブロードウェイの『当日券』ってどうなの?

当日券を手に入れるには、直接劇場のチケットカウンターに行くか、トゥデイチケット(Today Tix)に足を運べば購入することができます。トゥデイチケットではブロードウェイで観られる様々なエンターテイメントのチケットを取り扱っていることもあり、行列必至です。
 

ロッタリーのエントリー方法から支払いまで。

ロッタリーはオンラインサイト「ブロードウェイダイレクト(BROADWAY DIRECT)」、もしくは各上映作品のホームページから申し込むことができます。

まずは公演前日の夜8時から当日の朝9時までにエントリーをします。作品ごと、または上映時間によってエントリー時間が異なるのでロッタリーに挑戦する場合は事前にエントリー時間を確認することが大切です。当落結果は当日の9時にメールで通知されます。

オンラインロッタリーで当選した場合の支払い方法はクレジットカードのみ。当選した場合、通知メールから数時間、早い作品だと1時間以内に支払い手続きをすませなければいけないのでインターネット通信環境は必須です。

劇場で身分証明が求められますので必ずパスポートと同じ表記で名前を登録する必要があります。1度の申し込みで2席分申し込めますので、2人でチャレンジする場合は合計4席分申し込むこともOK。万が一重複当選した場合、当選を辞退することも可能です。
 

劇場で行われるロッタリーもある。

開演前の劇場で行われる申し込むインパーソン(In-person)タイプのロッタリーもあります。全ての作品、公演でインパーソンロッタリーを行なっているわけではないので、作品のホームページからインパーソンロッタリーをやっているか確認する必要があります。
 

大人気公演「ウィキッド」の当日券をロッタリーで手にするまで

先日、私は「ウィキッド」の夜公演のインパーソンロッタリーが当たり、舞台を楽しんできました。用意しておくべきものや観劇までの具体的な流れをご紹介します。

ホームページでロッタリー情報をチェックした私は、指定された時間に劇場のチケット窓口へ行きました。

すると、窓口で紙が渡されます。この紙は、自分の名前と欲しいチケットの枚数を記入するためのもの。記入をして係員に紙を返しました。

この日の申し込みは5時半に受付開始、6時に締め切られました。締め切り後はすぐに劇場の外で結果発表。当選者は名前を呼ばれます。その場にいない場合、当選は取り消されますので抽選中は劇場敷地内で待機しているようにしましょう。

名前が呼ばれたら当選です。その場で身分証明書を提示します。紙に書いた名前と表記が一致するか確認されますのでパスポートをお忘れなく。

また、インパーソンロッタリーの場合、支払い方法は現金のみです。

当選発表が終わるとインパーソンロッタリー専用のカウンターに案内されます。そこでロッタリー当選者だけがもらえるバッジが配られ、チケット引き換えの際に提示します。

このバッジはもらえるので当選の記念になりますよ。チケットを手にしたら解散です。あとはチケットを持って再び劇場へ。


 

ロッタリーで手に入れた座席で鑑賞してみてわかったこと

いざ座席へ。ウィキッドのインパーソンロッタリーチケットは1人30ドル。2階最後列の座席よりも安いです。

これだけ安いとどんな座席なのか不安ですよね。日によって座席の場所は変わるようですが、この日にロッタリー当選者に割り振られたのはなんとオーケストラ席の後方。正規価格は約120ドルもする座席でした。

いい席だったので見切れることなく、舞台全体を見渡すことができました。正規ルートでチケットを購入した人との区別はなく、同じように楽しめます。

以上、ブロードウェイミュージカルを安く楽しめるロッタリーについてご紹介しました。英語力に自信がない方や初めての方でも、チャレンジしてみようと思ってもらえたのではないでしょうか。

もちろんロッタリーは抽選なので、確実にその舞台を見たい方や短期滞在の場合には正規ルートでチケットを買うほうが無難でしょう。けれど、もしニューヨークにゆっくり滞在できるなら、ロッタリーを試してみるのも面白い経験になるはず。

ロッタリーの申し込みは無料です。急に予定が空いたり、時間に余裕ができたときは試してみてはいかがでしょうか。物価が高く、何をするにもお金がかかるニューヨークですが、ロッタリーを当てて安く、お得にミュージカルを楽しみましょう!

文:雨宮早紀(アメリカ留学生)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■【世界の大学レポート】 ラガーディアコミュニティカレッジ (LaGuardia Community College)/アメリカ
■ ニューヨークでスモーガスバークに行ったら世界中の食べ物に会えた。
■ アメリカのカレッジでAを取るための勉強方法。
■ アメリカのグロッサリーストア(スーパーマーケット)徹底攻略法(1)
■ 女性に人気のアメリカ留学


関連記事