注目キーワード

「お酒買っちゃダメ」のメキシコ。新型コロナウイルス(COVID-19)が与えているメキシコ人への影響~Yu Larraz(メキシコ在住ライター)

(4月6日現在@メキシコ)

中国から始まり、現在、欧州や北米を中心に猛威をふるっている新型コロナウイルス。信じられないスピードで世界中に広がり、多くの人の生活に影響を与えています。著者の住むメキシコでも、3月中旬から日に日に感染者が増えて、現在都市や観光地を中心に、感染が拡大しつつあります。

こちらの記事では、コロナウイルスが、現在メキシコ人にどのような影響を与えているのかをご紹介します。
 

「緊急事態宣言」メキシコの新型コロナウイルスの感染状況は?

メキシコ・新型コロナウィルスの影響

メキシコは、欧米での感染が拡大した時期3月中旬には、まだ感染者が少なく、危機感を感じていませんでした。他の地域に比べてコロナウイルスの到着は遅く、3月20日頃のメキシコの感染者数はまだ200人前後でした。

しかし、その後、メキシコでは感染者数が一気に増えてしまいました。そのため、3月31日には、「緊急事態宣言」が出されました。4月6日現在での、メキシコ全土での感染者は2143人です。現在、必要以外の外出は禁止ですが、イタリアのように外出して処罰されるわけではありません。

そのため、ストレスがたまらない程度には外出している人は多いようです。ショッピングモールなども、通常通りに営業している場所は多いです。
 

メキシコ全土で学校は4月末まで休校

メキシコ・新型コロナウィルスの影響2

スーパーは、幸い日本のような買い占めの混乱はそれほど見られません。しかし、スーパーによっては、お米やインスタントフードが品薄になっていることもあるようです。

メキシコでは、3月中旬に学校が(高校まで)休校になりました。当初は、4月20まで休校予定でしたが、事態の悪化により、現在4月末までの休校が決定しています。

今後も、状況によっては、休校の延長が予測されます。メキシコでも、日本のように、共働きで休校中の子供の預かり場所に困っている人も多くいます。しかし、メキシコでは家族がそばにいることが多いため、兄弟や親に頼ることで何とか過ごしています。
 

観光業で成り立つカンクン地方は大きな経済的打撃を受ける

メキシコ・新型コロナウィルスの影響

カンクンからトゥルムまでの観光業で成り立つ地域、リビエラ・マヤでは現在55以上のホテルが営業を停止しています。どのホテルも、稼働率が10パーセントほどに下がり、ホテルを開けている方がお金がかかってしまう状況になったため、3月25日頃から次々と閉め始めました。

そのため、現在は数えきれないほどのホテル従業員が、一時的に職を失っている状況です。従業員がストライキを起こしたホテルもありますが、ホテル側も営業停止中に従業員に給料を払う余裕はありません。

また、現在はプラヤ・デル・カルメンやカンクンのほとんどのビーチは立ち入り禁止となっています。普段は賑わう町の中心部も、観光客なしでは成り立たず一時的に店を閉めているビジネスが多いのも事実です。
 

犯罪増加が懸念される深刻さ

メキシコ・新型コロナウィルスの影響

カンクン地方でなくても、レストランやホテルなどのサービス業界は大きな影響を受けています。メキシコでは、その日暮らしの人も多いため、この状況がさらに悪化すると、仕事だけでなく家まで失ってしまう人が増えてしまうのは確実です。

そのため、犯罪が増えてしまうことも考えられます。実際に、ホテルに勤める家族や友人は、現在仕事に行けない状態が続いています。この状態がいつまで続くか分からない不安、はたして仕事に復帰できるのかもわからない不安を抱えながら、毎日過ごしています。
 

アルコールが飲めない!メキシコ人にとってショックなニュース

メキシコ政府は、欧米に比べると対応が早かったように思います。緊急事態宣言も、手遅れになる前に出されました。市民への意識がこれによって高まり、外出を避け、マスクを着用する人も多くなってきました。

しかし、未だに国境を封鎖していない点については、国民から批判の声が上がっています。感染元が、外国からの観光客だったケースが多いのに関わらず、未だに国境や空港を閉鎖していません。それには、国民が飽きれ気味です。

メキシコは現在、まだ欧米のような危機的な状況ではありません。国民も、一歩も外に出られない状況ではありませんので、生活にそこまでの制限を感じない人もいるでしょう。しかし、3月末に、一時的にアルコールの販売・購入が禁止になりました。これには、ショックを受けている市民は多いです。

家族や友人と週末に集まる習慣があるメキシコでは、アルコールも欠かせません。そのため、人を集まらせないための処置として発令されたようです。世界各国で、人々の生活に多大な影響をもたらしているコロナウイルス。早く収束に向かうことを願うばかりです。

文:Yu Larraz(メキシコ在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ カリブ海でスペイン語留学。マヤ文化の町プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)
■ メキシコで家を「探す・借りる」時に知っておきたい4つのポイント
■メキシコのリゾート地、 プラヤ・デル・カルメンの注目スペイン語学学校をご紹介。
■ メキシコでのチップの払い方/タイミングから金額まで完全ガイド
■ 女性に人気の留学プラン


メキシコ・新型コロナウィルスの影響2
記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

国境や人種の垣根なく、多様な文化が共存できる社会に向かって、留学生やグローバル教育の専門家たちで作っているサイトです。 一緒に記事を作ってくれるライターも随時募集しています!