注目キーワード

JAXA「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(於:米ヒューストン/2021年2月)へ派遣する教職員を募集。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2021年2月初旬にアメリカ・ヒューストンにて開催される「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(Space Exploration Educators Conference:SEEC)」へ派遣する教育関係者を募集する。

このワークショップは、米国航空宇宙局(NASA)/ジョンソン宇宙センター(JSC)の公式ビジターセンターであるスペースセンター・ヒューストンが主催する教育関係者向けのイベント。

NASA並びに民間企業が協力し、全米、カナダ、オーストラリア、日本などから500名以上の教育関係者が集う。「宇宙」を教育に活用するための指導方法や教材について、セッションに分かれて発表、意見交換、情報提供等を行う。

JAXAでは、第12回ワークショップから学校教員を派遣。教員は日本の教育現場で実践されている「宇宙」を題材とした指導方法・事例についての発表を行ってきた。

また、「宇宙」の教育利用が活発な米国の教育者と交流することによって、新たな視点の発見や参加者間のネットワークの拡大にもなっている。

「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」実施・応募概要

派遣期間

2021年2月1日(月)~2021年2月9日(火)
※国際情勢、予算等の状況による中止・変更の可能性あり
※SEEC開催期間のほか、現地校にての演示・交流、日本語補習校にて演示・交流なども予定。

応募締め切り

2020年8月12日(水) 消印有効

応募資格・募集人員

  • 募集人員:2名程度
  • 現在、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校いずれかの教職にある方(担当科目は問わず)
  • 期間中の派遣について所属長の承諾を得られること
  • 選考において、JAXAが指定する期間(募集要項内4項、5項を参照)にWebまたは電話面接に対応できること
  • 選考通過後の事前調整会(※)に参加できること
    ※第1回を2020年9月27日(日)、第2回を同年12月20日(日)、両日ともJAXA相模原キャンパスにて開催予定
  • 英語でコミュニケーションができること
  • 過去に同プログラムにおいて派遣経験がないこと

詳細はJAXA「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」発表者募集のお知らせ にて。

(留学プレス)


宇宙を教育に利用するためのワークショップ
記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

国境や人種の垣根なく、多様な文化が共存できる社会に向かって、留学生やグローバル教育の専門家たちで作っているサイトです。 一緒に記事を作ってくれるライターも随時募集しています!