注目キーワード

【英語力アップ】留学・ワーホリで日系飲食店で働くのはアリ。

これから留学やワーホリを控えている方なら、海外で就職することや、アルバイト先をどうするかは悩みどころですよね。

仕事選びをする中で、「英語力をアップさせたいなら、日系飲食店は避けるべき!」または、「なるべくローカル企業にチャレンジして、日本語を一切遮断しよう。」このような意見を耳にすることもしばしば。

実は私も、留学中に友人との会話の中でそんなアドバイスを受けたことがあります。しかしそれを尻目に、当時英語力ゼロだったことと、フラットから近く通いやすいという単純な理由で、日本食レストランでウェイトレスとしてアルバイトを始めてみたのです。

そして留学中に二年間、日本食レストランでアルバイトをしてみた私の英語力にどう変化があったのかというと、格段にアルバイト前より英語力がアップしました。

本記事では、なぜ私が日系飲食店のアルバイトで英語力をアップできたのか、なぜおすすめできるのかをお話させていただき、海外の日系飲食店で働こうか迷っている方へのアドバイスを詳しくお伝えしてまいります。

【結論】英語力アップなら日系飲食店でのアルバイトはおすすめ

留学・ワーホリで日系飲食店で働くのはアリ

私の留学経験に基づいた結論からお伝えすると、日系飲食店でのアルバイトはおすすめできます。

おすすめできる理由は以下が挙げられます。

・日本語環境とは限らない

・生の英会話に触れられる

・瞬時の判断が身に付き、自然と受け答えできるようになる

「日系飲食店イコール日本人ばかり」この概念はもはや廃れつつあるように思います。経営者も日本人ばかりではありませんし、海外での日本食ブームに伴い、続々と新しい寿司屋やレストラン、カフェが誕生しています。

日系飲食店が増える一方で、すべての従業員を日本人で確保するのは、非常に難しいのが現状です。

よって、日本カルチャーやフードに興味のある外国人をスタッフとして積極的に採用しています。日系飲食店といえど、外国人と働く機会が得られるのです。

外国人と働くことができ、お客様も外国人が多い環境であれば、もはや日本語を使う機会は少なくなります。スタッフの指示やお客様の要望が理解できないと、仕事になりません。必死になって理解しようと努力できるんですね。

慣れるまでは、頭がパンク状態に陥ることもあるでしょう。飲食店では時に予想外の事が起きたりします。急にお客様の気が変わって要望が入り、それに対してはとっさの英語対応が求められます。

スタッフが手一杯のときは、急な手助けを求められたりもします。それが反復運動のように自然に対応できれば、瞬時の判断で英語で対応するスキルを養えるのです。

日系飲食店アルバイトで英語力をアップする方法

留学・ワーホリで日系飲食店で働くのはアリ

日系飲食店のアルバイトで、実際に私が実践した英語力アップのおすすめ方法をご紹介していきますね。きっとこれを読んでいただくと、日系飲食店アルバイトのイメージが変わるはずです。

リスニングなら→お客さん同士の会話に常に耳をすませる

もしも英語力ゼロでいきなり店に立つことになったら、どうお客様に話しかけていいかも分からず、お客様に何か聞かれても答えることができないでしょう。

そんな時でもできること、それはお客様同士の会話に耳を傾けることです。英語学習用のリスニング教材でなく、外国人たちが何を思い、どんなことを感じながら言葉を発しているか、それを目の前で見て聞くことができるなんて、とても貴重な機会なのです。

私がアルバイトをスタートしたばかりの頃は、食べ終わった後の片付けなど裏方の仕事がメインでした。それでも店内で飛び交う生の英会話によく耳を傾けてみると、そこから学びとれるものは数知れず。

「あ、この単語聞いたことがある。今はそれについて話してるんだ。」「リアクションはあんなふうにとるといいんだ。」など、実際の会話に参加しなくても、リスニング力が身についていきます。

スピーキングなら→お客さんとの会話を楽しむ

日本人は恥ずかしがり屋とよく言われていますね。しかし、英語力をアップさせたいのであれば、恥ずかしいと思っている暇はありません。英語力がなくても大丈夫。

まずはお客様への挨拶からスタートし、「お元気ですか?(How are you?)」「お食事はいかがでしたか?(How was your meal?)」などと積極的に話しかけてみましょう。

そうすると多くのお客様は、こちらに対して質問を投げかけてくれます。「この国に住んでどれくらいなの?」「この国での暮らしはどう?」といったように、お客様にかけた一言から会話がどんどん広がっていくことも。

聞き取れなくても、上手く話せなくても落ち込むことはありません。お客様はこちらが英語ビギナーだと分かっているので、パーフェクトな会話ができなくて当たり前です。

ライティングとリーディングなら→外国人スタッフとの業務連絡は英語でチャット

私が働いていたレストランでは、スタッフとの連絡はチャットアプリのメッセージで行っていました。「すみません、10分くらい遅れます。」「明日出勤のスタッフへ。〇〇の補充をお願いします。」といったちょっとした連絡だったり、店によっては日誌として利用したり、時にはオーナーからのメッセージも送られてきます。

それに対しては、たとえ苦手でももちろん英語で返信します。スタッフ達からのメッセージの中から英語の書き方を学べますし、返信内容に困った時は分からない単語や文法を調べたりと、チャットを活用する事で学習もできてしまいます。

英語力アップが目的で日系飲食店アルバイトをする時の注意点(失敗例)

留学・ワーホリで日系飲食店で働くのはアリ

ここまで、自信を持って日系飲食店でのアルバイトをおすすめしてきました。しかし、アルバイトをスタートする前にぜひおさえておきたい以下のような注意点も存在します。

・外国人スタッフがなるべく多い職場を選ぶ

・日本人スタッフ同士で固まらない

近年は、多くの外国人スタッフが日系飲食店で活躍しているとお伝えいたしました。しかし、中には日本人スタッフの割合が多い店もあります。

日本人スタッフがいる店で働いたとしても、働き方次第で英語力アップに繋がることもありますが、なるべくなら日本語環境でなく、英語環境に身をおいて仕事をする方が英語力アップの最短ルートになります。

求人に応募する際には、まず下調べをして外国人スタッフが多いかどうか、英語環境かどうかを知っておくと良いでしょう。

良くない例としてもう一つ挙げられることは、外国人スタッフと働いているにも関わらず、日本人スタッフだけで固まってしまうことです。英語に疲れ、たまには日本語で話したい、友達がほしいといった理由から、日本人だけでグループになってしまうことが多いようです。

スタッフ皆で賄いを食べているのに、外国人スタッフと絡まず日本人だけの会話で盛り上がる。英語の上達にならないばかりか、話に入れない外国人スタッフに嫌な思いをさせてしまいます。せっかく英語に触れる機会を得たのなら、仕事中は目一杯活用し、積極的に外国人スタッフを会話に交えた方が、英語力が早く上達するはずです。

今日から使える!日系飲食店アルバイトで役立つ英語フレーズ(ウェイター編)

ここからは、日系飲食店で働いてみようと思っている方にとって、便利な英語フレーズを紹介させていただきます。誰でもすぐに使える簡単なフレーズですので、ぜひ役立ててみてくださいね。

挨拶

「こんにちは。いらっしゃいませ、〇〇へようこそ。」
“Hello!  Welcome to 〇〇.”

意外にも、日本っぽさを出したいという理由から、日本語で「イラッシャイマセ」と挨拶をする店も多いんですよ。

席へ案内

「こちらへどうぞ。」
“Please follow me.”

「お席におつきください。」
“Please have a  seat.”

注文

「ご注文はお決まりでしょうか?」
“Are you ready to order?”

「お飲み物は何になさいますか?」
“What would you like to drink?”

「ご注文を繰り返してもよろしいでしょうか?」
“May I repeat your order?”

食事配膳

「お待たせいたしました、こちらは〇〇(食事や飲み物の名前)です。」
“Thank you for waiting. This is 〇〇.”

「お食事はお済ですか?お皿をお下げしてもよろしいですか?」
“Have you finished? May I take your plate?”

会計

「ありがとうございます。こちらがお会計です。」
“Thank you, here’s your bill.”

「カードか現金どちらのお支払いがよろしいでしょうか?」
“Would you like to pay by card or cash?”

「カードのピンナンバーの入力をお願いいたします。」
“Please enter your PIN number.”

「ご来店ありがとうございました。近いうちにお会いできることを楽しみにしております。」
“Thank you very much for coming. I hope to see you soon.”

日系飲食店アルバイトで英語力アップの鍵は【働き方】にあり

海外での仕事先を見つけることは、色々と下調べをする必要もあり、簡単とはいかないでしょう。いきなりローカルの会社に応募したところで、英語力に自信がない時点で雇ってもらえることは難しいです。

しかし、自分の目標をしっかりと持ち、努力を惜しまないでいれば、比較的採用されやすい日系飲食店でも英語力をアップすることは十分可能なのです。

・外国人スタッフと働く →  話す・聞く・読み書き、どれもスキルアップ

・お客様と会話する →  英語でのコミュニケーション能力アップ

・日本人スタッフばかりで固まらない →  日本語を減らすことで上達スピードアップ

・日系飲食店で使える基本的なフレーズを覚える→一度覚えると転職しても接客用語として使える

このように、一見軽視されがちな日系飲食店でのアルバイトだとしても、働くメリットは豊富です。

海外で愛され続ける日本、その日本の食べ物の他にも美しいおもてなしの精神。注目され続ける日本カルチャー。日本の魅力を外国人に伝え、喜びを感じてもらい、感謝される。それをたとえ英語力に自信がなくても間近で体験できてしまう、それが日系飲食店での働き方です。

さっそく海外での仕事先候補の一つに、日系飲食店も加えてみませんか?やりがいに満ちた英語ライフを送ることができるはずですよ。


記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

国境や人種の垣根なく、多様な文化が共存できる社会に向かって、留学生やグローバル教育の専門家たちで作っているサイトです。 一緒に記事を作ってくれるライターも随時募集しています!