アイルランド大使館、2016年度ワーキングホリデーの申請要綱を発表

2016年度のアイルランド・ワーキングホリデー申請要綱が発表されました。
 
アイルランド・ワーキングホリデー
 

申請手順

1.アイルランド大使館ホームページより申請書類をダウンロード
2.必要事項を記載
3.添付ファイルにて 「申請のご案内」に掲載しているE-mailアドレス へ送信、または大使館へ郵送
 

申請資格(日本国籍の場合)

1. 現在日本に居住していること(申請時を含む)
2. 一定期間(最長1年)アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること
3. 申請書受理時点で、年齢が18歳以上30歳以下であること。
4. 扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと。配偶者に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能。
5. 有効なパスポートと帰国用航空券、またはそれが購入できる充分な資金を保持していること。
6. アイルランド滞在中、生活に必要な資金として50万円以上の預金があること。
7. 以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと。
8. 健康かつ、犯罪歴が無いこと。
9. 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること。
 

申請期間

第1回申請受付期間:2016年1月1日(木)~1月31日(日)
2016年8月31日以前の渡航予定者対象

第2回申請受付期間:2016年6月1日(水)~6月30日(木)
2016年8月31日~2017年2月28日以前の渡航予定者対象
 
詳細はアイルランド大使館ホームページをご参照ください。
 
(文:留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年度カナダ・ワーキングホリデー・申請受付は12月7日から開始と発表
■ イギリスの2016年度ワーキングホリデー募集開始日は1月11日(月)12:00pm
■ オーストラリアでワーキングホリデーする魅力とは?
■ ホームステイや短期留学時にMust haveな4つのモノ。
■ 人気のアイルランド・ワーキングホリデープラン
 

飛行機

あなたがやってみたいのはどんな留学ですか?

留学について
わからないこと
・心配なこと

があったら

海外でやってみたいことを選んでください(いくつでも)
最適なパンフレットが国内外の留学会社から届きます。
まずはゆっくり読んでみませんか?

アイルランド・ワーキングホリデー
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい