【留学会社ガイド】U-LABO(株式会社U-LABO)

株式会社U-LABOは、世界トップ大学編入に特化した留学支援・教育会社です。これまでに多くの学生を世界大学ランキング50位圏内の大学に輩出してきました。

従来の留学エージェントは、留学までのサポートが一般的でした。しかし、世界の難関大学への進学・卒業において、本当に大変なのは留学してから。私たちは、「留学するまでのサポート」のみに留まらず、「留学後の継続的なサポート」に注力し、学生が途中で挫折することなく挑戦を続けられるよう支援しています。

高校生・浪人生・大学生・社会人などを対象に、これまでサポートした学生全員を海外トップ大学へ編入させています。

U-LABO概要

本社所在地東京都新宿区西新宿3-3-13 西新宿水間ビル6F
営業時間月~土
8:00~21:00
(祝日営業・日曜定休)
取り扱い国アメリカ
留学ジャンル大学留学
オンライン相談あり

U-LABOの特徴

カリフォルニア大学編入に特化した唯一の留学会社

U-LABOは世界トップ大学であるカリフォルニア大学への編入支援に特化したサービスを提供しています。U-LABOのサービスをリードするのは、自身もUCLA編入からUCLA飛び級卒業を果たした、業界随一の専門家。カリフォルニア大学編入制度を熟知しているからこそ、学生にとって本当に必要なサービスを提供することができます。

英語力向上にも強い

留学にとって欠かせないのが英語力の向上です。特に海外トップ大学への進学を目指す学生にとっては、渡米後にいち早く現地の授業についていけるだけの英語力を身に着けることが非常に大事になってきます。

U-LABOは河合塾グループである日米英語学院とパートナーシップを締結。40年の実績と信頼を持つ日米英語学院を通じ、TOEFL・IELTS対策を軸にカリフォルニア大学編入に向けた英語力の向上を徹底支援します。

全てオンラインで完結

U-LABOは学生全員に対して完全オンラインでのサポートを提供。オフィスに行く必要がないため、日本全国どこからでも気軽に申し込みが可能です。

U-LABOは設立当初から完全オンラインサポートを貫き通しています。よくありがちなのが、昨今の環境変化を受けて、オフィスのある留学エージェントがオンライン対応も受け付けているケース。こうしたケースでは、オフィスに来た生徒に比べて、オンラインの学生に対するサポート体制が万全になっておらず、結局オフィスへの訪問や電話・郵送手続きなどが必要になるケースも多く見られます。

U-LABOは当初からオンラインサポートに特化しているため、煩わしい手続きは一切不要。オンラインで全ての手続きを完結して頂ける体制を整えています。

また、カウンセリングではビデオ会議にてカウンセラーと対面でお話しいただけますので、「顔が分からないのは不安」といった心配も無用です。カウンセラーと学生間のやり取りはLINEを採用しており、やり取りのしやすさや速さも魅力の一つ。オンラインで気軽に相談できることで、これまでサポートした学生や保護者様とは、対面でのサポート以上の信頼関係を築き上げています。

合格率100%の圧倒的な実績・全額返金保証制度

カリフォルニア大学への平均合格率は45%と言われておりますが、U-LABO生のカリフォルニア大学編入実績はなんと100%。多様なバックグラウンドを持つ学生全員を、いずれかのカリフォルニア大学へ送り出してきました。

カリフォルニア大学トップ校への合格率も78%(通常32%)と驚異の数字を叩き出しています。

また、U-LABOはいずれのカリフォルニア大学へも合格できなかった場合、サポート料を全額返金する「全額返金保証制度」を取り入れています。カリフォルニア大学への合格に絶対的な自信があるからこその制度です。

※利用要件がありますので、詳しくはカウンセラーにお尋ねください。

他にはない充実のサポート内容

渡米前のビザサポートや航空券手配・ホームステイ支援、提携の語学学校やコミュニティーカレッジへのスムーズな入学支援等はもちろんのこと、渡米後の生活立ち上げも現地スタッフが徹底サポート。

また、他の留学エージェントにはない、カリフォルニア大学編入に向けたサポートとして、以下のようなサービスを提供しています。

  • 戦略的履修プランの立案
  • 定期カウンセリング
  • U-LABO独自の学習・情報コンテンツの提供
  • チューターサービス
  • 課外活動支援
  • 海外トップ大学出願支援

ここまで充実したサービスを提供できるのは、カリフォルニア大学編入に特化したU-LABOならではです。

留学体験談

「日本の大学受験失敗」からの「UCLA合格」

名前:Kazutaさん
留学の流れ:Palomar力レッジ→UCLAを含めた複数のUCに合格

U-LABOで留学

サッカー断念→受験失敗→英語にのめりこみ留学へ

高校時代、サッカー部に所属していましたが、怪我をしてサッカーを辞めなければならなくなりました。何もやることがなくて悶々としていたところ、英語の先生に国際教育部という英語の部活に誘われたため入部。ここから嫌いだった英語にのめり込み、英語の面白さに気づくことができました。

日本の大学への進学を考えていましたが、なんと受験では志望校に全落ち。浪人生活が決まったわけですが、もともと、東京に出たいという気持ちがあったため、まずは東京にある英語学校に通うことにしました。そこで、更に英語に興味を持つようになり、留学を決意(しました)。

自身で物事を解決できるようになり、自信を持てるように

渡米前は、ロサンゼルスというと「ハリウッド映画の華やかな街」というのをイメージしていたので、充実した生活ができるのではないかと思っていました。しかし、実際にカリフォルニアに住んでみると、結構不自由なことが多かったです。例えば、移動手段が全然なく、物価も高い、など。

ですが、両親とは離れ、異国の地で一人で暮らすという体験を通じて、自分自身で物事を解決できるようになり、自信を持てるようになった気がします。

高校ではあまり成績が良くない方でしたが、コミュニティカレッジでは、最初のセメスターを終えた段階で、GPAフルスコアの4.0を獲得できました。

コミュニティカレッジでは、一度きりの試験で成績を決めるのではなく、毎回の授業や課題などでこつこつと成績を積み上げていくスタイル。このの勉強方法が非常に自分に合っていたんだと思います。

コミュニティカレッジでの好成績を受けて、自分も世界トップ校であるカリフォルニア大学を目指すことができるのではと考え始めるようになり、最終的には、UCLAを含めた複数のUCに合格することができました。

エッセイのアイディア出しからサポート

U-LABOで実際にサポートを受けてみて、最高でした。最初は編入エッセイも自分で書いて提出しようと考えていましたが、なかなかうまく進みませんでした。どういったエ ッセイがUCに評価されるのか等、全くわかっていませんでした。

エッセイを書くだけでなく、エッセイを書く前のアイディアを出すところからサポートして頂けたので、エッセイに取り組みやすかったです。そもそも豊富な人生経験もなく、何を書けばいいのか、どんな内容が大学側に好印象を与えるのかも何も知らない状態でした。

しかし、U-LABOのスタッフの方とアイディアをブレインストーミングしていく中で、どのアイディアが良いか悪いかを第三者の立場に立って判断してもらえました。

力レッジでは日々の授業で忙しく、エッセイがどうしても後回しになってしまっていましたが、アイディアのブレインストーミングから、エッセイ完成までのプロセスを明確にし、スケジュールを組んでもらえたので、やることが明確になり、取り組みやすかったです。

また、エッセイを受け取る側である評価者・アメリカ人の気持ちを考え、エッセイを添削してもらえたのが印象的でした。日本では通じるけど、アメリカではこういう表現はしないなど、文化の違いという観点から添削をしていただけました。

私は、出願した際のGPAが低かったこともあり、エッセイのおかげで受かったと思っています。

U-LABOイメージ
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学の第一歩は資料請求から!

留学の第一歩は資料請求から!

やりたいことを入力3分!全国の留学企業からあなたに適した資料がもらえます。各社のパンフレットをみて留学費用やサポートを比較しましょう!