CATEGORY

語学

  • 2021年3月26日
  • 2021年3月26日

短期の語学留学で脳に変化が。語学留学の脳科学的効用を東京大学が発見。

東京大学大学院総合文化研究科の酒井邦嘉教授(酒井研究室に所属する3人の大学院生を著者に含む)が、私立教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファーストとの共同研究で、短期間の語学留学中に脳機能に顕著な変化が生じることを初めて明らかにしました。 研究はEF東京校で新たに日本語の習得を始めた外国人留学生を […]

  • 2020年11月18日
  • 2021年1月29日

来年初旬のTOEIC(R)公開テスト、全国で10受験地を増設。

2021年2月28日(日)の午前・午後に実施される262回・第263回TOEIC(R) Listening & Reading公開テストにおいて、 札幌、 宮城、 つくば・県南、 石川、 静岡、 滋賀、 奈良、 岡山、 広島、 福岡の10受験地が増設されることになりました。 日本でTOEIC […]

  • 2020年10月27日
  • 2021年2月23日

自然な英語で自由に会話する!明日すぐ試せる『実践英語コミュ力』の上げ方。

「英語の基礎知識はそこそこあるのに、どうしてもいまひとつネイティブや外国人との会話がスムーズにできない…」 そんな経験はありませんか? 過去の私もそう感じていました。英語に慣れたての頃は常に緊張し、間違った英語を話さないよう気をつけることばかり意識していたように思います。 しかし、イギリ […]

  • 2020年10月23日
  • 2021年2月23日

メキシコ留学したら使いたい!ネイティブのメキシコ人がよく使うスペイン語フレーズ集

どの言語にも若者がよく使う言葉やフレーズ、いわゆるスラングがあります。メキシコでも友人同士で会話をしていると必ず聞く言葉があります。今回は、スペインでは使われていないメキシコ特有のフレーズをご紹介します。 ご紹介するフレーズは日常的によく使われていますが、上司や目上の人には使えないフレーズもあります […]

  • 2020年9月16日
  • 2021年2月23日

2か月でTOEIC®200点アップ!私の英語勉強法をご紹介

今回は、約3か月の猛勉強でTOEIC®スコア400点台からTOEIC®800点代相当であるIELTS6.0に達して交換留学にたどり着いた筆者が実際に行った勉強法をレポートします。 目標の立て方や問題集の選び方、単語を忘れないようにするコツなど、集中して英語力をアップさせるヒントをご紹介します。 留学 […]

  • 2020年9月16日
  • 2021年2月23日

TOEIC®500点台から4か月でカナダのカレッジに合格した私の英語勉強法~リスニング/スピーキング編

実際に私が、短期間で英語力を総合的に伸ばすことに成功した勉強法、前回お届けした「リーディング/ライティング編」に続き、今回は「リスニング/スピーキング」編です。 リーディングやライティング学習と比べて、リスニング、特に、スピーキングは1人で学習するのが難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。 […]

  • 2020年8月26日
  • 2021年2月23日

TOEIC®500点台から4か月でカナダのカレッジに合格した私の英語勉強法~ライティング/リーディング編

「自分なりに英語学習は続けてはいるが、努力に見合った成果がなかなかついてこない。」 「効率よく苦手分野を克服することができる方法を探し中。」 「語学留学前、または語学留学中に短期間で、できるだけ英語力を総合的に伸ばしたい。」 そのような思いを抱いている英語学習者は決して少なくないはず。 語学留学中に […]

  • 2020年7月31日
  • 2021年1月28日

TOEIC(R) 1日2回(午前/午後)の実施形式へ

2020年10月25日(日)以降のTOEIC(R)Listening & Reading公開テストは、これまでの1日1回の実施から2020年度中は午前・午後の2回テストを実施することになった。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い定員制での申込受付を導入したが、座席数が限られ […]

  • 2019年11月22日
  • 2021年2月23日

日本人の英語力、世界「53位」は『低い』のか?9年連続下落中のランキングを止めるには。

2019年11月11日に、英語能力のベンチマークのひとつである「EF EPI英語能力指数2019年版(※)」が発表されました。日本の順位は100か国中「53位」。前年の49位からランキングを落とし、9年連続の下落という結果が得られました。 アジアの25地域においては11位。6位の韓国、7位の台湾、8 […]

  • 2019年7月23日
  • 2021年1月28日

「道で困っている外国人を英語で助けるか」に5割強が「声をかけない」と回答。

「道で困っている外国人がいたら声をかけ、英語で話しかけて助けますか。」という質問に対し、20代~50代男女のうちの半数が「声をかけない」と回答したことがわかった。また、「声をかけない」と回答した人にその理由を聞いたところ、最も多い理由は「自身の英語力に自信がないため(57.0%)」という結果が得られ […]

  • 2019年7月5日
  • 2021年2月23日

みんなが英語を話せるデンマーク。自在に話せる理由は『小学校』にあった。

デンマークの公用語はデンマーク語。そしてデンマークでは、子供から大人まで多くの人がデンマーク語のほかに英語を話すことができます。その実力は、英語能力指数調査で世界88 カ国中5位にランクイン(2018年度)するほど(※調査元:イー・エフ・エデュケーション・ファースト)。 そんな英語運用能力の高いデン […]

  • 2019年4月26日
  • 2021年2月23日

アイルランド英語の特徴とは?スピードや言い回し、アイルランド語の影響など

複数の国で話されている英語。それぞれの国で特徴があります。英語圏の留学先を選ぶ際、「どんな英語を身につけたいか」で行先を決める方もいるでしょう。 英語の基本は同じでも、国によって発音や言い回しが違うと戸惑うことも。でも、いろんな英語を知ったり、試してみたりすると、言葉の奥深さを感じられて案外面白いも […]

  • 2019年1月31日
  • 2021年1月28日

2019年度におけるTOEFL iBTテストスコアの利用、大学入試では60.2%。

TOEFL(r)テスト日本事務局と一般社団法人CIEE国際教育交換協議会は、昨年5月から10月にかけて全国の大学および都道府県・政令指定都市の教育委員会を対象にTOEFL iBTテストのスコア利用に関する調査を実施し、その結果を発表した。 調査内容は大学に向けては入学試験における2019年度のTOE […]

  • 2018年5月28日
  • 2021年1月28日

英語力高い人の英語習得方法1位は半年間以上の「海外留学および長期滞在」。

英語をはじめ、外国語を学習する人にとっては、一番効率がよい方法で学びたいのが本音だろう。 このたび、英語力がビジネスレベル以上(TOEICスコア735点以上)ある人たちにとっての英語習得に関する調査が行われた。調査したのはダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社で、役立った学習方法として挙げら […]

  • 2018年3月12日
  • 2021年1月28日

初めてでも英語での雑談が楽しくなる!押さえておきたい3つのポイント~ながのみき(翻訳者)

留学先や赴任先で避けて通れない友人や同僚との雑談。話しかけられたらどうしよう、質問攻めにあったらどうしよう、英語はできるけど自信がない、と雑談に対してネガティブな感情を持つ日本人は多いと思います。 雑談はその名の通りテーマを設けず気楽に会話をすることですが、欧米人の雑談は奥が深く、時にはエビデンス重 […]

  • 2018年1月31日
  • 2021年1月28日

2017年の習い事ランキング、20~34歳で「英語」が1位に。「今年やってみたいこと」でもトップ。

2017年に実施した習い事、そして今年2018年にやってみたい習い事を株式会社リクルートマーケティングパートナーズ『ケイコとマナブ.net 』が調査した結果、20~34歳の男女ともに「英語」がトップとなったことがわかった。 ▼2017年、実施した習い事(女性) ▼2017年、実施した習い事(男性) […]

  • 2018年1月11日
  • 2021年1月28日

小学校での英語教育強化、現場教師からあがる不安の声。

2020年度から始まる教育改革。小学校では英語教育の早期化とプログラミング教育の必修化が始まる。文部科学省では2017年12月18日、2018年度の公立小学校の教職員定数について、英語を専門的に教える「専科教員」を1,000人増やすことを発表。2020年度までの3年間で計4,000人の専科教員配置を […]

  • 2017年11月10日

英語能力指数2017ランキング発表。日本は80か国中 37位。

世界80か国の受験データをもとに英語能力動向を分析した2017年EF EPI英語能力指数報告書により、日本は80か国中37位(昨年は72か国中35位)であることがわかった。発表したのは留学・語学教育事業のイー・エフ・エデュケーション・ファーストで、語学能力評価基準CEFR(セファール)に準拠したEF […]

  • 2017年10月23日
  • 2017年10月23日

訪日外国人79組/200名を大阪ミナミで英語でおもてなしする観光ボランティアイベント開催。

10月21日(土)に道頓堀で訪日外国人を英語で観光案内をするイベント「Welcome to OUR MINAMI Project 2017」が開催された。当日は、200名(79組)の訪日外国人に参加者30人が大阪ミナミの街を案内し交流を図った。主催はオンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レア […]

  • 2017年9月22日
  • 2021年1月28日

ドイツ語ゼロだった私が、たった12か月の語学留学で国際ビジネスドイツ語試験をパスするまで。~クリューガー量子(ハイデルベルク市公認ガイド)

ドイツ語と聞くと、何だか難しそうというイメージがありませんか?ドイツ語の名詞は男性、女性、中性名詞と3種類あり、それに応じて冠詞が異なり、動詞の活用も多く、ドイツ語初心者には乗り越えなければいけない壁が多々あります。 しかし、効率の良い学び方をすることで、ドイツ語の上達をグッと速めることができます。 […]

  • 2017年8月8日
  • 2021年1月28日

仕事で最も多く英語を使うのは「メール」。最も苦手な英語対応は「交渉・説得」。

外資系または日系グローバル企業で働くバイリンガル会社員の9割近くが仕事で英語を使う場面の最も多くが「メール」であることが分かった。また最も苦手とする対応が「交渉・説得」であることもわかった。調査したのは人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社で、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・ […]

  • 2017年4月25日
  • 2021年1月28日

東京で五輪があるというだけで英語教育はどこまで盛り上がるのか?~若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)

小中学校の英語教育改訂が2020年に迫っている。小学3~4年生に外国語活動が導入されるほか、5~6年生では英語が教科となり成績のつく授業が始まる。中学では英語の授業が英語で行われるのが原則となる。小中学校における英語教育の変化と低年齢化は着々と進んでいるようにみえるが、子どもというのは必ずしも「大人 […]

  • 2017年4月5日
  • 2021年1月28日

英語で気持ちを伝えたいなら「たら・れば」トーク。簡単な2つのポイント。~ながのみき(翻訳者)

テレビドラマ「東京タラレバ娘」では、アラサー女性たちの「もし~だったら、こうだったのに」「もし~していたら、こうなっていたのに」にたくさんの共感が集まりました。共感を呼んだ理由のひとつは「もし~、だったら」によって自分に置き換えて考えたり、想像力が膨らんだからです。   これを英語での会話にも応用し […]

  • 2017年4月4日
  • 2021年1月28日

映画「モアナと伝説の海」の舞台・太平洋諸国をニュージーランドで体験してみよう~アイアバオ真理子(NZ在住ライター)

ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」の舞台になっている太平洋諸国。映画では各国の言語や文化などを取り入れて架空の島が登場していますが、その神秘的な魅力と美しい景観、そして奥深い文化に魅了された人も多いことでしょう。   筆者の住むニュージーランドも太平洋諸国のひとつ。日常的に太平洋諸国を身近に感じる […]

  • 2017年3月1日

明日から使える英会話術。こなれた会話には『副詞』を使おう。~ながのみき(翻訳者)

簡単な英会話ができる。相手の言っていることがわかる。でも会話は初心者ぽさの域を出ず、こなれ感がない。   せっかくできた友人や滞在先のホストファミリーと、グルーヴ感のある会話に花を咲かせたいところが、相手の質問には常にYesかNo。訥々(とつとつ)とした会話に終始してしまうという人は少なくありません […]

  • 2017年2月2日
  • 2021年1月28日

嶋津幸輝さん(27歳)、世界のイノベーティブな英語教師を選出する『英語教育ティーチャー・アワード2017』受賞。

世界で最もイノベーティブな英語教育を実践する英語教師に送られる『英語教育ティーチャー・アワード(ELT Teacher Award)』(主催:Pearson社[英ロンドン])を27歳の若手英語教師、嶋津幸輝さん(27歳)が受賞した。第1位(First Prize)選出の5名のうちの一人で、アジア・オ […]

  • 2017年1月20日
  • 2021年1月28日

語学学習で必要なのは「会話」と「読書、リスニング」のどっち?~篠崎久里子(フランス大学院日本語講師)

昨今、日本人の語学学習で足りないのは「話すこと=アウトプット」と言われる。本当にそうなのか?アウトプットより「読書=インプット」が大事だと説く言語学研究者がいる。その説を元に語学学習に必要な要素を紹介しよう。     「読書=インプットが大事」という説は第二言語学習の研究から始まった 第二言語学習の […]

  • 2017年1月11日
  • 2021年1月28日

2歳~6歳児の母親500人が「積極的に実施している幼児教育」は「英語」と回答。5人に1人が英語教育を実施。

現代の母親がわが子に積極的に実施している幼児教育は「英語」であることがわかった。   幼児教室「ドラキッズ」を運営する株式会社小学館集英社プロダクションは全国の2歳~6歳の子ども500名を対象にアンケート調査を実施。同時に母親500名に対し幼児教育事情や子育ての悩みに関しても調査した結果「積極的に実 […]

  • 2016年11月15日
  • 2021年1月28日

イギリス小学校の英語学習にみる、日本の幼児英語教育へのヒント(2)~ディビス奈緒子(英国在住ライター/留学生生活サポートワーカー)

イギリスの学校は9月から新学期が始まります。前回の『イギリス小学校の英語学習にみる、日本の幼児英語教育へのヒント(1) 』でお伝えしたとおり、イギリスの学校教育は5歳からReception(就学準備クラス)が始まり、6歳から小学校一年生にあたるYear1が始まります。     日本に比べると早い時期 […]

  • 2016年10月11日
  • 2021年1月28日

アクティブラーニングは中高英語教育をどう変える?~若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)

大学入試改革やグローバル教育の関心が高まるなか、いまや頻出キーワードとなっている「アクティブラーニング」。教師から生徒への講義型授業と異なり、プレゼンテーションやディスカッションなどを通じて主体的に課題解決していくアクティブラーニングは、大学教育から中高教育にも広がりを見せている。多彩な学習分野で活 […]

  • 2016年9月27日
  • 2021年1月28日

わが子に『今後習わせたい習い事ランキング』第1位に『英語・英会話』。五輪影響も。

『ケイコとマナブ.net』(企画・運営:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)は、 首都圏1都3県で小学生以下の子どもを習い事に通わせている927人(未就学児の母:309人、小学校低学年の母:309人、小学校高学年の母:309人)を対象に「子どもの習い事」についてのアンケートを実施。今、習っ […]

  • 2016年9月14日

スマホを使えば外国語学習に効果的!実際に成果のあった4つの学習法~Misa Kitaguchi(ドイツ留学生)

語学学習と聞くと、単語を暗記したり文法問題を解いたり、こつこつ勉強するイメージもあるでしょう。しかし、それではなかなかやる気が続かなくて、語学学習を十分行えていない方もいるのではないでしょうか。そんなあなたにお勧めするのは、スマホを使った語学学習です。     勉強する時はスマホの電源を切って、勉強 […]

  • 2016年7月28日
  • 2021年1月28日

短期留学でも語学力を上げたい人が、学校以外の時間に気を付けるべきポイントとは? ~平井樹美(ライター)

語学留学する方の目的はさまざま。第一に語学力UPを目指す方もいれば、異文化交流や海外での体験などを主に考えている方もいるでしょう。   もし、語学力UPが第一目的なら、語学学校にいる時間以外にも押さえておくべきポイントがあります。今回は、短期間でも語学力を上げたい人が、学校以外の時間に気を付けるべき […]

  • 2016年7月26日
  • 2021年1月28日

イギリス小学校の英語学習にみる、日本の幼児英語教育へのヒント ~ディビス奈緒子(英国在住ライター/留学生生活サポートワーカー)

移民が多いイギリス。小学校には英語を母国語としない子供もいます。そんなイギリスの小学校の国語(英語)教育は『音』から習います。日本の義務教育の年齢より一年早い5歳の年から義務教育が始まるイギリスでは、最初の国語教育をとても重視しています。本記事では、日本での幼児英語教育へのヒントとすべく、イギリス小 […]

  • 2016年6月15日
  • 2021年1月28日

“I love you” という言葉の多彩な意味 ~ワイズりか(アメリカ在住ライター、イラストレーター)

アメリカに長年住んでいると、よく耳にする言葉がある。それは I love you と言う言葉だ。 特に英語が母国語でなくても、直訳して「愛している」と言う意味になることは、万国共通に理解できると思う。ただし、いま“直訳”と言ったのは、この言葉には、さまざまな意味あいが含まれていることがあるからだ。環 […]

  • 2016年6月7日
  • 2021年1月28日

海外の子ども用英語ドリルが面白くて効果あり !《リーディング編》 ~キャッチポール若菜(映像翻訳者・通訳)

2020年度の教育指導要領から小学校3年生で必修化し、5・6年生では成績がつく「教科」に変わるという英語。私の周りでも英語を習っている子ども達は多い。 我が家では意識的に英語の「読み書き」を教えている。なぜかというと、使っていれば自然に身に着く英会話に対し、読み書きというのは自然にはできるようになら […]

  • 2016年5月24日
  • 2021年1月28日

訪日客の『おもてなし』に最も必要なことは何? ~若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)

「地震は大丈夫?」「熊本ってどこ?」4月にオーストラリアを訪れた際、何度もそう聞かれた。教育視察で訪れた西オーストラリア州・パースにいた約1週間、学校関係者はもちろん、タクシーの運転手、コンビニの店員、レストランのウェイトレスなど、遠く日本の熊本で起きた地震について誰もが一言の声をかけてくれた。最年 […]

  • 2016年3月23日
  • 2021年1月28日

あっという間にバイリンガルが育つ現代アメリカの一風景 ~ワイズりか(アメリカ在住ライター、イラストレーター)

バイリンガルという言葉は、日本社会にも長くから浸透していて、「2ヶ国語を話す人」という意味で知られているが、大人になってからそれをめざすには、かなりの時間と努力が必要になるのではないだろうか。実際、海外留学経験がまったくなかった私もそうだった。   いずれにしろ、アメリカで長く生活している間、小さな […]

  • 2016年3月18日
  • 2021年1月28日

小学校英語教育の『早期化』に保護者の過半数は賛成、「子どもが英語を好きになるようにしてほしい」

英会話教室を運営する株式会社イーオンが「子どもの英語学習に関する意識調査2016」を実施した。調査結果からは、小学校の英語教育を今後、小学校3年生から開始する「早期化」について過半数の保護者が賛成の意向を示した。また、今後の日本の英語教育環境に求めることについては「何より子どもが英語を好きになるよう […]

  • 2016年3月15日
  • 2021年1月28日

教育界のノーベル賞『グローバル・ティーチャー賞』日本の高橋一也教諭、日本人初のトップ10選出。授賞式に登壇。

教育界のノーベル賞と称されることのある「Global Teacher Prize(グローバル・ティーチャー賞)」のファイナル審査となるGlobal Education & Skills Forumが3月12日・13日にドバイ(アラブ首長国連邦)で行われた。グローバル・ティーチャー賞は、イギ […]

  • 2016年2月26日
  • 2021年1月28日

子どもと習い事とグローバル教育 ~キャッチポール若菜(映像翻訳者・通訳)

いつか自分の子どもを海外にやりたいと時折考える。そのためには言葉に頼らずともできる何かを確実に身につけさせておかなければ、と思う。間違っても「外国語が話せる」だけで満足してしまってはいけないと感じている。日本国内でいくら子どもに外国語を身につけさせても、現地の子どもの語学力には到底かなわないだろうと […]

  • 2016年1月29日
  • 2021年1月28日

祇園でマナーを知ることも、訪日観光客の異文化体験 ~若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)

京都市・祇園で、舞妓さんが外国人観光客から袖を引っ張られるなどのトラブルが相次ぎ、外国人観光客向けにマナー違反を表示した高札が登場したことが話題になっている。このニュースについては立場によって意見が分かれるところだと思うが、訪日リピーターが増えればおのずとトラブルはつきまとう。   折しもそのニュー […]

  • 2016年1月18日
  • 2021年1月28日

SNSより「文通」が英語力アップに役立つワケ ~平井樹美(ライター)

英語を上達したいと考えた時、どの様な方法を思い浮かべますか?英会話教室、通信講座、テキストを使用しての独学、SNS・・・。   なかでもSNSは気軽に始めることができるので、利用している方も多いことと思いますが、実はSNSよりも「文通」の方が効果的なのです。その訳とは?     英語を書く機会が増え […]

  • 2015年8月20日
  • 2021年1月28日

現役高校英語教師「高校生の英語教科書にもっと『プレゼンテーション』を。」

現役英語教師が「教科書にもっと盛り込んで欲しいと思うスキル」は、高校では「プレゼンテーション」、中学では「フォニックス」が2年連続でトップとなりました。     この結果は英会話教室イーオンが現役教師283名を対象に行った「中高における英語教育実態調査2015」によるもの。2位以下は「ディスカッショ […]

  • 2015年8月17日
  • 2021年1月28日

英語学習時の脳活動には男女差アリとの研究報告~英語学習法への新しいヒント

同じ英語授業を受けても、男女で習熟結果が異なるとしたら、それは『脳』によるものかもしれない。   このたび、日本の小学生の英語学習において、英語テストの点数や発音の正確さが同等であっても、脳における言語処理には男女差がある可能性が示唆されました。この研究は、小学校における効果的な英語学習や、脳科学的 […]

>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい