イタリアの大学に行きたい!入学条件や学費などの留学情報を詳しくご紹介

アート、食、歴史、建築、デザイン、ビジネス、ファッション… 数えきれないほどの奥深い魅力を持つイタリア。

唯一無二のこの国に留学したい!という方に向けて、この記事ではイタリアの大学へ留学するのに知っておきたい留学準備やレベル、人気の大学、費用などについてお伝えしていきます。

現在、イタリアには交換留学生や正規留学生を含む約32,000人の留学生がいます。豊かな歴史と長い大学教育の伝統。国の方針で授業料は安く抑えられています

英語で受けられるコースが充実しているのも大きな魅力。イタリアの大学への外国人留学生の入学数も年々増加しています。

イタリアの大学留学について詳しくご紹介しますので、ぜひその魅力を知ってみてくださいね!

この記事を書いた人

留学やワーキングホリデーに関する記事を留学オタク精鋭集団が発信しています! 留学プレス編集部の記事一覧 […]

留学プレス編集部の記事

イタリアの大学は何年?

イタリアの大学は3年です。多くの日本人留学生は入学までに語学力を上げる必要があり、語学留学などの準備期間を設けます。

また、イタリアの大学は入学よりも卒業が難しいとも言われています。「どうしても3年で卒業しなくてはならない!」と焦るよりも「そもそも日本の大学より1年短いのだからじっくり勉強しよう」という気持ちで計画するのがおすすめです。

イタリア大学留学の魅力

世界最古の大学はイタリアから

1088年に創立されたボローニャ大学は、現在も運営されている最古の大学として知られています。ルネサンスと中世の時代にイタリアで設立されました。

近代型大学の原点とも言われ、ローマ法王3人の母校でもあります。

世界大学ランキング上位校がたくさん

イタリアの大学は世界的にも高い評価を受けています。世界のトップ500にはイタリアから26の大学がランクイン(THE世界大学ランキング)!(日本からは10校がランクイン)

ランキングだけが大学の価値ではありませんが、特に海外で就職や進学を考える場合、ランキング上位校が有利なのも現実。参考として覚えておきたい魅力のひとつですね。

英語で学べるコースも多数

多くのコースはイタリア語で履修しますが、英語で受講できるコースも年々増加中です。

特に大学院のプログラムには英語で受けられる専攻が多くあるので、イタリア語に自信がない方には朗報ですね!

学費が安く留学費用を抑えられる

イタリアの大学は世界的にみても学費がリーズナブルなことで有名です。

イタリアの大学の多くは公立(国立)大学です。国立大学の場合、学部にもよりますが学費の目安は年間約30万円から50万円ほど。

イギリスやアメリカの大学が年間で350万円から500万円ほどかかることを考えると、かなり留学費用を抑えることができますね!

イタリアの多くの大学が学生寮を持っています。寮の費用は大学やキャパシティにもよりますが、おおよそ250~380ユーロです。

大学の寮のほか、民間の寮もあります。料金は大学寮よりやや高めで月額費用は約350~550ユーロです。

留学生はイタリアでアルバイトできる?

イタリアでは学生ビザを持っている留学生は週20時間以内でのアルバイトが許可されています。

ただし、日本人留学生が働けるアルバイト先は希少。アルバイト代を留学費用の一部として計算するのではなく「高い専門技能や語学力が身についた時点でチャレンジしてみよう!」くらいに考えておくと無難です。

豊かな歴史と文化のなかで暮らす

イタリア留学の一番の魅力は、なんと言ってもその「暮らし」ではないでしょうか。一生のうちに一度はイタリアで暮らしてみたい…そんな方も多いことでしょう。

街は中世を色濃く残し、歴史を重んじ、芸術への深い造詣にあふれています。豊かな食文化も見逃せませんよね!

イタリア語と英語をマスターできる

英語で行われているコースを受講した人であっても生活するうえでイタリア語が必要です。

イタリア語のコースであっても課題やテストの一部に英語が必要なケースもあり、イタリアで大学に行くという事はイタリア語と英語をマスターすることにつながります。

日本語とあわせてトリリンガルになりますね!

イタリア語は、ルーツを同じくするスペイン語やポルトガル語との共通点も多いのが特徴。一度習得しておけば、スペイン語やポルトガル語を学びたいと思ったときにも習得しやすくなりますよ!

イタリアの大学の種類

イタリアの大学には主に次のような種類があります。

国立の総合大学国が管轄する国立(公立)の高等教育機関です。約61校あります。
私立の総合大学国に正式に認可されている私立の高等教育機関です。約30校あります。
国立/私立の芸術専門大学音楽院や美術/芸術学院、ダンス/演劇など。
学位が取れる専門学校学校運営形態は専門学校でありながら、卒業すると学士号(大学卒業資格)や修士号が取れます。
(例:料理やホスピタリティなど)

このほかに、通信教育に特化した教育機関や研究に特化した大学院などもあります。

イタリアの大学に興味がわいたら

《無料》国内外の専門留学会社から届きます!

イタリアの大学に出願するには?

イタリアの大学の偏差値は?

日本の受験システムでは、テストによる点数で偏差値を割り出すことができます。一方、イタリアには偏差値システムがなく、最終学歴の成績や書類、テストスコアなど総合的な判断によって合否が決まります。

大学のレベルの目安としては大学ランキングや各大学の合格率を参考にするといいでしょう。

出願資格と準備するもの

大学:学部課程(Laurea triennale)

イタリアの大学に出願するには、どの国であっても12年の教育を修了している必要があります。日本でいえば高校3年までが12年になるので、高校卒業資格があれば出願する権利があります。

大学院:修士課程(Laurea Magistrale)

大学卒業資格(学士号)があれば出願資格があります。学士号を取得した国は問いません。

必要書類

イタリアの大学への留学に必要な主な書類としては次のようなものがあります。このリストのすべてが必要なのではなく、大学や専攻によって異なります。

志望大学ごとに確認するか専門の留学エージェントなどに問い合わせてみましょう。

・成績証明書
・イタリア語または英語の語学テストのスコア
・ポートフォリオ(芸術系の場合)
・これまでの学業経験や志願理由書
・推薦状
・専攻に特化したテストスコア(建築、芸術etc.)
・面接

入学までのステップ

①志望大学の受け入れ学期を確認する

多くのイタリアの大学では入学時期が秋(9月/10月)と春(2月頃)の2回あります。定員はそれぞれに異なるので、志望大学の枠は随時確認をしておきましょう!

②語学試験対策とスコアアップ

イタリア語または英語が母国語でない場合は、希望のコースに応じて語学試験を受けます。イタリアや他英語圏で語学留学をしながら、入学対策を進める人も多いです。

イタリア語コースを希望する場合はCILSやCELIを、英語でのコースを希望する場合はIELTS、TOEFL、C1などを受験する必要があります。(英語圏の学校を卒業した人は不要となる場合が多いです。)

③必要書類をそろえて出願

語学試験のスコアと入学に必要なすべての書類を大学に出願します。大学によっては成績順に専攻が決まる場合もあります。

イタリアの大学に興味がわいたら

《無料》国内外の専門留学会社から届きます!

イタリアの人気大学をご紹介!

ローマ・サピエンツァ大学

1303年に創立されたヨーロッパ最大の大学のひとつ。QS世界大学ランキングでは134位にランクインしている名門です。

SDAボッコーニ

イタリアで経営学といえばSDAボッコーニ!ボッコーニ大学のビジネススクールで、世界有数のMBAで知られています。

イタリアをはじめヨーロッパ産業界へのキャリアはこちろん、起業教育にも定評があります。

ミラノ大学

約60000人の学生を擁するイタリア最大級の公立大学。イタリアの大学としては唯一、欧州研究大学連盟(LERU)に加盟する大学です。

英語でのコースも豊富にあります。

ミラノ工科大学

1863年設立の、ヨーロッパで最も優れた技術系大学のひとつ。工学、建築、デザインの分野でイタリア最大の大学で、5万人近い学生が在籍しています。

あわせて読みたい

Photo by  Wirestock ミラノ工科大学(Politecnico di Milano)通称ポリミ(PoliMi)は、イタリア国内ランキング第1位の名門大学。1863年に設立された公立大学です。数々の理工/デザ[…]

ミラノ工科大学

ボローニャ大学

ガリレオ・ガリレイやコペルニクスらを生んだ世界最古の大学。イタリアランキング2位の名門大学です。

あわせて読みたい

こんにちは。イタリア・ボローニャ大学に交換留学生として留学中の藤村なほです。皆様は、イタリアの学生にどのようなイメージを持っていますか。私は留学前、イタリアの大学生は真剣に勉強しているんだろうか、いつも美味しいものを食べているんだろうか、[…]

イタリア大学留学レポート

正規留学以外の留学方法

単科コース(Corsi Singoli)

学位の取得を目的としないプログラムです。正規の学部に入学するのではなく、約半年間から1年くらいで希望する科目を受講します。聴講も可能です。

交換留学/協定校留学

日本の大学に入学し、在籍大学と提携関係にある協定校に1年間留学するプログラムです。在籍大学の学費で留学でき、単位認定もされます。留学条件や選抜試験は各大学によって定められていますので、国際交流課や学生課などに問い合わせてみましょう。

イタリアの大学留学に興味がわいたら

以上、イタリアの大学についてお伝えしてきました!文化的にも歴史的にも魅力の多いイタリアで生活しながら大学生・大学院生になる姿が浮かんできたのではないでしょうか。

学費の安さや卒業後にグローバルに活躍できるキャリアの選択肢、複数言語を身につけられるなど、イタリアへの大学進学はとても多くの可能性にあふれています。

もちろん、簡単に卒業できるわけではありませんが、真面目に勉強する熱意がある人やイタリアに興味を持っている人は、進学先のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

イタリアの大学進学にはどの留学会社でも対応できるわけではありません。対応可能な会社は限られているため、もし興味が湧いた方は、まず資料請求からスタートしてみましょう。

イタリア留学について、とことん知ることができますよ!

イタリアの大学に興味がわいたら

《無料》国内外の専門留学会社から届きます!

イタリアの大学に留学するには
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学の第一歩は資料請求から!

留学の第一歩は資料請求から!

やりたいことを入力3分!全国の留学企業からあなたに適した資料がもらえます。各社のパンフレットをみて留学費用やサポートを比較しましょう!

留学資料を読んでみたい!(無料)
留学資料を読んでみたい!(無料)