サフォーク大学大学院(アメリカ・ボストン)の特徴を留学生が伝えます!【海外大学院留学レポート】

海外大学留学に興味がある方のために、留学生記者が自分の大学をレポートする『海外大学留学レポート』。今日はアメリカのサフォーク大学(Suffolk University)に留学中の霧生圭代さんからのレポートをお届けします。ぜひ読んでみてください!
 

サフォーク大学(Suffolk University)は、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンにある私立大学です。

ボストンのダウンタウンにキャンパスを構えているため、いわゆる広大な敷地のあるキャンパスではなく、近代的なビルディングが学び舎です。1つ1 つのビルが人文科学系用、ビジネススクール用、ロースクール用など大学の建物として点在しています。

▼大学生用の寮がこんな感じで大学の近くに建っています。

本記事では、2018年9月から大学院に留学し、政治学を専攻している筆者が、サフォーク大学の魅力を交えつつ紹介していきます。

日本人学生はわずか。世界100カ国から留学生が集まる多国籍な環境

サフォーク大学は世界100カ国以上から留学生が集まる多国籍な環境です。学生数は学部生・大学院生・ロースクール生合わせておよそ10000人と中規模ですが、そのおよそ20%が留学生です。

日本人があまりいないので日本人同士で固まることもなく、必然的に英語で話す機会が増えます。留学当初は伝えたいことが伝わらなくてもどかしいかもしれませんが、徐々に慣れてくるとたくさんの表現や単語を吸収できるので、英語の勉強の面ではとてもいい環境です。

筆者は、晴れた日には大学近くの公園(Boston Common)で、それぞれの国の料理を持ち寄ったりしてプチ多国籍ピクニックをやったりします。

▼大学近くの公園(Boston Common)。夏にはたくさんの人がピクニックや日光浴をしています。

豊富なインターンシップで即戦力を育成

ダウンタウンには大学の他にもたくさんの企業があるため、たくさんのインターンシップの機会があります。

大学自体たくさんのコネクションを持って おり、自分では手が届かない団体や有名企業でのインターンのチャンスにも恵まれています。インターンシップを単位として要求している科目もあります。その様な科目は大体大学のコネクションが使えます。

有力ジョブフェアへのアクセスにも有利

『ボストンキャリアフォーラム』というジョブフェアをご存じでしょうか?アメリカで行われる海外留学生向けの就職フェアで、ボストンキャリアフォーラム、通称『ボスキャリ』は最大級の規模を誇ります。

ボストンでは毎年11月にボストンキャリアフォーラムが行われ、毎年各州やもちろん日本からもたくさんの学生が訪れます。

関連記事:キャリアフォーラム参加で見えてきた海外留学生のための就活3つのポイント
https://www.ryugakupress.com/bostoncareerforum/

各地からボストンを訪れる学生たちは、航空券やホテルを取ったり、履歴書をあらかじめ大量に印刷したり、やらなくてはならないことがたくさんあります。ボスキャリの日程周辺は航空券やホテルの価格が格段に跳ね上がるため、学生としてはかなり大きな出費となるのが現状です。

この点、ボストンに留学している私たちは、航空券は不要、住居もすでにあり、わざわざホテルを抑える必要もありません。

履歴書のミスに気付いてもすぐに直して大学の図書館で印刷し直すことができます。

学びに適した環境はボストン・ダウンタウンエリアならでは。

ボストン公立図書館やボストン美術館、州議事堂などもダウンタウン周辺にあることも、勉強するのにいい環境となっています。

▼マサチューセッツ州議事堂は大学から歩いて5分のところにあります。

▼ルネサンス様式を取り入れたボストン公立図書館。中には小さなガーデンがあり、市民の憩いの場所として愛されています。

ダウンタウンには映画館や先述した公園のBoston Common、庭園やおしゃれなカフェもたくさんありますよ。

強みは政治・法律・ビジネス系

サフォーク大学の専攻は3つの部門に分かれています。

− 人文科学系(College of Arts & Sciences):政治学、生物学、教育学など
− ビジネススクール(Sawyer Business School):会計学、国際統計学、MBAなど
− ロースクール(Suffolk University Law School):JDなど専門職向け

筆者は人文科学系の大学院で政治学を専攻しています。課程の中で州議事堂や政治家のオフィスでのインターンシップ、国外キャンパス(スペイン・マドリード)やニューヨークの国連本部での研修などが要求されています。また、自分の興味に応じて選択科目も取ることができます。

この様な経験は自分だけでは出来ないもの。とてもありがたいです。

以上、サフォーク大学についてお送りしました。日本では知る人ぞ知るというタイプの大学ですが、アメリカでは特に政治・ビジネスの分野で名の知れた大学の1つです。

ダウンタウンに大学があることで得られる強みを生かして、自分の興味・関心をとことん追求してみてはいかがでしょうか。

サフォーク大学(Suffolk University):
https://www.suffolk.edu

(留学生記者)

留学で自分を変える

留学に興味があるけれど
「留学が自分に合っているかわからない」
「どれが最新情報なのかわからない」
「成果が上がるかわからない」

と悩んでいませんか?

留学するかしないか、するならどんな留学をするかは、数年後の自分の人生を決めるということ。重要な選択になるので、迷いなく人生を選ぶためにも、情報をしっかり集めておきたいところです。

留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して

・実際に留学生を送り出しているリアル情報
・留学にかかる詳しい費用
・具体的な現地生活情報

などの詳細が、あなたの希望に合う留学会社から直接届くシステムを作りました。

ぜひあなたも読んでみてください。

留学情報を集める
記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学・ワーホリ、興味がわいたら何から始めればいいの?

留学・ワーホリ、興味がわいたら何から始めればいいの?

「費用はどのくらい?」「どんなプランがあるの?」 留学を考え始めたら、まずはいろんな留学を知るのが第一歩。 厳選された留学会社各社から留学パンフレットをもらってみましょう!

留学のパンフ・資料を見てみたい