イギリス・ワーキングホリデービザ2021年の第1回抽選は1/25-27。

2021年のイギリス・ワーキングホリデー(Youth Mobility Scheme)の第1回目の抽選が2021年1月25日(月)から開始します。希望の方は忘れないように申請を行ってください!

ワーキングホリデーをもっと知ろう!

イギリス・ワーキングホリデービザは抽選制

イギリスのワーキングホリデービザは抽選方式です。申請した人すべてに許可がおりるわけではありません。

イギリス・ワーキングホリデーの抽選申請日は2日間のみ

第1回目の抽選に申請できる期間は、日本時間2021年1月25日(月)12時(正午)から2021年1月27日(水)12時(正午)の間です。

イギリス・ワーキングホリデーの定員

日本国籍者の定員は1,000名です。1月に行われる第1回抽選で800名が選ばれ、残った枠が2021年7月に行われる第2回抽選で選ばれます。

イギリス・ワーキングホリデー申請が許可されると?

イギリスに最長2年間滞在することができます。その間、就労や就学などができます。

イギリス・ワーキングホリデービザ申請対象年齢は?

18歳から30歳の人です。

イギリス・ワーキングホリデービザの抽選申請方法

駐日英国大使館の発表内容は以下のとおりです。

1.Japan.YMS2021@fcdo.gov.uk宛てにEメールを1通のみ送ります。 

2.メールの件名には次の3点を英語で明記します。
・申請者氏名(パスポートと同じ表記
・生年月日(日/月/年)
・パスポート番号 

▼件名の記載例
SUZUKI Miyu - 31/01/1995 – Passport123456789 

3.メール本文には自分に関する下記の情報を明記します。
※必ず英語で表記すること 

Name:
Date of birth:
Passport Number:
Mobile phone number:

4.受付期間は48時間のみです。この時間内に受信された全てのEメールに対して受信確認の自動返信が送られます。

申請時には大使館の発表を確認しながら間違いのないように手続きを行いましょう!
駐日英国大使館発表

合否はどうわかる?

受付期間終了後に800名が無作為に選ばれます。選ばれた申請者には2月1日の週までに「予約方法の詳細」と「ビザ申請に必要な書類」が書かれたメールが届きます。 

残念ながら当選しなかった人には2月5日(金)までにメールでその旨の連絡があります。 

イギリス・ワーキングホリデービザ抽選に当選後の手続きは?

当選した人は2021年3月1日(月)までにオンライン申請とクレジットカードによる申請料金の支払いを完了する必要があります。

この期日までに申請料金の支払いがされていない場合、自動的に当選リストより名前が削除され、当選が取り消されます。申請料金支払い後90日以内に書類を提出します。 

人気の高いイギリス・ワーキングホリデー

毎回、定員を大幅に上回る人気のイギリス・ワーキングホリデー。今回もたくさんの抽選申請が予想されています。

2回目の抽選は7月に予定されていますが、2回目の方が選ばれる人数が少なくなる見通しです。

イギリスのワーキングホリデーに行きたい人は、今回忘れずに申請してみてください!

(留学プレス編集部)

飛行機

留学に興味が湧いたら、まず「知る」ことから。

自分に適した留学の選び方、準備、手続き、留学中のこと、費用、経験談など「ネットに様々な情報があふれるなか、正確な情報を集めたい!」という方。

やってみたいことや興味のある国を入力してください。
国内外の留学会社からあなたに適した資料(無料)がもらえます。

気になる国/留学をかんたん入力!

イギリス・ワーキングホリデー2021
記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい