オーストラリア留学に必要な費用とは?節約方法とともに解説

過ごしやすい気候や利便性と自然が融合した環境、高い教育水準など、人気の留学先でもあるオーストラリア。

オーストラリア留学には学費のほか、留学先で生活するための滞在費や渡航費、ビザ取得などさまざまな費用が発生します。これからオーストラリア留学を目指す人のために、必要な費用を解説します。できるだけ費用をおさえたい人のために、節約方法も紹介していますのでぜひ参考にしてください。

オーストラリア留学に興味が湧いたら

オーストラリア留学に必要な費用の総額と内訳

オーストラリア留学に必要な費用の総額と内訳

オーストラリア留学に必要な費用を項目別に解説します。

オーストラリア留学で必要な費用の総計

学費、滞在費、食費、渡航費のみの合計でかかる費用の目安は以下の通りです。

・1ヶ月 25~50万円
・3ヶ月 60~120万円
・半年 115~225万円
・1年間 220~435万円

次に、細かい費用の内訳を解説していきます。

学費

教育機関別の学費目安をご紹介します。(学費は留学先の学校や、私立/公立などの学校形態、期間によって異なります。)

・語学留学(1ヶ月) 13~20万円
・高校留学(1年) 100~250万円
・大学留学(1年) 150~270万円
・大学院留学(1年) 150~280万円

学費のほか、入学費や教材費、施設使用料なども発生します。目安として教科書は1冊数千円~、分厚いものだと2万円を超えることもあります。

居住費

居住費は居住先によって、2~11万円と開きがあります。シドニーなど大都市部の家賃は高騰気味なので、ルームメイトを見つけてシェアをしたり、学校を決めるときは「ダウンタウンか郊外か」なども検討材料にするといいでしょう。

・ホームステイ(1ヶ月)9万~11万円
・シェアハウス(1ヶ月)3~8万円

ホームステイは朝と夕食がついていますが、シェアハウスの場合自炊しなければいけないところも注意しましょう。

生活費

食費や交際費、交通費などの生活費は、1ヶ月で5~15万円ほどが目安です。居住費で触れたように、住む都市によって異なります。なお、外食は日本よりも高くなっています。

渡航費用

日本からオーストラリアへの渡航費用の目安は10~25万円ほどです。時期や利用する航空会社によって異なります。

ビザ取得費用

観光ビザ(ETA)は約1,500円、ワーキングホリデービザは約3万8千円、学生ビザは約4万9千円の申請代金がかかります。学生ビザではOSHCという保険への加入が必要で、1年間で約4万5千円〜6万円の費用が発生します。

ワーキングホリデービザ・学生ビザでは渡航歴や国籍によって健康診断の必要があると判定される場合があります。そのときには、指定病院での健康診断費が別途必要です。学生ビザで18歳以下の場合申請に必要な書類が増えるため、書類発行と翻訳にかかる費用も発生します。

オーストラリア留学のスタイルによって費用は異なる

留学生を積極的に受け入れているオーストラリアは、いろいろな留学方法があります。それぞれの留学スタイルによって滞在する期間や費用は異なります。自分の希望する留学スタイルでは、どのくらいの費用が発生するかを把握しておくのが重要です。

オーストラリアで可能な留学方法を、費用の目安とともに解説します。

語学留学

オーストラリアの語学学校は大学や専門学校付属の語学学校と、民間の私立語学学校にわかれています。どちらも大きな授業料の差はありません。

語学留学の総費用目安
・短期留学(1ヶ月):40万円~60万円
・長期留学(1年):250万円~370万円

差が出るのは居住地域で、大都市かつ都市中心部にある語学学校は総じて滞在費が高いです。長期留学で費用をおさえたければ、生活に慣れるまでの2~3ヶ月間は食事つきのホームステイをし、その後ルームメイトを探して共同生活しながら自炊をするというのがおすすめです。

高校留学

日本の高校生の短期留学や、オーストラリアの高校に卒業目的での留学が可能です。

高校留学の総費用目安
・短期留学(1ヶ月):30~50万円
・現地高校への留学(1年間):200万~380万円

日本の高校に在籍しながら留学した場合、公立学校では留学先の単位も認められます(※私立は学校により判断されます)。授業の理解や、周りの生徒とコミュニケーションの取れる英語力(英検3級程度)が必要です。

英語力に自信がない生徒のなかには高校の正規コースに入る前に、高校の提携する語学学校や民間の語学学校で開講されている英語コース、または高校準備コース(High School Preparation)などを履修する人もいます。

大学留学

日本の高校卒業後にオーストラリアの大学に卒業目的(学位取得)で入学するか、日本の大学に在籍しながら約1年間のスタディーアブロードプログラムを利用して留学する方法があります。

大学留学の総費用目安
・スタディーアブロードプログラム(1年):270万~350万円
・大学正規留学(1年):300万~550万円

最終学歴が日本の高校卒業の人の場合、約1年間のファウンデーションコースを履修してから大学の1年時に入学するのが一般的です。大学は3年間ですので、ファウンデーションコースと合わせた計4年間で卒業を目指します。

大学院留学

高度な専門教育を提供しているオーストラリアは、大学院留学先としても人気です。

大学院留学の総費用目安
・修士プログラム(1年間):300万~550万円
・ポスト・グラデュエート・ディプロマ(1年間):300万~450万円

修士号(master’s degree)は1.5~2年、博士号は3~5年で取得します。自分の見聞を広げるためなどで、大学で先行したものと別のものを専攻しても問題ありません。

→ オーストラリアの大学・大学院一覧

休学・認定留学

日本の大学に籍をおいたまま休学して留学するのが休学留学、留学先で取得した単位も大学の単位として認められるのが認定留学です。

休学・認定留学の総費用目安
・語学留学(1年間):250万円~370万円
・語学留学+インターンシップ(1年間):200万~350万円
・スタディーアブロードプログラム(1年間):270万~350万円

認定留学をすれば、留学をしても4年間で大学を卒業できるメリットがあります。語学留学のみ、語学留学とインターンシップ、スタディーアブロードプログラムの3通りの留学スタイルがあり費用も異なります。

短期留学

1週間からできる留学です。

短期留学の総費用目安
・短期留学(1週間):25万円~35万円
・短期留学(1ヶ月):40万円~60万円

私立の語学学校で英語の勉強をしながら、異文化交流やアクティビティへの参加も可能です。自分の英語力を試したいときや、短期間でも英語に触れられる機会を持ちたいときなどに向いています。

専門学校への留学

オーストラリアは公立と私立の専門学校があり、留学も可能です。

専門学校留学の総費用目安
・公立:200万~350万円
・私立:250万~500万円

専門学校将来につながる専門的なスキルや知識などを学べます。TAFEと呼ばれる公立の専門学校は大学への編入も可能、私立は専門的なプログラムが充実しています。

→ オーストラリアの公立専門学校TAFEについて詳しく読む

ワーキングホリデー

オーストラリアは日本の最初のワーキングホリデー協定国のため、日本からのワーキングホリデー先としても人気です。

ワーキングホリデーの1年間の総費用目安
・150万~250万円

ワーキングホリデービザが必要になります。学校に通うのは4ヶ月以下、同じ場所での就労は6ヶ月以下です。対象年齢18~30歳、最長1年ですが、条件を満たせば2回目、3回目のワーキングホリデーもできます(最長3年間)。

インターンシップやボランティア

オーストラリアの語学学校や大学に在籍して勉強しながら企業や店舗、団体の研修生として働くのがインターンシップです。インターンシップには有給と無給があります。

環境保護や動物保護、チャイルドケアなどのボランティアも人気があります。

インターンシップ・ボランティアの総費用目安
・語学+インターンシップ(1年):200万~350万円
・語学+ボランティア(1年):250万円~370万円

インターンシップやボランティアプログラムに参加するか、オーストラリアの大学卒業後一定期間就労が可能になるPost Study Work Visa(卒業後就労ビザ)を取得する方法、ワーキングホリデービザで参加する方法、学生ビザで参加する方法などがあります。

オーストラリア留学の費用を節約する4つの方法

オーストラリア留学には多くの費用がかかります。留学費用を節約できる4つの方法を解説します。

渡航は航空会社や時期を選ぶ

入学時期が決まっているなどの理由がなければ、旅行シーズンである繁忙期を避けましょう。航空券の料金が安くなります。ほかにも、格安航空会社を選ぶ、キャンペーンを実施していたら活用するなどの方法で渡航費用を節約できます。

為替レートをチェックし円高を狙う

日本円からオーストラリアドルへ交換するとき、円高の時期にすると節約になります。学費を支払うときにも、円高のときなら学費の節約につながります。定期的に為替レートをチェックし、円高の時期を狙いましょう。

食費や家賃を節約する

オーストラリアは外食の費用が高いです。滞在中はホームステイにするか、できるだけ自炊にするかで節約できます。シェアハウスの場合は食材を購入して仲間とシェアする方法もあります。

ほかにも移動は自転車を使う、ホームステイでもホストファミリーの手伝いをすると滞在費や食費が無料になるオーペアを利用するなどの方法で、費用がおさえられます。

アルバイトをする

オーストラリアはワーキングホリデーや学生ビザでアルバイトが可能です。学生ビザの場合、3ヶ月以上の留学をする場合は2週間で40時間までのアルバイトができます。勉強の妨げにならない範囲で放課後や週末を利用してアルバイトをすれば、日々の生活費を補えます。

留学中のアルバイトはリアルな仕事場で英語を使う経験を積めたり、学外での友人が増えたりというメリットもあります。

オーストラリア留学の費用は多めに見積もっておこう

オーストラリア留学に必要な費用の総額や内訳、留学スタイルごとの費用の目安、費用を節約する方法を解説しました。オーストラリア留学は学費や滞在費など多額の費用が発生しますが、いろいろな工夫で費用の節約が可能です。

留学する期間やスタイルによって発生する費用は異なってきます。まずは自分の希望する留学スタイルの費用を把握しておきましょう。あらかじめ多めに見積もっておけば、留学に向けて余裕を持って準備ができます。費用をしっかりと把握し、オーストラリア留学を実現させましょう。

(留学プレス編集部)

オーストラリア
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい