注目キーワード
TAG

Sazu Iwai-Pawle

  • 2017年4月28日

アメリカでプロテスタントの葬儀に参列した日のこと。海外で葬儀に参列することになったら?~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

海外の結婚式に参列したという話はよくありますが、葬儀に参列したという話はあまり耳にしません。結婚式も国が違えば違うことも多くあり、葬儀もまた宗教、国、環境により違います。   日本のなかであっても宗派により異なるのが葬儀。海外滞在中にお世話になった人に不幸があったら、悲しみと同時に初めての葬儀に「ど […]

  • 2017年2月3日

タイ人とたまごの蜜月な関係。~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

タイの地元のスーパーマーケットで目にするもの、それは「大量のたまご」です。30個入りのパックが山のように積まれ、客は30個入り×2~3パックを平気で買っていきます。今日は「タイ人とたまご」にスポットを当てたレポートをお届けします。   タイのたまごの売り方 スーパーマーケットではパック詰めされている […]

  • 2016年11月15日
  • 2016年11月15日

プーミポン国王の崩御後の現在のタイの様子~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

2016年10月13日、タイの国王プーミポン・アドゥンヤデート国王陛下が崩御されました。国王の体調がすぐれないと報道され、多くの国民が入院中のシリラート病院に集まり回復を願いましたが、帰らぬ人となってしまいました。まだまだ、悲しみの中にあるタイの様子をレポートします。   国王逝去ですぐに起こったこ […]

  • 2016年10月12日
  • 2016年10月12日

バンコク・スラムでの子供教育支援ボランティア活動レポート~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

きらびやかで高いビルが立ち並ぶバンコク、にぎやかなスクンビット通りから車で15分ぐらいの所にそこスラムの中の子供たちの施設、シーカー・アジア財団があります。この施設は、日本とのつながりも深く、本記事ではそのボランティア活動の一コマを紹介します。   シーカー・アジア財団の活動 シーカー・アジア財団は […]

  • 2016年9月2日
  • 2016年9月2日

タイ現地の新鮮ハーブで作る絶品グリーンカレー!~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

タイ料理の代表グリーンカレー。日本では見つからないようなタイハーブを現地で調達しカレーペーストから手作りすると、素人でも本格的な味が作れます。   日本でもタイカレーペーストを輸入商品店などで購入できます。私も、日本に住んでいるころからよく家でグリーンカレーを作っていました。しかし、作るたびに「何か […]

  • 2016年8月10日

薬物・アルコール依存症の治療をするタイの寺院とはどんな所なのか?~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

タイでも薬物依存アルコール依存は社会問題です。そんなタイに、薬物、アルコール依存症の治療を行う寺院、Wat Thamkrabok(ワット・タムクラボーク)があります。今日は、ワット・タムクラボークの訪問レポートをお届けします。   外国人にも門戸を開いている寺院 日本でも芸能人が逮捕されるなど、薬物 […]

  • 2016年7月28日
  • 2016年7月28日

タイの野良犬事情~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

日本でも30年ほど前はよく見た野良犬。現在は見ることがなくなりました。一方、こちらタイでは、現在も野良犬に出会い狂犬病も問題となっています。現状をレポートします。   野良犬は危険。 街を歩くと野良犬に出会わない日はありません。のんびり寝ていたり、歩いている犬と行き違います。日本でこんな姿は見られな […]

  • 2016年7月12日

バンコク市民の身近な足「路線バス」。国が違えばルールも違う!~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住ライター)

タイのバンコクは近年、スカイトレイン(BTS)、地下鉄(MRT)などが開通し、観光の足としてもとても便利になりました。一方で、なかなか使わないのが路線バス。でも、路線バスには乗ってみると生身のタイ文化と出会えます。   タイ路線バスの常識・その1『バス停はどこ?』 日本なら、バス停にはバス停の名前、 […]

>留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

留学・旅・グローバルキャリアのためのサイト『留学プレス』

国境や人種の垣根なく、多様な文化が共存できる社会に向かって、留学生やグローバル教育の専門家たちで作っているサイトです。 一緒に記事を作ってくれるライターも随時募集しています!