オークランド大学留学情報|難易度やランキングは?入学条件や学部、学費を解説

オークランド大学(University of Auckland)はニュージーランド国内ランキング第1位の名門国立大学です。1883年の創立以来130年以上の歴史を持ち、ニュージーランドの大学教育をリードしてきました。

約40,000人の学生が在籍するニュージーランド最大級の大学でもあり、国内最大の図書館を持つ大学としても有名です。

また、約10,000人の留学生を受け入れている多様性あふれる大学としても知られています。

この記事ではニュージーランドの名門オークランド大学の魅力、難易度やランキング、そして気になる入学条件、学部、費用について詳しくご紹介いたします。

オークランド大学に興味が湧いたら

オークランド大学の3つの魅力

ニュージーランドの名門としての実績

ニュージーランド屈指の大学であるオークランド大学からは多くの著名な卒業生が生まれています。活躍している分野も多岐に渡っており、多彩な才能を育てる環境が整ってます。

【オークランド大学を卒業した著名人】

政治家ヘレン・クラーク(第37代ニュージーランド首相)
政治家ウインストン・レイモンド・ピータース
(ニュージーランド現外務大臣)
俳優ローズ・マクアイヴァー
登山家エドモンドヒラリー
映画監督ニキ・カーロ
ミュージシャンゲイリー・ツァオ
ラグビー指導者マイケル・ジョーンズ
ヨットマンラッセルクーツ(ヨット世界チャンピオン)

また、THE(Times Higher Education)の行っているSDGsへの貢献・成果をランキングした世界大学インパクトランキングでトップ10入りも果たしており、環境問題に対しての取り組みも世界で評価されています。

留学生活に適した環境

オークランド大学は学部によって通うキャンパスが異なりますが、すべてのキャンパスが市内中心部にあります。

町の周りは島に囲まれ、港にも隣接し、ヨットの数も多いことから「帆の町」とも呼ばれています。交通の便が良く、中心地から数十分移動すると大自然に触れることもできます。

住民の約6割がヨーロピアン系ニュージーランド人。日本人を含むアジア人は約2割でニュージーランドの他都市に比べると多いものの、オーストラリアやカナダの中心都市と比べると日本人割合は低く国際色が豊かな都市です。

夏は平均24度、冬は平均16度と過ごしやすい気候です。南半球のため季節は日本と逆になり、12月から3月が真夏になります。

留学生向けの多彩なプログラム

オークランド大学は卒業を目的とした留学はもちろん、2週間から受講可能な短期留学、1学期のみ(約4~5ヶ月)の留学など様々なプログラムがあります。

ELA(English Language Academy)というオークランド大学付属の語学学校に通学することもできます。オークランド大学のすぐ近くにあり、キャンパスライフの雰囲気も感じることができます。

一般英語、ビジネス英語、アカデミック英語、進学準備、大学パスウェイ、CELTA/TESOL英語教師資格、IELTS準備、エンジニア英語などコースも多彩です。

オークランド大学の難易度

ニュージーランド・オークランド大学

ニュージーランドでは日本の様に大学の偏差値というものはありません。その代わりに大学ランキングが目安となります。

オークランド大学を希望する学生は例外なくランキングをチェックしています。難易度の基準と言えるランキングについてお伝えいたします。

偏差値やランキングは?

イギリスの大学評価機関QS世界大学ランキングでは、オークランド大学はニュージーランド国内1位、世界85位にランクインしています。参考までにオークランド大学より順位が高い日本の国立大学はわずか5校。順位が近いのが東北大学の82位になります。

分野別では薬学、教育、看護、考古学など10分野が世界トップ50にランキングされています。

オークランド大学の合格率は?

オークランド大学は公式発表をしていませんが、大学紹介サイトの調べによると合格率は約45%です。

オークランド大学の8つの学部

ニュージーランド・オークランド大学・人文学部

Carvings, University of Auckland Arts & Humanities Building by russellstreet

オークランド大学では8つの学部で162に渡るプログラムを開講しています。

オークランド大学は校舎が5つあり、そのすべてが市内中心部です。学部は8つあり、選択する学部により校舎が異なります。

【オークランド大学の8つの学部】

  • 芸術
  • ビジネススクール
  • 創造芸術と産業
  • 教育と社会工学
  • 工学
  • 法律
  • 医療と健康科学
  • 科学

オークランド大学の学費

ニュージーランド・オークランド大学・サイエンスセンター

Science Centre Building, The University of Auckland by russellstreet

オークランド大学の主な授業料をご紹介します。(2022年版)

 学士課程(1年間)

科学約285~415万円
建築約370万円
芸術約285~335万円
商学約335~415万円
コミュニケーション約335~350万円
ダンス約335万円
デザイン約350万円
教育約285~290万円
エンジニア約335~395万円
社会福祉約285万円
法律約285~335万円
医学約305~685万円
音楽約285~335万円
看護約305~335万円
検眼士約335~490万円
薬学約395万円
体育学約290万円
財産学約335~345万円
ソーシャルワーク約290万円
スポーツ、健康約290万円
都市計画約335~395万円

修士課程(1年間)

建築約395万円
芸術約320~375万円
ビジネス約355万円
ダンス約395万円
デザイン約395万円
教育約300~310万円
エンジニア約395~485万円
法律約345万円
医療及び健康科学約395~685万円
音楽約335万円
科学約395万円
都市計画約335~395万円

※学生サービス費約8万円が別途必要になります。

▼大学公式サイトで学費を見る
→ 学士課程学費
修士課程学費

オークランド大学の入学条件

ニュージーランド・オークランド大学・建築学部

Auckland School of Architecture and Planning by wfeiden

日本人留学生がニュージーランドの大学に進学するには、主に次の2つの方法があります。

  1. 直接大学に進学する方法
  2. 大学進学準備コース(ファウンデーションコース)を経由する方法

ニュージーランドの大学は3年制、日本の大学は4年制、と両国の大学教育制度には違いがあります。そのため、上記の2つの方法のうち、自分の状況に適した方法を選ぶ必要があります。

次の表で自分にあてはまるルートを知ってから、入学対策をしていきましょう。

直接進学ファウンデーションコース経由
・日本の大学2年次まで修了している人
・IBディプロマを持っている人
・日本の高校を卒業したうえでGCE A-Levelなどを取得している人
最終学歴が日本の高校卒業の人

ニュージーランドの大学進学の詳しい方法は「ニュージーランドの大学は難しいの?偏差値やランキング、大学進学方法や受験システムを徹底解説!」を参考にしてください。

オークランド大学に直接入学する場合

IBディプロマを持っている人や日本の大学2年次まで修了している人はオークランド大学に直接出願することができます。

学部によって異なる場合がありますので、ここでは教育学部のTESOLコースを例に入学条件をご紹介していきます。

1.次のうちのいずれかを提出できること

・IBデイプロマ(総合スコア24以上)
・最低3つ以上のAレベルの科目を修了
・ケンブリッジ国際検定(CIE)で少なくとも3つのAレベルの科目を修了

※もしアメリカやカナダの大学と併願する人でSATを受験しているのであれば、代わりにSATスコアを提出することもできます。

2.次の英語力をクリアしていること

IELTSTOEFL(iBT)ケンブリッジ英検
6.0
(かつ5.5未満なし)
80
(かつライティング21以上)
CAEかCPEの総合169
(かつ162未満なし)

自分の行きたい学部別に入学条件を見るには、オークランド大学公式ホームページの「Find your Study Option」からコースを検索して、確認してください。

日本の高校卒業後に進学する場合

最終学歴が日本の高校卒業という人は、ニュージーランドの大学教育システムに合わせるために「ファウンデーションコース」と呼ばれる約1年間の大学進学準備コースを経由して大学に入ります。

ニュージーランドの大学は3年間のため、1年間のファウンデーションコース+3年間の大学課程で計4年間で卒業することが可能です。

ニュージーランドではさまざまなファウンデーションコースが開講されています。ここではACG(Academic Colleges Group)の「オークランド大学ファウンデーションコース(The University of Auckland Certificate in Foundation Studies)を例に解説します。

英語力や成績によって期間が8~18ヶ月から選べます。学費は約200万円(NZ$24,000)~、入学時期は年4回です。

オークランド大学ファウンデーションコース(ACG)

入学時期
(年4回)
1月下旬・7月中旬(標準コース)
4月下旬・10月上旬(早期コース)
※年度により時期は異なる
入学方法・申込書
・直近の成績証明書(英文)コピー
・パスポートコピー(顔写真ページ・カラー)
・英語のスコアを証明する書類等を送付
期間8~18ヶ月 
内容選択(4~5科目)+必須2科目(IELTS準備コース、情報コミュニケーションコース)
費用NZ$24,000~
大学進学条件修了時に条件科目及び英語スコアB以上の成績をクリアしていること

オークランド大学の大学院課程へ進学する場合

オークランド大学の大学院課程では、博士課程、修士課程のほか、ポスト・グラデュエート・ディプロマ(Post Graduate Diploma)やグラデュエート・ディプロマ(Graduate Diploma)など、修士課程よりも短いコンパクトなプログラムも開講しています。

修士課程の前半がポスト・グラデュエート・ディプロマ課程となっている学部もあります。たとえば教育学部の修士課程(Master of Education)では課程の前半はポスト・グラデュエート・ディプロマ(Postgraduate Diploma in Education)です。

Postgraduate Diploma in Educationの入学条件

・教育関連学部の学士号(成績3.0以上。成績の換算方法はこちら
・教育関連学部の学士号に代わる指導や教育職履歴でも可
・英語力(IELTS Academic 6.5、かつ各バンド6.0以上)

学部別の入学条件を検索するには、大学ホームページの「Postgraduate entry requirements」から確認してください。

オークランド大学留学を実現するためにすべきこと

名門であるだけではなく、生活しやすい環境が整っているオークランド大学。入学難易度は高めですが、ファウンデーションコースや語学コースなど入学までの選択肢も広く、しっかりと計画さえすれば決して入学に手が届かない大学ではありません。

ニュージーランドはもちろん、世界中から集まる優秀で多才な留学生とともに過ごす日々は充実感にあふれたものになるはずです。

オークランド大学で最高の留学生活を過ごしてみませんか?

海外大学に興味が湧いたら

フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい