UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)留学情報|ランキングや偏差値、編入方法や学費を解説!

カリフォルニア大学ロサンゼルス校、通称UCLAはアメリカ西海岸にある州立大学です。約3万人の学部生が在籍する大規模な総合大学で、ロサンゼルスの緑あふれるキャンパスと優秀な学生たち、多彩な学部が魅力的な人気大学です。

世界大学ランキングでは上位常連に食い込む難易度の高い大学です。入学は容易ではありませんが、充実した編入システムを活用すれば手が届かない大学ではありません。

今回は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校についての基本情報や魅力、卒業生、レベル、入学条件、編入や学費などをまとめました。

学部課程だけでなく、短期から行けるカリフォルニア大学ロサンゼルス校の付属英語コースにも触れていきます。

「UCLAがどんなところか知りたい」「難関校のカリフォルニア大学ロサンゼルス校に入るにはどうしたらいいの?」「カリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学してみたい」といった方はぜひ参考にしてください。

海外大学に興味が湧いたら

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の基本情報

カリフォルニア大学(UC)システムとは?

カリフォルニアには「カリフォルニア大学(University of California、またはUC)システム」という10校の州立大学からなる機構があり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校はそのうちの1校です。カリフォルニア大学システムに属する大学はすべて、大学名の頭に「UC」が付きます。

カリフォルニア大学システムの各校はいずれも優秀校ぞろいですが、なかでもカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の3校は世界大学ランキングのTOPランクに君臨する名門大学です。

ちなみに、カリフォルニアにはUCシステムの他に「カリフォルニア州立大学システム(California State University、またはCSU)」もあります。いずれも州立大学群なので混同してしまう人もいるようです。頭に「University of California」や「UC」が付いているかどうかで見分けてください。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校ってどんなところ?

カリフォルニア大学ロサンゼルス校は、ロサンゼルスのなかでも洗練された人気エリア「ウェストウッド」にあります。ビバリーヒルズなどの高級住宅地やサンタモニカにほど近く、海と丘に恵まれた美しい地域です。

ハリウッドに近いこともあって映画やテレビ番組のロケ地として使われることも多くあります。大学ガイド「Niche」の「大学キャンパスランキング」では全米1位、「学食ランキング」でも全米1位となっています。

卒業生の大卒初任給は年間5.8万ドル(約630万円)と全米各地でトップレベルの活躍を見せています。

留学生の受け入れにも積極的で、学生の4人に1人が留学生です。

スポーツが盛ん

大学スポーツはアメリカ留学の醍醐味です。大きなスタジアムで大学のスポーツチームを応援したり、なかには入部して活躍したいという人もいるでしょう。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のスポーツチーム22競技に渡り、名称を「ブルーインズ(Bruins)」と言います。バスケットボールや野球、アメリカンフットボール、体操、ゴルフ、陸上など様々な競技で全米トップクラスの競合校で、学生は260を超えるオリンピックメダルを獲得しています。

UCLAのバスケットボールチームを10回の全米チャンピオンに導き指導者・教育者として有名なジョン・ウッデン氏は、日本でもその格言が書籍化されているレジェンドです。

ゲームだけでなくチアリーディングやマーチングバンドなどの活躍も目覚ましく、ブルーインズのTシャツや帽子はお土産としても人気です。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校出身の著名人

UCLAはノーベル賞受賞者、有名企業のCEOや歴代宇宙飛行士、政治家、スポーツ選手など多数の著名人を生み出してきました。ジェームズ・ディーン (俳優)、フランシス・コッポラ (映画監督)といった演劇人も輩出しています。

日本からもコメダ社長の臼井興胤さん、サントリー社長の佐治信忠さん、ビッグローブ社長の古関義幸さんはじめ日本の経済界やアカデミックを支える人材を多数生み出してきました。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の学部

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

UCLA by Chris Radcliff

学部・専攻

カリフォルニア大学ロサンゼルス校には125を超える専攻プログラムがあります。

経済学、社会学、政治学、心理学、生物学などの人気が高いほか、音楽や舞台芸術、映画/映像、公共政策、看護、公共政策といった分野も高い評価を受けています。

カレッジ(一般教養)アフリカ系アメリカ人研究
アフリカおよび中東研究
アメリカインディアン研究
アメリカ文学と文化
古代オリエントとエジプト学
人類学
アラビア語
美術史
アジア系アメリカ人研究
アジア人文科学
アジアの言語と言語学
アジアの宗教
アジア研究
天体物理学
大気海洋科学
大気海洋科学/数学
生化学
生物学
生物物理学
ビジネス経済学
中央および東ヨーロッパの言語と文化
化学
化学/材料科学
チカーノ(メキシコ系アメリカ人)研究
中国語
古典文明
気候科学
認知科学
コミュニケーション
比較文学
計算およびシステム生物学
地球環境科学
生態学、行動、進化
経済学
英語文学
環境科学
ヨーロッパの言語と異文化研究
フランス語とフランス語圏を使ったヨーロッパ言語と異文化研究
ヨーロッパ語族とドイツ語による異文化間研究
ヨーロッパ言語とイタリア語による異文化研究
スカンジナビア語族によるヨーロッパ言語と異文化研究
ヨーロッパ学
ジェンダー研究
地理学
地理学/環境学
地質学
地質学/土木地質学
地球物理学
グローバルスタディーズ
ギリシャ語
ギリシャ語とラテン語
歴史
人間生物学と社会
人間生物学と社会
国際開発学
イラン学
日本語
ユダヤ学
韓国語
労働研究
ラテン語
ラテンアメリカ研究
言語学
言語学と人類学
言語学とアジアの言語と文化
言語学とコンピュータサイエンス
言語学と英語
言語学とフランス語
言語学とイタリア語
言語学と哲学
言語学と心理学
言語学とスカンジナビア言語
言語学とスペイン語
言語学、応用
海洋生物学
数学
数学、応用
数学/応用科学
数学、データ理論
数学/経済学
数学、金融保険数理
教育のための数学
計算の数学
微生物学、免疫学、および分子遺伝学
中東研究
分子生物学、細胞生物学、発生生物学
神経科学
北欧研究
哲学
物理学
物理学
生理学(理学士)
政治学
ポルトガル語とブラジル語の研究
心理生物学
心理学
宗教、研究
ロシア語と文学
ロシア学
社会学
スペイン語
スペイン語とコミュニティと文化
スペイン語と言語学
スペイン語とポルトガル語
統計
アートと建築建築学
アート
ダンス
デザイン・メディアアーツ
世界の芸術と文化
工学(Samueli School of Engineering)航空宇宙工学
バイオエンジニアリング
化学工学
土木工学
コンピュータ工学
コンピュータサイエンス
コンピュータサイエンスとエンジニアリング
電気工学
材料工学
機械工学
音楽(Herb Alpert School of Music)民族音楽学
グローバルジャズ研究
音楽学
作曲
音楽教育
音楽史と産業
音楽パフォーマンス
看護看護
公共政策(Luskin School of Public Affairs)公共政策
シアター、フィルム、TV映画とテレビ劇場
教育と情報研究教育と社会変革

留学生向けエクステンションコース(UCLA Extension)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校には、とても充実したエクステンション講座があります。社会人に人気のキャリア直結型のプログラムや、大学生に人気の学部単位に振替可能なプログラム、気軽に参加できる習い事系講座まで内容豊富にそろっていて、全米でも最大級のエクステンション講座となっています。

留学生用にカスタマイズされているコースもあります。短期で受講できるものもあり、限られた期間に集中して学びたい留学生におすすめです。

学部や大学院で卒業まで就学するほどの時間的余裕がない人や、社会人で現在のキャリアにプラスとなるようなスキルを短期間で身につけたい人、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のキャンパスで学びたい人、英語コースを受講したい人などはぜひ注目してみてください。

▼エクステンション講座の留学生用プログラム

英語コース(ALC)
(3、4週間~)
・アメリカのカルチャーとコミュニケーション
・集中英語コース
・大学準備コース
サティフィケイトプログラム
(9か月~)
下記の分野で合計40以上のコースが開講されています。
・会計&ファイナンス
・アート&デザイン
・ビジネス
・デジタル技術
・エンジニアリング
・エンターテイメント
・人文科学
・国際貿易と商取引
・法務プログラム
・マーケティング
単位取得プログラム(3か月~)日中はカリフォルニア大学ロサンゼルス校の学部課程、または大学院課程に、夜にエクステンション講座の授業を受講し、単位を取得するプログラムです。
大学に正式に入学しなくても本課程の授業に参加できます。
休学留学にもおすすめです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の難易度

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の偏差値は?

アメリカの入試は日本のように一発勝負の試験ではないため偏差値のシステムはありません。入学条件に際して重要視されるのが最終学歴の成績や英語能力です。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の世界ランキング

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の世界ランキングはTimes Higher Educationランキングで20位(2022年度)、QSランキングで40位(2022年度)とかなり高いランキングです。U.S.News発表の米国内ランキングでは20位となっています。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の合格率

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の合格率は14%と、入学はかなりの倍率となります。留学生がカリフォルニア大学ロサンゼルス校に合格するには、きわめて高い英語力に加え、ほぼ非の打ちどころのない最終学歴成績が必要です。

ただし14%の合格率はあくまでも1年次に出願した場合のパーセンテージです。記事後半で詳しく触れますが、2年制大学(コミュニティカレッジ)からの編入というルートを使えば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校への入学チャンスが大きく広がります。ぜひ参考にしてください。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の学費(学部)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校への留学費用目安をご紹介します。(参考:UCLA公式サイト 2021–2022 Estimated Undergraduate Student Budget

※年間(約9か月)
※1ドル=110円計算

学生寮(UCLA Residence Halls)の場合

授業料$43,012
約470万円
滞在費(食費込み)$16,763
約180万円
教材費$1,404
約15万円
交通費$606
約6万円
おこづかい$1,467
約16万円
保険$2,799
約30万円
合計$66,051
約726万円

キャンパス外アパートメントの場合

授業料$43,012
約470万円
滞在費(食費込み)$15,951
約175万円
教材費$1,404
約15万円
交通費$1,059
約11万円
おこづかい$1,701
約18万円
保険$2,799
約30万円
合計$65,926
約725万円

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の学費(大学院)

大学院課程では修士課程・博士課程のほかディプロマやサティフィケイトのプログラムもあります。それぞれ学費が異なりますので、ここでは参考として修士課程1年間の学費をご紹介します。(参考:Cost of Attendance 2021-2022 Graduate Budgets

授業料$28,138
約300万円
滞在費(食費込み)$21,663
約238万円
教材費$1,998
約22万円
交通費$1,923
約21万円
おこづかい$2,256
約25万円
保険$4,719
約52万円
ローン費$905
約10万円
書類費$80
約0.8万円
合計$61,682
約678万円

カリフォルニア大学ロサンゼルス校への留学を実現するために

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

UCLA by Vicente A.

学部課程への入学条件と出願書類

カリフォルニア大学ロサンゼルス校への出願はカリフォルニア大学共通窓口であるUC Applicationsからオンラインで行います。

(なお、カリフォルニア大学ロサンゼルス校では学士号を持っている人の出願は受け付けていません。一度大学を卒業している人は大学院課程への出願を検討してください。)

留学生の英語力を示すための能力スコアテストは下記のいずれかが必要です。

  • TOEFL(r) 100 (サブスコア22以上)
  • IELTS 7
  • Duolingo 120

出願時には「あなたについての質問(Personal Insight Questions)」を記入する必要があります。カリフォルニア大学ロサンゼルス校ではGPA(高校時代の成績)を重視していますが、「成績の先にあるもの」をより重視すると言っています。リーダーシップや学外での活動、秀でている才能、人生経験、環境などです。(参考:Undergraduate Admission – International Applicants

なお、芸術・建築、音楽、看護、映画・演劇への入学希望者は追加の書類や作品提出を求められる場合があります。

コミュニティカレッジからの編入

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の1年次に入学するのはかなりの難関です。大学では留学生の80%が1年次からの入学ではなく、カリフォルニア州内のコミュニティカレッジからの編入ルートで入学していることを明らかにしています。

まずコミュニティカレッジへ入学し1~2年次の授業を受けます。そこで英語力やカリフォルニア大学ロサンゼルス校に進学できるだけの成績を獲得し、3年次から大学に編入します。

カリフォルニア州にはたくさんのコミュニティカレッジがあり、基本的にはどのコミュニティカレッジからも四年制大学への編入は可能です。しかし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のように難易度の高いカリフォルニア大学各校を狙うのであれば、編入に高い実績を持つコミュニティカレッジを選ぶのがおすすめです。

編入率の高いコミュニティカレッジには、カリフォルニア大学ロサンゼルス校をはじめUC系列の大学を目指す学生がたくさんいます。編入のためのコースもあり、最新情報を得られます。

ここでしっかり良い成績を修めることでカリフォルニア大学ロサンゼルス校への入学は各段に近いものになります。多くの日本人留学生がこの方法で名門のUC各校に合格しています。

編入に強いオレンジコーストカレッジについて詳しく読む→

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の大学院課程

UCLAの大学院課程では133のプログラムを開講しています。

歯学以外の学生は英語力の証明として、IELTS 7.0以上、またはTOEFL(r)ibt 87(Writing 25、Speaking 24、Reading 21、Listening 17)が必要です。

そのほか、プログラムごとに入学条件が定められています。「UCLA Graduate Programs: A-Z」ページから自分の取りたいプログラムを決め、入学条件を確認後「Steps to Apply」から出願を行ってください。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で最適なコースを見つけよう

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

UCLA Royce Hall Interior by Andrew “FastLizard4” Adams

カリフォルニア大学ロサンゼルス校はアメリカのトップランクの州立大学です。入学難易度は高いですが、コミュニティカレッジからの編入など留学生でも入学チャンスは大いにあり、決して手が届かない大学ではありません。

スポーツが盛んでアメリカの大学らしい陽気な学生生活を送れるでしょう。また、世界中の留学生、そして米国内の優秀な学生たちとともに過ごす学生生活は魅力あふれるものになるに違いありません。

学部や大学院に行けない人でも、エクステンションコースでもカリフォルニア大学ロサンゼルス校の質の高い教育を受けることができます。

UCLAで、ぜひ充実した留学ライフを手に入れてください!

(留学プレス編集部)

海外大学に興味が湧いたら

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい