南アフリカ、留学再開へ。主要語学学校12月上旬より対面授業に切り替え。

英語を学べる語学留学先として人気のある南アフリカ共和国は、2021年1月をめどに大半の語学学校が対面授業を再開できるよう準備に入っていることがわかりました。

南アフリカは10月1日から、海外訪問客の一部を受け入れ始めています。この国境再開を受けて、主な英語学校は12月上旬からオンラインが中心だった授業を対面授業へ順次移行。来年1月にはすべての学校が対面授業に戻ることを目標に準備を進めているとのことです。

留学・ワーホリが気になり始めたら

南アフリカ共和国政府が指定している『高リスク国』は引き続き入国が許可されていませんが、それ以外の国は条件付きで入国が可能になっています。日本は10月29日現在、高リスク国リストには含まれていません。(リストは2週間ごとに更新されます。)

入国に際しては、出発前72時間以内のPCR検査の陰性証明携行が必要です。そのほか、健康質問票の登録、ホテルや住居情報、海外旅行保険、ホテル隔離の場合の資金(銀行残高等)、南アの新型コロナアラートアプリのダウンロード等)を厳格に求められる場合があります。(2021年1月21日現在)

※参考
在南アフリカ共和国日本国大使館

(留学プレス編集部)

フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい