ニューヨーク留学でアートを学ぶには?留学方法と費用について

本格的にアートを学びたい方にとって魅力的なのがニューヨーク留学。ニューヨークには、世界中からクリエイターやアートを学びたい人が集まります。

この記事を読んでいる方は、海外に出てアートを勉強したい、自分のアートが認められるか腕試しをしたい、ニューヨークで学ぶ一流のアート留学について知りたいと思っておられることでしょう。

アートに興味があっても英語力に不安を感じている方もいるかもしれません。留学先では英語で指導を受けるので、ある程度の語学力が必要です。英語力が心配な人は、アートと一緒に英語も学習できる留学プランを組みましょう。

今回はニューヨークにアート留学する方法と美術系学校、かかる費用について解説します。

アート留学に興味が湧いたら

ニューヨークでアートを学ぶメリット

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

アートは日本をはじめ世界各国で学べます。そんななか、ニューヨークで学ぶメリットは何なのでしょうか。

アートの街で一流のアートに触れられる

ニューヨークはアートの発信地とも言われており、100以上の美術館や博物館があります。

世界三大美術館のひとつであるメトロポリタン美術館、モダンアートに特化したニューヨーク近代美術館、斬新な建築で話題のホイットニー美術館、古代エジプト美術から現代アートまで展示されているブルックリン美術館など、まさに一流アートの宝庫です。

ニューヨークの街で世界的なアートに触れることにより、審美眼が磨かれ、自身の創作物にも大きな影響が表れます。

また、ニューヨークの街並みや建築物、路上パフォーマンスなどから、アイディアが浮かぶこともあるでしょう。

美術系学校で本格的に学べる

ニューヨークは美術館や博物館が多い地区なので、美術系専門学校や大学もたくさんあります。世界的なアートを学ぶ機会が得られ、本格的にアートを志したい方にぴったりです。

学校にはアートに関心のある学生が世界中から集まり、よい刺激をもらえます。お互いに切磋琢磨できる仲間もできるはずです。

ニューヨークにアート留学する方法

アート留学

ニューヨークにアート留学するには、いくつか方法があります。おすすめの留学プランをご紹介します。

語学学校に通いながら専門学校で学ぶ

英語とアートの両方を学ぶなら、語学学校に通いながら美術系専門学校で学ぶ方法がおすすめです。英語をしっかり学習することで、専門学校の授業についていけるようになります。

語学学校と専門学校の両方の学費がかかることと、始めのうちは通うのが大変というデメリットがありますが、1年ほど通えば語学もアートもかなり上達しているでしょう。

美大予備校に通って大学進学の準備をする

アメリカの美大に進学したい方は、美大予備校に通って大学進学の準備をしましょう。

アメリカの美大に入学するには、ポートフォリオ制作とTOEFL(r)などの英語スコアが必要です。美大予備校では、大学入学のためのポートフォリオ制作と英語学習の両方を指導してもらえます。

大学とコネクションがある美大予備校もあるので、大学進学に有利です。

語学学校に通いながらインターンシップ

自分のアートが世界でどれだけ通用するか腕試しをしたい方は、インターンシップを探してみましょう。語学力がある方はインターンシップのみでもじゅうぶんですが、不安な方は語学学校に通いながら、または語学学校で英語力を上げた後にインターンシップをすることも可能です。

デザイン事務所やアートスタジオなどはインターンシップを募集しているところがあります。留学エージェントなどに希望を伝えれば、日本にいながらインターンシップ先を見つけることも可能な場合があります。

無給のインターンも多いですが、より実践的なアート留学をしたい方にぴったりです。

短期なら語学学校の「英語+アート」コース

短期留学したい方は、語学学校の「英語+アート」コースがおすすめです。最短1ヶ月ほどの留学で英語とアートの両方を学習できます。短期なので費用を抑えることができ、今後の進学やキャリアのためのステップアップにしたい方に最適です。

1ヶ月だけでもニューヨークで本場のアートに触れられることで、インスピレーションが得られるでしょう。

有名なニューヨークの美術系専門学校・予備校・大学

アート留学

ニューヨークには多くの美術系学校がありますが、ここでは有名な学校を3つご紹介します。

アート・スチューデンツ・リーグ

145年以上前に誕生したアメリカ国内最古の美術系専門学校です。100以上のクラスがあり、油絵や水彩画、肖像画、抽象画、彫刻など多種多様な授業を受けられます。

月単位で登録でき、いつでも受講開始できます。入学要件や試験はなく、未経験でも登録可能です。

ピー・アイ・アートセンター

留学生向けの美大予備校です。アメリカやロンドンにある有名美術大学に多くの生徒を送りだしてきました。

ポートフォリオを制作する大学受験コースは、現役の大学教授や世界トップクラスのアーティストが指導してくれます。アート全般教育コースでは、アートを学びながらキャリアアップを図れます。

ニューヨーク大学(NYU)

5万人以上の学生が通うニューヨーク大学。アートやビジネス、人文社会科学、工学、数学、教育など230以上の専攻があります。

キャンパスがブロードウェイやメトロポリタン美術館の近くにあり、美術史やデザイン、演劇、映画、音楽など様々なジャンルの芸術を学べるのが魅力です。 

ニューヨーク大学の特徴や学費などを詳しく読む >

ニューヨークでのアート留学にかかる費用

ニューヨーク

ニューヨークでのアート留学にかかる費用(授業料)は、留学方法と選んだ学校によって異なります。ここでは目安をご紹介します。

語学学校4週間
約1,600ドル(約17万円)

12週間
約4,800ドル(約52万円)
美術系専門学校7週間
約900ドル(約10万円)
美大予備校14週間
約5,500ドル(約60万円)

21週間
約1万ドル(約110万円)
語学学校の
「英語+アート」コース
4週間
約2,300ドル(約25万円)

また、授業料とは別に滞在費もかかります。目安は以下の通りです。

ホームステイ4週間
(朝夕食付き)
約1,400ドル
(約15万円)
レジデンス個室4週間
(食事なし)
約2,600ドル
(約28万円)

その他、生活費や交通費などがかかります。ニューヨークの物価は以下の通りで、日本と比較してもそこまで高くはありません。

  • 水(2L):1.2ドル(約130円)
  • パン(1斤):2.5ドル(約270円)
  • コーヒー:2ドル(約210円)
  • ミュージカル:15~110ドル(約1,600~11,000円)
  • 1週間定期代:31ドル(約3,300円)

ニューヨークに留学して生活の中からアートを学ぼう

ニューヨークは美術館や博物館が多く、アートの街として知られています。美術系学校もたくさんあるので、本格的にアートを学びたい方にはニューヨーク留学がおすすめです。

ニューヨークにアート留学するには、美術系学校に通いながら語学学校に通ったり、英語とアートの両方が学べる専門学校に入ったり、短期の「英語+アート」コースを受講したり、さまざまな留学プランがあります。また美大予備校に通ってからアメリカの美大に進学するのもいいでしょう。

かかる費用は留学方法や学校によって異なるため、各学校の授業料や滞在費を調べる必要があります。ぜひ自分にあった留学プランを選択し、アートを学んでください。

ニューヨーク
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい