エディスコーワン大学(Edith Cowan University)難易度や学費、大学の特徴は?

エディス・コーワン大学(Edith Cowan University)、通称ECUは21,000人の学生が通う大きな大学。西オーストラリア州の州都パースにある公立大学です。留学生も多く受け入れており、約3,600人が学んでいます。

運動・健康科学、観光学(ツーリズム&ホスピタリティ)、看護学なども高い評価を受けています。さらには、ビジネス、航空学、メディア・コミュニケーション学、演劇なども盛んです。

ここではエディスコーワン大学の特色や学費、入学に必要な条件などについて、くわしくご紹介します。

エディスコーワン大学の特徴

新しいチャレンジを応援する校風

エディスコーワン大学は、西オーストラリア州でもっとも新しい大学です。大学の名前は、オーストラリア初の女性議員となったエディス・コーワン氏に由来しています。オーストラリアの50ドル紙幣にも描かれている女性です。

女性の政界進出の先駆けであったエディス・コーワン氏を校名に持つことから想像できるとおり、新しいことにチャレンジする学生を応援し、学生同士のリスペクトを後押しする校風を持っています。

▼大学内のフィールド。写真左上部スタジアムに浮かび上がっている顔の女性が学校名の由来となったエディス・コーワン氏です。

エディスコーワン大学

多様性あふれるキャンパス

留学生向けに大学独自の奨学金制度を設けるなど、移民や留学生を積極的に受け入れているのもエディスコーワン大学の特徴です。

また、2019年の法改正以来、大学または大学院を卒業した留学生は3年の間、西オーストラリア州に滞在し働くことができるようになりました。オーストラリアで仕事をしてみたい、いずれは永住権取得を目指したいという学生にとっては大きなメリットとなっています。

エディス・コーワン大学の学部

エディスコーワン大学で開講している学部は以下のとおりです。

学部専攻
芸術&人文学部犯罪学
心理学
商学
メディア&コミュニケーション
カウンセリング
デザイン
社会学
ソーシャルワーク
青少年教育
ビジネス&法学部スポーツ、レクリエーション、イベントマネジメント
商学
ホスピタリティ&観光
法律
マーケティング、広告、PR
スポーツ科学
スポーツビジネス
エンジニアリング&テクノロジー航空工学
土木&環境工学
コンピュータ
計装・自動制御テクノロジー
電気・再生可能エネルギー
海洋工学
電子機械工学
造船工学
石油エンジニアリング
モータースポーツ
医療&健康科学健康科学
医療科学
生物医科学
スポーツ科学
スポーツビジネス
リハビリテーション
作業療法
救急医療
医療言語聴覚士
看護&助産看護
助産
サイエンスコンピュータ
テロ対策セキュリティと情報
生物科学
サイバーセキュリティ
環境マネジメント
海洋・淡水生物学
教員教育幼児教育
初等教育
中等教育
演劇アボリジニ舞踊
演劇
舞踊
ライブ制作
音楽ビジネス
ミュージカル
映像パフォーマンス
教育
舞台芸術

有名な学部(1) 演劇学部

エディスコーワン大学の演劇学部は、オーストラリア屈指の規模とレベルを誇る看板学部のひとつです。ここの卒業生でもっとも有名なのが、ハリウッド俳優ヒュー・ジャックマンです。

▼母校エディス・コーワン大学で学生の質問に応じるヒュー・ジャックマン

Hugh Q & A session with WAAPA students

Western Australian Academy of Performing Arts (WAAPA)さんの投稿 2014年5月17日

ヒュー・ジャックマンが学んだ学部の正式名称はウェスタン・オーストラリアン・アカデミー・オブ・パフォーミング・アーツ(Western Australian Academy of Performing Arts)。通称『WAAPA』の名で知られています。

演劇のほか、ダンス・音楽・ミュージカル・舞台芸術・制作(衣装・デザイン・照明・脚本・音響・舞台管理)、アートマネジメントなどのコースが開講されています。

ECUのパフォーミングアーツ
エディス・コーワン大学の演劇学部

学部での長期コース以外に、1日マスタークラスや6~10週間程度の短期コースも開講されています。既に俳優として成功している人から修行中の人が、より高みを目指すのに活用しているのだとか。なかにはティーンエイジャーから参加できるものもあるため、将来の進路を迷っている人が自分の本気を試すのに、良いチャンスともなるでしょう。

有名な学部(2) 看護学部

エディスコーワン大学の看護学部は西オーストラリア州最大規模を誇ります。

有事の際の救急医療システムも備えるほか、地域最大級の産科としても大きな役割を果たしています。

エディスコーワン大学の看護学部

有名な学部(3)航空学

エディスコーワン大学は西オーストラリア州で唯一となる航空工学ディグリーを開講しています。

エディスコーワン大学の航空学

有名な学部(4)スポーツ科学

エディス・コーワン大学のスポーツ科学分野は世界の先駆けとなる研究をしています。スポーツ科学の先進国アメリカにも劣らないレベルを誇り、在学中に多数の資格を取得できます。

エディス・コーワン大学の運動・健康科学部では日本人の野坂和則教授(運動・健康科学部教授/運動スポーツ科学研究センター長)が教えておられます。先生によると、今までに卒業した日本人留学生はスポーツの専門機関で研究を続けたり、コーチ養成に手腕を発揮したり、スポーツに深く関わる製薬会社で力を注いだり、と新しいスポーツの世界を生み出すべく活躍をしているそうです。

エディスコーワン大学のスポーツ科学

有名な学部(5)ホスピタリティ・観光

エディス・コーワン大学の特筆すべき専攻といえば「観光学」です。ECUの卒業生は卒業と同時に即戦力として羽ばたけるだけの素養と経験を積みます。

授業の一環として義務付けられているインターンシップでは、研修先として「ハイアット・リージェンシー」「クラウン・メトロポリタン」など五つ星ホテルがずらりと並びます。

また、エディス・コーワン大学にはクルーズ船観光学研究の第一人者が教鞭をとっているなど、他校の観光学とは一線を画した授業が受けられます。

▼エディス・コーワン大学で観光学を学ぶCHIEさん。インタビュー記事『ぜんぜん内向きじゃない日本の若者たち【パース編】』で詳しく語ってくれました。
エディス・コーワン大学ちえさん

スタイリッシュで色鮮やかなキャンパス

エディス・コーワン大学は緑豊かな広大な敷地内にスタイリッシュなキャンパスを持つことでも知られています。最後に、エディス・コーワン大学の彩豊かな校内をお届けします。

▼エディス・コーワン大学の象徴となるジュンダラップキャンパスの正面玄関。

エディスコーワン大学ジュンダラップキャンパス

▼豊かな水をたくわえた池からは勢いよく噴水があがっています。

エディスコーワン大学中庭の噴水

▼図書館

エディスコーワン大学図書館
エディスコーワン大学・キャンパス夜景

エディス・コーワン大学の難易度とレベルは?

オーストラリアには偏差値はない

日本の大学受験では偏差値が主な基準となっている一方、オーストラリアには偏差値制度はありません。代わりにいくつもの評価基準があり、総合的に大学のレベルが判断されます。判断基準としては、例えば以下の項目が挙げられます。

  • 学校の設備がどのくらい整っているか
  • 教育制度や研究制度が充実しているか
  • 地域へどれくらい貢献しているか
  • 自然環境かどれくらい良いか
  • 多様性は確保しているか
  • 在学生・卒業生の満足度

日本のレベルで例えるとどのくらい?

オーストラリアの大学と日本の大学を単純に比較するのは難しいので、世界大学ランキングで見てみましょう。

THE世界大学ランキング2021によると、エディスコーワン大学のオーストラリア国内ランキングでは28位です。世界総合ランキングでは400位台、創立50年以内の『新しい大学』ランキングでは世界92位(2020)となっています。

日本の大学で近いランキングの大学には、たとえば総合ランキング400位台の九州大学、『新しい大学』ランキングの近い順位では79位の産業医科大学などがあります。

専攻分野ごとに見てみると、エンジニアリング&テクノロジーや健康科学、教育、心理学、ビジネスなどの分野は難易度が高い傾向にあります。

また、まだ若い大学であるエディスコーワンは、年々その総合ランキングを上げています。将来は名門大学の仲間入りをし、地域や世界に貢献する大学になる期待が持たれています。

エディスコーワン大学への入学について

エディスコーワン大学では、最終学歴の成績証明書、英語能力証明(学部によって追加書類が必要な場合あり)などを提出して審査を受けます。

エディスコーワン大学へは直接出願できる

オーストラリアの大学に入学する通常のルートは、日本の高校卒業後『ファウンデーションコース』と呼ばれる大学準備コースや日本の大学の一般教養課程(ほとんどの場合2年生修了まで)、またはオーストラリア国内のTAFEという教育機関を経由して入学します。

しかし、エディスコーワン大学はこの『経由』をせずに、高校卒業後に直接出願できる特例大学です。大学課程は3年間なので、もし日本の高校から直接エディスコーワン大学へ入学したら、日本の大学生よりも少し早く卒業する場合もあります。直接出願の資格の有無は高校の成績に基づいて判断します。

英語力はどれくらい必要?

留学生の出願の場合、必ず英語力の証明が必要です。

■大学
<英語能力(以下のいずれか以上。学部により異なる場合あり。)>
IELTS 6.0 (no individual band less than 6)
TOEFL iBT 70 (no individual score less than 17)
TOEFL 550 (paper based) including TWE of 5
Pearson English Test 57 with no score less than 50

英語力が不足している場合は提携の語学学校を経由する方法もあります。

▼提携英語学校の例

  • Phoenix Academy
  • PICE-Perth International College of English
  • PIBT-Perth Institute of Business and Technology
  • IIBT-International Institute of Business and Technology

■大学院
・コースワーク(講義主体)の場合
<英語能力(以下のいずれか以上。学部により異なる場合あり。)>
IELTS 6.5 (no individual band less than 6.0)
TOEFL iBT: 84 (with no score below 17)
TOEFL: 573 (paper based) including TWE of 5.0
Pearson English Test: 64 with no score less than 58

<最終学歴>
学士号相当以上(5年以上の職歴で評価される場合もある)

・リサーチ(研究・論文主体)の場合
所定のフォームに研究分野を記入して申請。学校が該当分野に関心を持った場合は連絡があり、必要書類(成績証明書、最終学歴証明書、リサーチ・プロポーザルなど)を提出。

ファウンデーションコース経由ならスムーズに入学できる

高校卒業後、直に入学できるエディスコーワン大学ですが、英語ネイティブであったり、きわめて高い英語力がある学生以外には不安も大きいでしょう。

多くの日本人留学生はファウンデーションコースを経て入学します。ファウンデーションコースの期間は1年弱。大学で授業についていけるだけの英語力を磨くほか、授業での発言の仕方やノートの取り方、議論の仕方、提出物の仕上げ方、専攻ごとの一般教養科目などを学び、大学に入学したときに困らないようなスキルを身につけます。

エディスコーワン大学は成長している大学

多様性と平等、チャレンジ精神を応援してくれるエディスコーワン大学。日本人学生からの人気も高く、年々レベルが上がっています。

キャンパスはオーストラリアらしい広大で自然な魅力にあふれ、デザイン性に満ちた学生生活になるでしょう。

特に、観光学やホスピタリティ、スポーツ科学などに興味がある人は、この機会にエディスコーワン大学への留学を検討してみてくださいね。

取材協力:西オーストラリア州政府
StudyPerth(公式・日本語)
Study in Perth Japan Facebook
Study in Perth Japan Twitter

文: 若松千枝加(留学プレス編集長)

エディスコーワン大学
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい