クイーンズランド大学(オーストラリア)の特徴を留学生が伝えます!【海外大学留学レポート】

  • 2021年11月30日
  • 2021年11月30日
  • 未分類

クイーンズランド大学(The University of Queensland、通称UQ)は、オーストラリア北東部に位置するクイーンズランド州の都市ブリスベン(Brisbane)にある総合大学です。

1909年に設立されたクイーンズランド州最古の大学です。オーストラリア内トップ8大学の1校でもあるこの名門大学には、国内やその他多くの国から優秀な学生が集まります。

大学のあるブリスベンは1年の300日以上が晴れと言われるほど、とても暖かく天気に恵まれた都市です。街の中心部は川に囲まれ、至る所に緑が広がる自然溢れた都市です。と同時に中心部には高層ビルが立ち並び、公共交通機関も充実しています。

さらに近年は都市の人気や人口も増え、新しいショッピング施設やおしゃれな飲食店も増え続けています。移民も多く多様な人種で溢れているため、とても住みやすく心地の良い街です。

そんな緑と水の都ブリスベンに、主に4つのキャンパスを持つUQ。本記事ではその中でも私が現在通っている、主要キャンパス4つのうち学生数が最も多いセントルシア(St Lucia)キャンパスについて紹介します。

学生の約4割は留学生!多様な文化が交わる環境で学ぼう

134カ国から集まる多様な留学生

5万人を超える学生のうち、約4割は134の国々から集まった留学生です。アジアやヨーロッパ、アフリカそして南アフリカまで、キャンパス内では常に様々なバックグラウンドを持つ学生達と出会います。

留学生への手厚いサポート

留学生に向けたサポートやサービスも充実しています。

キャンパス内にあるUQカレッジ(UQ college)では、英語力に自信がない人や、入学に必要な英語試験の点数が足りない人のための英語コースが受けられます。

またアジア諸国からの留学生は基本的に自国とオーストラリアの教育カリキュラムの違いから、大学本入学前に約1年間の準備コース(Foundation year)を受ける必要があり、そのコースもこのUQカレッジで受講可能です。

新入学生のためのウェルカムウィーク

毎新学期1週目はオリエンテーションウィーク(Orientation week)です。オリエンテーションウィークでは新入学生の為に施設案内や学部履修説明会、その他様々なセミナーやイベントが開催されます。

また2週目には、クラブ団体やボランティア団体などが各ブースで勧誘を行うマーケットデイ(Market Day)が開かれます。初学期6週間をリードしてくれるメンター制度もあり、UQでの大学生活を気持ちよく始められるよう様々なサポートを受けられます。

自然溢れるのびのびとしたキャンパス!

広さは東京ドーム約24個分

500棟以上もの建造物が立ち並ぶキャンパス。その広さはなんと東京ドーム約24個分にも及びます。移動に多少苦労することもありますが、海外映画やドラマを観て夢みたような広々としたキャンパスライフを楽しめます。

芝生エリアで勉強や昼寝

キャンパス内中心部には広々とした芝生エリアがあり、人気スポットとして授業の合間にここでお昼寝や勉強をする学生が沢山います。また時には、ギターの弾き語りや飛び込み参加型バレーボールなどのイベントも開かれ、常に賑やかさで満ちています。

湖や木々に癒される

その他にもキャンパス内には自然があふれています。湖やオーストラリアならではのジャカランダ並木もあり、至る所に美しい風景や自然を感じられる癒しスポットが沢山あります。

美しい建築と豊富な設備

州遺産になっている建物

セントルシア(St Lucia)キャンパスは、1927年設立から続く歴史あるキャンパスです。

上記で紹介した芝生エリアとその周辺の建築はザ・グレートコート (The Great Court)と呼ばれ、クイーンズランド州遺産にも登録されています。中心の芝生エリアを囲むように並んだ柱と通路が特徴で、特に夜は映画のような雰囲気をも感じさせます。

豊富な設備

キャンパス内には計7つの図書館があり、うち4つは24時間365日利用可能です。また、計28つものカフェ、レストラン、コンビニに加え、アートミュージアム、運動場やプール、ジムなどの運動施設も豊富にそろっています。

子供がいる学生をサポート

UQには、社会人経験を経て大学入学をした学生や、子供が十分に育った為また大学に勉強をしに戻ってきたという学生も数多く在学しています。その為キャンパス内幼稚園や子供預かりサービスなど、子供がいる学生をサポートするためのチャイルドケア施設も徹底されています。

必見!キャンパス内イルミネーション

キャンパス内のあちこちで見られる、季節に合わせた華やかなイルミネーションも魅力の1つです。観覧のため、在学生に加え多くのブリスベン住民がキャンパスを訪れます。

船で大学へ!?川に囲まれた都市ブリスベンならではの通学手段

バスや自転車に加え、フェリー通学も

ブリスベンは、都市中心部が大きな川「ブリスベンリバー(Brisbane River)」に囲まれ、川と共存する街とも言われます。

そんなブリスベン市内から約7キロに位置するセントルシア(St Lucia)キャンパスの主な通学方法はバス、自転車、車に加え、水上を走るフェリーでの通学も人気です。

景色を楽しむ各停フェリーとスピーディーな急行フェリー

各停フェリーではのんびり景色を楽しみながら、主要ストップのみを結ぶ急行フェリーでは目的地へ素早く移動が可能です。夕方タイミングが合えば、船から美しい夕日を見ることもできます。

豊富なイベントとクラブ活動で様々な仲間達と交流しよう!

200以上ものクラブ団体

UQには計200を超えるクラブ団体が活動しています。オーストラリアでは外せないサーフィンやダイビングクラブに加え、空手や剣道クラブも人気です。

毎新学期2週目に開かれるマーケットデイ(Market Day)で各クラブ団体のブースを回り、自分の気になるものを探したり、体験を申し込むことができます。

年間を通して数々のイベント

イベントも毎年多くの数が開催されます。ザ・グレートコート (The Great Court)での野外映画祭や、動物園、島への団体トリップなどが魅力的なほか、キャンパスにラマやコアラがやってくる、オーストラリアならではのイベントも外せません。

クイーンズランド大学での授業

私が所属する学部、リベラルアーツとは

私が現在所属している学部は、リベラルアーツ(Bachelor of Arts)といいます。UQの中で最も総合的な分野や学びの機会を設けている学部です。

多角的な視野と柔軟な思考力の養成を目標とし、 人類学、社会理科学、言語学などを中心とした45種類以上もの分野から、自分の興味ある授業を柔軟に選択し履修することができます。

なぜこの学部を選んだのか

私は入学当時、自分が本当に学びたいことは何なのか、まだはっきりと確信していませんでした。そんな私にとって、幅広い分野の授業を設け、卒業までの履修プランの変更も他の学部と比べとても柔軟なこのリベラルアーツに惹かれ、所属を決めました。

リベラルアーツの特徴とその魅力

リベラルアーツでは履修プランを構成する際、自分がいくつ、そしてどれだけ深く専攻や副専攻を学ぶかの選択肢も豊富です。拡張専攻1つ、専攻と副専攻を1つずつ、そして専攻1つの副専攻2つ、の3パターンから選べます。

私は興味のある分野が沢山あった為、3つ目のパターンを選択し、現在は専攻としてメディア社会学、副専攻としてジェンダー学とフランス語を学んでいます。

履修している授業では、同じリベラルアーツの学生だけでなく、その他様々な学部の学生とも出会うことができ、多様な知識や視点に触れられるのが魅力です。

オーストラリア・ブリスベンという新しい地で、様々なものに触れ、多様な人達に出会い共に学びたい。リベラルアーツ、そしてクイーンズランド大学はそんな好奇心に溢れ、多くの出会いを求める人にぴったりの大学です。

クイーンズランド大学の学費や学部、入学条件などはこちら

参考:UQ公式動画 / キャンパスバーチャルツアー

▼youtube公開 学校紹介動画

▼キャンパスバーチャルツアー

https://uq.youtour.com.au/#uqstlucia

クイーンズランド大学留学レポート
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい