英語を学ぶ語学留学の滞在方法「ホームステイ」とは?

ホームステイとは、一般家庭に滞在し、生活体験をしながら学ぶステイ方法のことです。学生はその国の家族と一緒に暮らすことにより、現地の暮らしを体感することができます。一緒に暮らすことでしか体験できないような習慣や文化を学べるのが大きなメリットです。

またアパートなどを借りて生活するよりも、比較的安価に滞在できるのも魅力の1つ。

しかしホームステイはメリットばかりではありません。デメリットもきちんと知っておくことで、ホームステイが自分に向いているかどうか判断できるようになるでしょう。

そこでこの記事ではホームステイの概要や種類、メリット・デメリット、ホームステイに必要な費用の目安などをご紹介します。

ホームステイに興味がわいたら

ホームステイとは

ホームステイとは

ホームステイとは、海外生活を送る上での滞在先の選択肢の1つです。ここではホームステイの概要や種類についてご紹介します。

ホームステイの概要

ホームステイとは、現地の家族の家に泊まる滞在方法です。その国の家族と一緒に生活することにより、現地での暮らしを直に味わえるのが魅力。一緒に暮らすことでしか味わえない文化や習慣を知ることができます。

また比較的安価に個室と食事が提供されるのもメリットの1つです。

ホームステイの種類

・ホームステイしながら通学

ホームステイをしながら語学学校や高校、大学などに通う方法です。

・夏休み/春休みの体験ホームステイ

主に中高生などのジュニアが行う方法です。

世界の家庭での生活や文化を体験するために数日~2週間ほど滞在し、現地の家族と一緒に過ごします。

・教師宅ホームステイ

教師の自宅に住んで、家でレッスンを受けながらステイする方法です。通学しなくても良いので安心です。一般的に1~4週間程度の短期留学を行ないます。

レッスン内容は英語、ピアノ、歌、絵画、料理など多岐にわたります。

ホームステイする前に知っておきたいこと

ホームステイする前に知っておきたいこと

ホームステイに興味を持っている人は「どれくらい英語力が必要なのか」「英語が苦手な場合どうすればいいのか」など、不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

ここではホームステイ前に知っておきたいことや心構えについてご紹介します。

英語が話せなくても大丈夫なのか

どのくらいの英語力が必要なのかについては、何を目的として留学するか、どんなホームステイを望んでいるかによって異なります。

たとえば「大学に入って単位を取りたい」「将来的に海外で働けるような英語力を身に付けたい」と考えている人なら、ホームステイ先でも受け身の会話だけでなく自分から話題を作っていくコミュニケーション力も身につけたいところ。

一方「不安だけど海外で英語を学んでみたい」「短期だけど海外の文化に触れたい」という場合は、初心者レベルでも受け入れてくれるホストファミリーに滞在することができます。

どうやって英語力を鍛えばいいのか

ホストファミリーは、英語が拙い人を受け入れる事に慣れています。そのため、英語に自信が無くても積極的に話しかけてコミュニケーションを取ることで、英語力が鍛えられるでしょう。

ただし短期の場合は、あまり話せないうちに留学生活が終わってしまうかもしれません。そうならないために、日本にいるうちに「ホームステイ先で使うことの多いフレーズ」などを覚えておきましょう。

食事中に使える英会話のフレーズを別記事「留学中のホームステイ。食事中に使える英会話フレーズ」でご紹介していますので、参考にしてみてください。

ホームステイのメリット・デメリット

ホームステイのメリット・デメリット

ホームステイはメリットも多いですが、デメリットも存在します。

ホームステイを決める際にはメリットだけでなく、デメリットも理解しておきます。

ここではホームステイのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・現地の人の生活を体験できる

ホームステイで留学生を受け入れているのは、主にその国の一般的な人々です。その家庭内で生活するため、現地の習慣や文化をありのままに体験できます。

授業を受けるだけでは体験できないような「学び」を得られるのが大きなメリットです。

・知らない街でも知り合いができるので安心

留学は知らない街で過ごすため、不安になる方も多いです。しかしホームステイなら初めての国や街でも、到着してすぐにホストファミリーといいう知り合いができます。

不安だらけの留学でも、頼れる人がすぐ身近にいるということは心の支えになってくれます。

また英語の練習相手になってくれる場合もあります。

・食事の心配がない

一般的に、ホームステイの費用には1食、2食、土日3食など食事が含まれています。

慣れない海外での暮らしの場合、つい食事がおろそかになってしまうこことも珍しくありません。

しかしホームステイなら、ホストファミリーが食事を作ってくれるので、食事の心配がありません。また現地の人々の食生活を知ることもできます。また一緒に食事をするという楽しみもあります

デメリット

・家族に気を遣う場面もある

他人の家に住むため、気を遣う場面もでてくるでしょう。言葉がまだうまく話せないうちからお世話になるため、コミュニケーションが難しいこともあります。

そのため我慢や遠慮するケースにはストレスが溜まることも。

こうした事態にならないように、事前に会話で使えそうなちょっとした単語などを練習しておくのがおすすめです。

・完全にマイペースな生活は難しい

ホームステイ中は、ホストファミリーの生活リズムや家庭のルールに従って生活しなくていけません。そのため少し窮屈に感じることもあります。

たとえばホストファミリーがパーティーをしたり、人を呼んだりした場合、その予定に合わせなければいけないこともあります。

自分のペースで生活したいという方は、学生寮やアパートなど、他の滞在方法も探してみましょう。

別記事「ホームステイで失敗せずホストファミリーと良い関係を築く基本中の基本とは?」ではホストファミリーと良い関係を築くための基本や心得などをご紹介していますので参考にしてみてください。

国別ホームステイの費用

国別ホームステイの費用

ホームステイは、基本的にアパートなどに住むよりも安価に済むことが多いです。

ここでは、国別のホームステイ費用の目安をご紹介します。

週毎1名分のホームステイ費用の目安(2021年3月現在)

国(都市)朝食付き(個室)朝夕食付き(個室)
イギリス(ロンドン)約155ポンド(約23,000円)約205ポンド(約30,000円)
アメリカ(NY)約275ドル(約29,000円)約345ドル(約36,000円)
カナダ(バンクーバー)約200カナダドル(約16,000円)約235カナダドル(約19,000円)
オーストラリア(ブリスベン)約205オーストラリアドル(約17,000円)約270オーストラリアドル(約23,000円)
ニュージーランド(オークランド)約230ニュージーランドドル(約17,000円)約295ニュージーランドドル(約23,000円)
マルタ(セントジュリアン)約210ユーロ(約27,000円)

英語留学の選択肢としてホームステイがあることを知っておこう

ホームステイは、ホストファミリーと呼ばれる現地の家族と一緒に生活する滞在方法です。一緒に暮らすことでしか体験できないような貴重な体験をできるのが魅力です。

しかしマイペースに生活ができなかったり、ホストファミリーの生活ルールに合わせなければいけなかったりなど、制約も多いです。

またホームステイではコミュニケーションがとにかく大切です。ホストファミリーと良い関係を築くには、積極的に話し、コミュニケーションを取ることが求められます。日頃からコミュニケーションを取っておけば、トラブルなどのいざという時にも頼りになります。

またホームステイのプライバシーをきちんと尊重することも大切です。

これらのことを踏まえて、自分にとってホームステイが最善の方法であるか、留学前にしっかり考えておきましょう。

飛行機

あなたがやってみたいのはどんな留学ですか?

留学について
わからないこと
・心配なこと

があったら

海外でやってみたいことを選んでください(いくつでも)
最適なパンフレットが国内外の留学会社から届きます。
まずはゆっくり読んでみませんか?

英語留学のホームステイ
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい