【ロンドン語学学校ガイド】厳選12校の特徴や費用と選び方

「英語留学でロンドンの語学学校に通いたいけれど、たくさんありすぎて、どう選んだらいいか分からない。」

そんな悩みはありませんか?

ロンドンの語学学校はロンドン市内に多数あり、ロケーション、自分の英語レベルや目的に合った豊富なコース、期間を選べるのでとても魅力的です。

こちらの記事では、ロンドンの語学学校の特徴やメリット・デメリット、厳選した12校の特徴を費用と合わせて詳しく紹介します。

ロンドンの語学学校へ通った経験のある筆者から、自分にぴったりなコースを選ぶためのアドバイスもお話ししておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

ロンドンの語学留学に興味が湧いたら

ロンドンの語学学校の特徴とメリット/デメリット

ロンドンの語学学校には資格保有の講師が常勤し、クオリティーの高い授業が生徒の満足度や学校の評判を後押ししています。

生活面のサポートも充実しています。ほとんどの学校では寮やホームステイ先を紹介したり、空港送迎を行っています。海外留学生活をスタートするのに役立つ手厚いサービスが受けられるのも特徴です。

ここからはロンドン語学学校のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

メリット

・コースの種類が豊富

アートや音楽、大学などが集まるロンドンでは、語学学校でとれるコースの種類が多彩です。

▼コースの例
・一般英語
・大学進学準備コース
・短期サマーコース
・社会人向けのビジネス英語
・英語プラス専門英語
・アート
・デザイン
・料理
・ファッション専門英語
・旅行業用の英語
・法律英語
・小中学生用ジュニアコース

・レベルわけが細かい

ほとんどの学校でレベル分けテストを実施しています。入学時点の自分のレベルに合ったコースからスタートできます。

レベル分けテストは現地で受けるものだけでなく、日本からオンラインであらかじめ受けられる場合もあります。

・短い期間から参加できる

1週間から参加できる学校も多くあります

・放課後や週末の楽しみがたくさん

世界的に有名な博物館、素敵な街並み、面白い観光スポットなど見どころ目白押しです。

学校主催のアクティビティに参加して、国際色豊かなクラスメイトたちと一緒に街へ繰り出しましょう。

学習した英語を生かすチャンスです。

デメリット

・クラスによっては日本人が多い

ロンドンは日本人に人気の留学先のため、学校やレベルによってはクラスメイトの中に日本人が数人いることも。多くの学校では、初中級~中級クラスは日本人率が高めで、クラスのレベルが上がるにつれ日本人率が低くなる傾向にあります。

・生活費が高め

特に家賃と外食が高めです。自分の予算に応じて生活費をコントロールすることが大切です。

・資格にはならない

ロンドンに限らず、語学学校での履修記録は履歴書に書けるような資格にはならないのが一般的です。

厳選12校!語学学校リストと授業料例

※2021年4月現在1ポンド=150円で計算しています。授業料には、教材費や入学手数料などは含んでいません。

フランシス・キング(Frances King)

定評のある独立経営の英語学校だけがメンバーとして認められる、クオリティー・イングリッシュ(QE=Quality English)のうちの一校。

コースの豊富さが魅力で、一般英語のほかにもIELTSなどのテスト対策コース、少人数クラスや親子で通えるファミリープログラム、ロンドン市内でのアクティビティーを盛り込んだユニークなコースなどがあります。

メインの校舎はロンドン中心部にほど近いケンジントンエリア。ロンドンでも指折りの高級エリアで、自然史博物館などの有名博物館、高級デパート・ハロッズ、故ダイアナ妃が住んでいたケンジントン・パレスも徒歩圏内です。

落ち着いた街並みと洗練された雰囲気の中、安心して通学できます。

ファミリープログラムはビクトリア駅近くの校舎で受講できます。ビクトリア駅はイギリス都市部をつなぐ長距離鉄道やバスの始発地点です。子供向けサマースクールの校舎は緑豊かなロンドン郊外のリッチモンドにあります。

授業料例:

▼一般英語

1ヶ月3ヶ月
約17万1600円約41万6000円

▼大学準備コース

1ヶ月3ヶ月
約12万円約35万8000円

https://www.francesking.com/school-of-english-london

ロンドンスクールオブイングリッシュ・ホーランドパークガーデンズ(The London School of English Holland Park Gardens)

学校の名称を略してLSEとして知られます。1912年創立の最も古いイギリスの語学学校です。QE加盟校。ブリティッシュカウンシルの監査では14項目で満点、EL  Gazetteランキングでイギリス国内の語学学校1位に値する質の高い学校です。

中でもホーランドパークガーデンズ校は、大学卒業者や社会人に特化したコースを提供しており、大人向けとして人気あり。

ビジネス、法律、IELTSテスト、社内英語、エンジニア、セールス、ファイナンスなどキャリアアップに最適なコースを豊富に提供しています。

学校は、ロンドン西部ホーランドパークにあり、大人気の大型ショッピングセンター、Westfield近くでとっても便利。

映画ノッティングヒルの恋人で一躍有名になったポートベローロード、日本庭園や放し飼いの孔雀に出会えるロンドンのオアシス、ホーランドパークなど見どころいっぱいのエリアに位置します。

授業料例:

▼一般英語/20歳以上(週24時間)

1ヶ月3ヶ月
約36万3000円約89万7000円

▼ビジネス・プロフェッショナル 25歳以上 (最長8週間)

1ヶ月2ヶ月
約124万2000円約247万8000円

https://www.londonschool.com/

ブリティッシュ・スタディーセンター(British Study Centre)

世界有数の語学教育協会English UKのメンバーで、高い教育サービスを提供する信頼のおける学校です。

コースは一般英語のほかケンブリッジ検定などのテスト対策コース、ビジネス英語、スピーキングとリスニング集中コースなど。

8−17歳向けのサマーキャンプでは、英語学習のほかロンドン市内でのアクティビティーも用意しています。

ロケーションは南ロンドン・サザーク。テムズ川からほど近く、12世紀から続く長い歴史を誇る市場、バラ・マーケットも歩いて行ける距離にあります。

テムズ川沿いには国会議事堂ビッグベンや、11世紀からの歴史がある要塞タワー・オブ・ロンドンなどの観光名所が点在します。歴史を感じながらのゆったりとしたリバーサイド・ウォークは最高ですよ。

授業料例:

▼スピーキング・リスニングスキル

1ヶ月3ヶ月
約12万5000円約35万9000円

▼ビジネスイングリッシュ

1ヶ月3ヶ月
約22万円約59万3000円

https://www.british-study.com/en/

セント・ジャイルス(St Giles)

モダンな学習設備と教育環境が高い評価を得るセント・ジャイルスは、2018年の出口調査と品質管理においてセンター・オブ・ザ・イヤーを与えられました。幅広い年齢層の学生が通い、自由でフレンドリーな環境を提供しています。

コースはIELTSやケンブリッジ検定などのテスト対策、ビジネス英語のほか、一般英語+アートデザイン、インターンシッププログラム、講師向け英語コースなど多様です。また、家族で英語を学べるサマーパッケージのファミリーコースも人気です。

場所はセントラル・ロンドンと北部ハイゲートの二箇所。セントラル校は、ロンドン中心部ながら閑静で落ち着きのあるラッセル・スクエア周辺。有名なランドマーク、大英博物館もすぐ近くです。

ハイゲートは北ロンドンの高級住宅エリア。緑が豊かでこだわりのこじんまりとした商店やブティックなどが立ち並び、上品な雰囲気が漂う著名人が多く住むエリアです。

授業料例:

▼マンツーマン一般英語

1ヶ月3ヶ月
約47万9000円約143万6000円

▼一般英語+アートデザイン

1ヶ月3ヶ月
約21万7000円約57万4000円

https://www.stgiles-international.com/

キングス・エジュケーション(Kings Education)

大学準備コースやテスト対策コース、一般英語+法律、ビジネス・ファイナンス、アート、絵画、デザイン、ファッションなどもあり、英語プラスアルファで勉強したい人にはとても魅力的な学校です。

専門分野を教える教師は博士号を取得しており、より信頼のおける教育環境を提供。

滞在先としてホームステイの手配も行っており、生活の面でのケアも充実しています。

学校はロンドン南東部のベッケンハムにあります。ロンドン中心部からは電車で約20分ほどですが、静かで住みやすいと評判のエリアなので、ホームステイ先や滞在拠点に向いています。

授業料例:

▼一般英語+法律

1ヶ月3ヶ月
約17万9000円約53万6000円

▼IELTS検定コース

1ヶ月3ヶ月
約19万円約57万円

https://www.kingseducation.com/learn-english/

カプラン・コベントガーデン(Kaplan Covent Garden)

語学教育協会English UKのメンバーであり、全ての講師は英語指導資格CELTAまたは同レベルの資格を保有しています。中には応用言語学の修士号保持者も。また、同校は英語指導資格CELTAの試験会場でもあります。

コースは一般英語、ビジネス英語、大学準備コース、試験対策コースと英語教師コースなど。

学校の所在地、コベントガーデンは、ロンドンの中でも特に賑やかで、活気に溢れたエリア。ミュージカル公演が行われるウエスト・エンドもすぐそこ、コベントガーデン駅周辺はハイセンスなブティックやカフェなど軒を連ねるおしゃれなハイストリートや、ショッピング・アーケードがあります。

授業料例:

▼一般英語 週15時間

1ヶ月3ヶ月
約12万6000円約35万3000円

▼中長期アカデミック・セメスターコース 週20時間

5ヶ月6ヶ月
約53万6000円約64万2600円

https://www.kaplaninternational.com/united-kingdom/london/covent-garden-english-school

イーシー(EC)

20年以上の歴史を持つECは、一般英語やビジネス英語コース、アカデミック英語など豊富なコースを設けるほか、30歳以上を対象にした大人向けコースも開講しています。

施設も30歳以上と以下で分けられているため、それぞれに最適な学習設備が用意されています。

ソーシャル・アクティビティー付きのコースを利用すれば、英語学習プラス生徒たちとの交流を深められ、ロンドン市内探索も楽しめます。

最寄駅は、地下鉄のほか国鉄も利用できるユーストン駅。徒歩でも行ける隣駅は、映画ハリーポッターで有名なキングスクロス駅で、パリなど近隣都市を繋ぐ国際鉄道ユーロスターも発着。

駅近くの運河周辺は、近年開発が進む面白いエリアへと生まれ変わっています。世界最大級の大英図書館も近いため、学校外の学習にも役立てられます。

授業料例:

▼一般英語 30歳以上

1ヶ月3ヶ月
約20万3000円約53万円

▼ビジネス英語

1ヶ月3ヶ月
約20万3000円約53万円

https://www.ecenglish.com/en/school-locations/uk/learn-english-in-london

イーエフ(EF)

学生のレベルアップに重点を置いた学習環境を提供しており、6週間ごとに上級へレベルアップできます。

同校のメソッドは大きな効果を期待できますが、コース期間中に向上しない場合は上達するまでの継続期間中無料で学習できます。

コース内容も充実しており、注目はインターンシップや英語+メディア・アート、英語+ファッション・デザインなどのクリエイティブなカテゴリーで役立つコース。

授業外でも様々なイベントが盛りだくさん。ソーシャルライフが充実すること間違いなしです。

テムズ川を挟んで南側ウォータールーに位置するEFロンドン校は、ロンドンの主要ランドマークもすぐそこ。ゆったりとしたテムズ川散策を楽しんだり、観光名所巡りにも最適です。

授業料例:

▼英語+ファッション・デザイン(滞在費込み)

9ヶ月
208万4000円

▼インターンシップ(滞在費込み)※最低4週間の集中英語コース修了後

2ヶ月
約54万8000円

https://www.efjapan.co.jp/ils/destinations/united-kingdom/london/

ユーロセンター(Eurocentres)

図書館や学生用のラウンジなど、嬉しい設備が整うユーロセンターは、モダンで心地の良い学習環境を提供しています。カラフルでポップなインテリアデザインが明るく元気な印象を与え、楽しい気分を引き出してくれそうです。

コース内容は、社会人に役立つ社内英語コースや、ビジネス英語、テスト対策、短期英語教師トレーニングコースなど充実。

場所は西ロンドン屈指の人気エリア、ノッティングヒルゲートやケンジントンも近く、学習拠点に最適です。壮大な王立公園、ケンジントンガーデンズではピクニックを楽しむ人々でいつも賑い、自然の中でゆったりとした癒し時間を過ごせますよ。

授業料例:

▼一般英語コース 週20時間

1ヶ月3ヶ月
約18万3000円約51万3000円

▼集中英語コース 週30時間

1ヶ月3ヶ月
約23万4000円約66万6000円

https://www.eurocentres.com/language-school-london

オックスフォードハウス・カレッジ(Oxford House College)

1974年に開校した歴史ある学校、OHC。教師は英語教育の資格を保有しており、クオリティーの高い授業が評判です。

一般英語、テスト対策コース、ビジネス英語などのコースに加え、会話・発音・文法に特化したコースもあります。読み書きはできるのになかなか話せるようにならない、そんな悩みを抱える日本人留学生には最適。

ロンドンのOHCは2校。一校はロンドンいち混み合うショッピングハイストリート、オックスフォードストリート近くに位置し、常に賑やかで刺激的な雰囲気の中留学生活が送れるはず。ロンドンの中心部のため、各エリアへの移動も楽々です。

もう一校は、ロンドン郊外の緑豊かな高級住宅エリア、リッチモンドにあります。王立公園リッチモンドパークやテムズ川沿を散策したりと、静かにのんびり過ごすには最高の場所。小さく可愛らしい街ながら大手スーパーやショップもたくさんあるので、コンパクトで便利です。

授業料例:

▼会話+発音コース 週15時間 午前クラス

1ヶ月3ヶ月
約13万円約36万9000円

▼集中英語+会話+文法コース 週15時間

1ヶ月3ヶ月
約17万1000円約49万5000円

https://www.ohcenglish.com/country/uk

ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ(Wimbledon School of English)

イギリスの英語教育情報誌、El Gazetteにて審査されるUK Centres of Excellence 2020–2021年版にて高評価を得ており、QE(クオリティー・イングリッシュ)のメンバーでもある人気校。

30歳以上、40歳以上限定の大人向け英語コースや、医療、法律、ファイナンスなどの専門的な学習コースが人気の学校です。

授業外時間には学校内のスタディーセンターを無料で利用でき、予習や復習をサポートしてくれるマネージャーからアドバイスをもらうことも可能。

場所はロンドン南部のウィンブルドン。毎年6〜7月に開催されるテニスの国際大会、ウィンブルドン選手権の会場があります。

のんびりした環境が住みやすいと評判ですが、大きなスーパーやショッピングハイストリートもあり生活するのにすごく便利です。ロンドン中心までは電車で20分ほど。隣町ニューモルデンには韓国人街があり、日系食材も気軽に手に入ります。

授業料例:

▼30+イングリッシュ・フォー・ワーク&ライフ(30歳以上 週20時間)

1ヶ月3ヶ月
約25万2000円約75万6000円

▼ビジネス英語+プロフェッショナルスキル

1ヶ月3ヶ月
約19万7000円約51万5000円

https://wimbledon-school.ac.uk/

マルバーン・ハウス(Malvern House London)

2000年に開校した同校は、最新テクノロジーを利用し快適な学習環境を提供しています。

コースを受講した生徒からの評判も高く、コース内容のほかスタッフのサポートやアットホームな環境、整った学校設備などを気に入ったという声が多数。

ジュニア英語、テスト対策コース、ビジネス英語、講師トレーニングコースに加え一般英語+専門英語のコースが幅広く、法律、メディア、看護、ツーリズム、ファッション、イギリス文化などが選べます。

学校最寄駅は大英図書館や美術館からほど近いキングスクロス駅。

地下鉄、鉄道、バスでアクセス可能です。

トレンディーなイズリントンエリアも近く、マーケットやハイストリーでショッピングを楽しんだり、裏通りの美しい住宅街や運河沿いをゆっくり散策するのもおすすめです。

授業料例:

▼一般英語 15時間

1ヶ月3ヶ月
約15万3000円約40万5000円

▼プロフェッショナルイングリッシュコース 週20時間

1ヶ月3ヶ月
約17万7000円約50万4000円

https://malvernhouse.com/

ロンドンの語学学校を選ぶ際のポイント

ロンドンにある多数の素晴らしい語学学校の中から、たった一つをピックアップするのは簡単ではありません。しかし、ポイントを抑えられれば悩む時間を節約でき、後悔のない学校選びができるはずです。

 抑えたいポイントを以下に紹介していきますね。

学生国籍の比率

英語環境に身を置くためにも、なるべくなら英語で話す機会を増やしたいものです。

学校によっては平均の国籍別割合を公表しています。また、多文化・多国籍な環境を維持するため、学生の出身国が偏らないように上限を設けていることもあります。

立地

ロンドン市内の中でも、エリアによって特徴があります。賑やかで活気に溢れる場所や、自然豊かで人混みも少なく落ち着いた場所、移民が多く住むマルチカルチュラルな場所など。

人によって、住んでみたい場所のタイプは違います。自分がどんな環境で学習するのが合っているのか、ロンドンのエリアリサーチと並行して考えてみると良いでしょう。

住みたい場所が決まっている場合、滞在先からのアクセスの良さも条件となります。

規模

規模の大きな学校の場合、学生数や先生の数も多く、たくさんの出会いや交流が期待できますね。

小規模の学校なら、一人一人と密に関わることができ、先生一人に対する生徒数も少ないので、細かなサポートが受けられるでしょう。

どちらにも利点がありますので、学生数やクラスの数、一クラスあたりの学生数などを把握してみましょう。

目的

ロンドンの語学学校は、一般英語以外にも幅広いコースが充実しています。

期間も短期〜長期まで自由に選べますが、コースの中には期間が決まっているものも。

  • 学んだ英語をどう活かすか
  • 何のために英語を学ぶのか
  • どれくらいの期間留学したいか

など自分の目的をリスト化し、見合う学校に絞っていくことで、自分のやりたいことを叶えてくれる学校に出会えるはず。

授業料

予算に合わせて学校選びをするのも大切な一つの手段です。

授業料は、1週間の授業時間が多ければ多いほど高くなります。午前クラス、午後クラスで料金が変わることも。

また、一般英語コースよりも、専門英語、ビジネス英語、アカデミック英語などの特殊コースの方が割高な傾向にあるため、行きたいコースの料金+期間で細かく授業料を割り出してみましょう。

ロンドンの語学学校なら選択肢がグッと広がる!

ロンドンの語学学校は長い歴史のなかから、質の高い授業と充実した留学生サービスを誇ります。たくさんの語学学校のなかから納得のいく一校を選ぶには、立地、学生比率、費用、コースなどを比較して検討するのがおすすめです。

なんといっても ロンドン語学留学の魅力は「世界中の学生と一緒に学習できること」と「学んだ英語を通して外国人たちと理解を深めていくこと」。

英語学習と同じくらい、他国の文化を学んだり、多国籍の人々と触れ合うことは大切と思えるはず。

暖かい学校スタッフや教育熱心な先生、世界中からのクラスメイトたちがあなたを待っています!ぜひあなたにとっての最適な語学学校を見つけてくださいね。

ロンドンの語学学校
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい