ロンドンで語学留学!特徴や選べるスタイル、費用やメリット・デメリット

ロンドンは英語を学べる語学留学先として人気の街。人気の秘訣は色々なスタイルの英語学習方法を選べることです。

「学校の夏休みに短期で語学留学したい」

「社会人になったあとでも、仕事に役立つ英語力を身につけたい。」

「語学と合わせてアートや音楽なども学びたい」

といった多彩な要望に応え、一般英語や専門英語、大学進学準備向けコースなど、目的に合わせて期間やコースを提供しています。

コスモポリタンな大都市ロンドンは、世界中の学生に大人気の留学先。多国籍なクラスメイトと一緒に英語の基礎をしっかり学べます。

この記事では、子どもから大人まで幅広い年齢層に人気のロンドン語学留学の実態を詳しくお伝えいたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

語学留学に興味が湧いたら

ロンドン語学留学の特徴と種類

イギリス・ロンドンの街並み

まずはロンドンの語学留学の特徴と、豊富な語学留学の種類をご紹介しましょう。

多国籍な生徒たちとブリティッシュイングリッシュを学ぶ

ロンドンには、世界各国から語学留学生が訪れます。クラスメイトの国籍が皆バラバラなんてこともあり得るほど、インターナショナルな環境で学習できます。

また、イギリスで話される英語はブリティッシュ・イングリッシュ(British English)。同じ英語でも、アメリカ式とイギリス式でスペルや発音方法が違います。

リズミカルで気品あふれるブリティッシュ・イングリッシュの特徴に、容認発音RP(Received Pronuciation)があります。これは王族や公共放送で話される発音であり、語学留学生は本場でRPを学ぶことができますよ。

目的に合わせて選べる語学留学の種類

今後の進路やキャリアに活かせるよう、自分に合った英語学習を実践できるのがロンドン語学留学です。

選べる語学留学の種類を三つお伝えしましょう。

①一般語学留学

英語力に自信がない人でも安心。一般英語コース(General English)はビギナー(初級)からアドバンス(上級)まであり、自分の英語力に適したレベルから始められます。

英語力が上がったらクラスをレベルアップすることもできます。クラスが合わない場合は他のクラスへ変更することも可能です。

②専門英語

ビジネス英会話やケンブリッジ英語検定などのテスト対策、医療やホスピタリティ、ファッション・美容など専門分野の英語をみっちり学べます。

コースによっては受講にあたってある程度の英語力が必要な場合があるので、一般英語コースを経てから専門英語のコースをスタートすることもできます。

③大学準備コース

イギリスの大学に入学するには、講義を受ける上で読み書きや聞き取りに支障をきたさないだけの英語力を身につけておく必要があります。また、大学では課題や論文もこなさなければいけません。

大学準備コースはアカデミック・プレパレーション(Academic Preparation)と呼ばれ、レポートの書き方や文献の読み方、ディスカッションやスピーチの練習など、大学入学後に困らないためのスキルを教えています。

なお、アカデミック・プレパレーションとは別に「ファウンデーションコース」と呼ばれる大学進学コースもあります。こちらは日本とイギリスの教育制度の違いを埋め、スムーズに大学に進学できるように専門科目や準備科目を教えてくれる1年間のコースです。語学コースではありませんが、大学進学を目指す高校生は覚えておきましょう。

ロンドンに語学留学する人たちの特徴

共に学ぶ

中高生から社会人まで多彩な年齢層

ロンドンの語学留学は選ぶコースや学習スタイルによって幅広い年齢層をターゲットとしています。

・高校を卒業してすぐに大学準備コースへ通う人
・学校の夏休みを利用して集中的に英語を学びたい、短期留学をする中高生
・心機一転、英語習得のための長期留学にチャレンジしたい社会人
・ロンドンで就労体験をしながら英語も勉強したいワーキングホリデー留学生

このように、年齢や職業が多彩なのがロンドン語学留学の特徴です。

ダンスやアートなどを志す人

芸術の街、ロンドン。

ウエストエンドで開催される世界的に有名なミュージカル、トップダンサーの競演が見られるロイヤルバレエは必見です。

ダンサー志望の人は、英語を学びながら現地のスタジオへ通ったり、アートを勉強中の人は本場で感性を磨くことができ、「英語+α」が実現します。

そして、ロンドン中にある美術館や博物館では上質なアートに触れられます。

語学学校で「英語+アート」「英語+デザイン」といったコースを開講していることも多いので、ぜひ参加してみてください。

ビジネスに活かしたい人

近年のグローバル化により、国内で仕事をしていても英語を使う機会が増えてきた、という人も多いのではないでしょうか。

「ビジネス現場で即戦力となるような英語力を身に付けたい」
「商談やプレゼンテーションを成功させるための英語力が欲しい」
「好印象を与えるEメールの書き方を学びたい」

などの悩みを持つ人のために、ロンドンではビジネスマンのための英語コースが多く開講されています。

欧州やアジアの社会人からのニーズも高く、「30歳以上限定」や「リーダー向け」といった形で社会人専用のエグゼクティブコースを持っている学校も。社会人同士で交流したい人や、短期でも集中的に学びたい人に人気があります。

ロンドン語学留学のメリット

ロンドン博物館

世界各国から学生が集まるロンドンなら、本場の英語を習得できるほか、刺激的でユニークな留学体験ができることは間違いありません。

ロンドン語学留学のおすすめポイントを順にお伝えいたします。

入学時期や学習期間を選べる

語学留学では専門コースを除き、入学日やコース期間に縛りがないことが多いです。

例えば、一般的な語学学校では入学日は毎週月曜日、コースもフルタイムやパートタイムを選べます。

期間は短期希望なら1週間から、長期なら11ヶ月以上と自分次第で自由自在。

本格的に留学する前のトライアル期間としても気軽にトライできるのが魅力です。

自分の目的や語学力に合ったレベルやコースを選べる

語学留学の良いところは、コース開始前に語学力を必要としないことです。

そのため、初心者でもやる気さえあれば英語を学ぶことができます。一方、一般英語だけでは物足りない人は、上級レベルやビジネス英語クラス、専門英語クラスでどんどんスキルアップできます。

放課後の楽しみが豊富

語学留学なら、フルタイムでも週に15時間ほど。

主にコースは午前か午後に分かれているので、多くの時間を自分時間にあてられます。

ロンドンは学校の外でも楽しみや学びがたくさん

・クラスメイトたちと交流
・ロンドンの名所を巡る
・ティールームやレストラン、パブ
・同じ趣味を持つ仲間のコミュニティーに参加してみる
・図書館で授業の予習、復習
・老舗デパートやハイストリートでショッピング
・ローカルエリアの街歩きでイギリス人の生活に触れる

など、過ごし方は自由自在です。

また、無給のインターンシップにチャレンジしたり、ワーキングホリデービザなど就労可能なビザがあれば報酬を得ながらアルバイトするのも可能です。

ロンドン留学のメリットとデメリットについて詳しくみる >

ロンドン語学留学のデメリット

学校によっては日本人が多い

ロンドンは、日本人留学生にすごく人気の高い都市です。学校やクラス、時期によっては日本人学生がいることもあります。

慣れない土地で暮らす中、同じ日本人との出会いは嬉しいものですが、どうしても日本語で会話する時間が多くなってしまいます。

日本人留学生同士であっても英語で話すという覚悟が必要です。

生活費が高い

物価が高いことで有名なロンドン。英語留学ができる世界の都市と比べると、留学期間中の生活費は高めです。

特に家賃はについては、どこを拠点とするか、共有スペースの有無などで生活費がかなり左右されます。

留学前にしっかりとした下調べをし、どんなものにどれくらいの金額がかかってくるのかを知っておくといいでしょう。

修了しても公的な資格として扱われることが少ない

コースを修了時には、修了証(Certificate)が発行されますが「資格」と呼ぶには乏しいでしょう。

日本の履歴書に記載する場合も、大学の学位や単位を習得したわけではないため、基本的には学歴とみなされません。

しかし、中には留学経験があることが希望の職種に役立ったり、応募する企業から興味を持ってもらえるということもあるため、積極的にアピールできる材料となります。

ロンドン語学留学の費用

ロンドンの街のユニークなアート

ロンドンに語学留学するのにかかる必要費用は、コース期間や種類、選ぶ学校によって変わります。また、人それぞれの生活スタイルによってもピンからキリまで。

費用を算出するポイントは、英語学習の目的、希望する期間、自分の生活スタイルを明確にしておくことです。

こちらでは、一ヶ月、三ヶ月、半年、一年に分けてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【1ヶ月】語学留学費用の内訳

学費約9万円〜22万円
食費約4万5000円〜17万8千円
家賃約5万円〜18万円
交通費約1万1000円〜2万5000円
通信費約900円〜1万5000円
合計約20万円〜62万円

【3ヶ月】語学留学費用の内訳

学費約25万円〜60万円
食費約13万5000円〜50万円
家賃約15万円〜54万円
交通費約3万円〜7万5000円
通信費約2700円〜4万円
合計約57万円〜175万円

【6ヶ月】語学留学費用の内訳

学費約50万円〜130万円
食費約27万円〜100万円
家賃約30万円〜110万円
交通費約6万6000円〜15万円
通信費約5400円〜9万円
合計約114万円〜364万円

【1年】語学留学費用の内訳

学費約100万〜260万円
食費約54万円〜214万円
家賃約60万円〜216万円
交通費約13万円〜26万円
通信費約1万1000円〜18万円
合計約230万円〜730万円

※2021年3月現在1ポンド=148円で計算。ビザ代、渡航準備費用、海外保険料金、送迎費、娯楽費などは含まれていません。

ロンドン留学(語学、大学、専門など)の費用を詳しくみる >
ロンドンの気温や気候について詳しくみる >

英語を学ぶならロンドンは最適!

「英語を学びたい」人それぞれ理由があって、語学留学を目指します。

せっかく留学するなら、生の英語に触れながらその街でしか得られない特別な体験をしたいと思いませんか?

私は2年間ロンドンで語学留学をした経験がありますが、英語力が格段に伸び、生活する中で価値観も広がりました

生徒一人一人を大切にする先生、フレンドリーなクラスメイトたちと過ごす日々はとても楽しく、充実した学習環境でした。

そして「英語」を通じて世界各国の人々と関わる中で、自分の知識や観念がどんどんアップデートされていきました

ロンドン市内の質の高い学校が提供する英語学習カリキュラム、そしてロンドン生活の中にある英語に触れる日々は、学びの宝庫です。

街行く人の会話に耳をすませてみたり、公共放送やラジオを毎日の習慣にしたり。積極的に友達を作ったり、ショップスタッフに話しかけてみたり。

毎日が学びの連続なので、ロンドンでの語学留学が終わった頃にはまた一つ、大きく成長した自分に出会えるはずですよ。

イギリス国旗
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい