高校生の海外留学マニュアル!交換留学や私費留学の違いについても詳しく解説

「留学して、海外の学校に通ってみたい!」そんな夢を抱きながらも、何から始めればいいのか分からない人も多いのでは?まずは、高校生の海外留学について知識を深め、ご両親に説明できるような情報を頭に入れることが大切ですよね。

本記事では、交換留学と私費留学の違いをはじめ、海外高校留学のメリットや費用の目安などをご紹介。また、海外生活をイメージしやすいように、日本の高校との違いやホームステイと寮での暮らしについても言及しています。

海外高校留学に興味がある人にとって、知りたい情報をギュッと詰め込んだ内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

海外高校留学に興味がわいたら

海外高校留学!交換留学と私費留学の違い

海外高校留学

多くの体験や挑戦ができる高校生の海外留学。ここでは、自分に合った留学方法を知るために、交換留学と私費留学の違いを確認していきましょう。

交換留学:目的は異文化交流で選定試験あり

交換留学は、コミュニケーションを軸に異文化を体験するプログラムです。期間は約10~12ヶ月で、渡航時期は夏か冬が一般的。支援団体が指定する国や学校を留学先として選び、ホームステイをしながら滞在します。

学費は基本的に免除となり、支援団体の奨学金制度を利用できるケースも。書類審査の後、面接・英語筆記試験などに合格する必要があります。

【交換留学の主な支援団体】

私費留学:自由度が高く目的を優先できる

私費留学は、留学エージェントを通して申し込み、目標に合わせて語学を学べることが特徴です。留学先や渡航時期、期間も選べ、卒業を目指すだけでなく1学期(約10週間)からでも通えます。滞在先はホームステイと寮があり、交換留学に比べると自由度が高いですが、費用は全額自己負担しなければなりません。

費用を抑えて異文化体験をメインに考えるなら交換留学、進学や自分の目的を優先するなら私費留学がおすすめです。

高校留学3つのメリットは?海外で学ぶ理由

「海外での高校留学を通して、さまざまなことを吸収したい」そう思う人も多いでしょう。ここでは、高校留学という貴重な体験により得られるメリットを3つご紹介します。留学の目的が定まっていない人も必見です。

異文化を体験することにより世界観が広がる

日本では常識として通用することも、海外では違うケースもあります。国際化社会が進む中で、外国人とのコミュニケーションを通して学べることはたくさんあります。日本人が苦手とする自己主張や感情の表現なども、肌で感じて実践するチャンスがあるのは、大きなメリットです。

言語の習得や専門科目の受講チャンスがある

日々の生活を通して、教科書には載っていない現地の生きた言語が学べます。また、海外の高校ならではとも言える、芸術分野の科目を選択するチャンスもあるのも嬉しいポイント。たとえば、音楽やロボット工学など、興味のあるコースを受講でき、将来の可能性も広がりやすいです。

目標設定や自立心育成・自信にもつながる

親から離れて暮らすことで、自立心や感謝の気持ちが芽生え、人間的な成長につながります。海外での大学進学をはじめ、新たな夢や目標を設定するきっかけにもなりやすいです。高校留学体験が自信や積極性、チャレンジ精神を育みます。

留学して驚くかも!海外と日本の高校の違い

海外高校留学

海外の高校に通ううえで、もっとも気になるのが日本の高校との違いではないでしょうか?「授業はどんな雰囲気だろう?」と不安や期待が入り混じる人も多いはず。ここでは、海外の高校で、日本とは大きく違う点を下記にまとめています。

  • 授業中に生徒は主体的に発言する
  • プレゼンテーションやスピーチの機会もある
  • 選択科目が多い
  • 国によっては教科書を買わずにレンタルする
  • テクノロジー化が日本より進んでいる国も多い
  • 新学期の始まりは国によって違う
  • 職員室がないケースが多い
  • 教室や講堂も基本的には土足で入る
  • 髪型やピアスなどの校則はゆるい場合が多い
  • 掃除時間はなく清掃員がいるケースがほとんどである
  • 生徒が楽しめるイベントが多い
  • 国によっては休みの期間が長い

海外の高校で、もっとも日本と違うと感じる点は、生徒の授業中の積極性です。どんどん発言するのが当たり前の雰囲気で授業は進むので、失敗を恐れないことが大切。その他の違いについては、学校が始まればすぐに慣れるはずです。

海外高校留学・ホームステイや寮での暮らし

交換留学の滞在方法は、現地の家族と共同生活をするホームステイが主流です。一方で、私費留学では、ホームステイのほかに寮を選択できるケースもあります。ここでは、ホームステイと寮生活の特徴を紹介していきます。

ホームステイの生活や食事の特徴

ホームステイの食事は基本的に3食付きで、個室が一般的です。学校や生活に必要なことは気軽に相談できるため、ホストファミリーの存在は心強いはず

【食事のメニュー例】

朝食:シリアル、トースト、ミルク、果物
ランチ:サンドイッチ、果物、野菜
夕食:パスタ、サラダ

朝食はシリアルやトーストなど簡単なものが多く、ファミリーと時間が合わない場合は自分で用意するときもあります。ランチは日本のお弁当のような豪華さはなく、サンドイッチや野菜スティックが主流。夕食は家庭料理で、ホストの料理の腕によって味や美味しさには差があると考えておきましょう。

ペットがいる家も多いため、アレルギーがある人は事前に確認することが必要です。

寮生活は友達ができやすく交通の便がよい

寮は学校の敷地内や近くにある場合が多いので、交通の便がよいことが特徴です。また、相部屋が多く、生徒同士で多くの時間を過ごすので友達作りには最適。食事はビュッフェスタイルが多く、栄養バランスのよい品が用意されます。規則があり管理者もいるため、安心で安全な環境です。

高校生の海外留学の費用はどのくらい?

海外高校留学

海外高校留学を実現するためには、まとまった費用が必要です。留学準備を進めるうえで、交換留学と私費留学にかかる費用の目安を見ていきましょう。

高校生の交換留学にかかる総費用の目安

交換留学では、授業料やホームステイ代は免除されますが、プログラム費用や別途費用がかかります。

交換留学の費用
プログラム費用(航空券・サポート費など)約120万~330万円
授業料・ホームステイ代免除
別途費用(海外旅行保険・空港税など)約22万~60万円

高校生の海外交換留学の総費用は約142万~390万円で、プラスお小遣いが必要です。プログラム費用は、支援団体や国、時期によっても変わります。また、奨学金制度があり、留学費用を負担してもらえるケースもあるので、事前に確認してみましょう。

高校生の私費留学にかかる総費用の目安

私費留学はカスタマイズも自由なため、交換留学よりも高額になりやすいです。公立高校の料金設定は、私立と比べるとリーズナブル。

私費留学の総費用
ニュージーランド公立:約350万円~/私立:約400万円~
カナダ公立:約240万円~/私立:約350万円~
イギリス私立:約500万円~

一方で、イギリスのように生徒が単身で留学する際は、選択肢が私立のみになってしまう場合もあります。費用を把握しておくことは重要なので、行きたい学校の授業料や諸費用も、しっかり確認しておきましょう。

海外高校留学にチャレンジしよう!

精神的にも大きく成長する時期である高校生。日本から一歩外に出て、文化や言語を学び、国籍の違う人と触れ合うことは、人生の財産にもなり得る体験です。

本記事では、交換留学と私費留学の特徴や日本の高校との違い、費用など、留学を検討中の人が気になる情報をご紹介してきました。「高校留学に憧れるけど、自分にできるのだろうか?」と不安を感じている人も、自分が海外へ飛び出すイメージがわいてきたのでは?

「高校留学をしておけばよかった」と後悔するよりも、挑戦して何かを感じるほうが、メリットは大きいはず。今しかできない高校留学へのチャレンジを、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。

(留学プレス編集部)

海外高校留学
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい