大学生の留学【学年別ガイド】費用やメリット、就活への活かし方も

人生のうちで一番留学チャンスが多い年代が大学時代。大学生で留学することは他のどんな年代での留学よりも多彩で自由な選択肢があります。

  • 夏休みや春休みを使って留学
  • 休学して留学
  • 大学の認定留学/交換留学(協定校留学)
  • ワーキングホリデー
  • 海外ボランティア
  • 海外大学のエクステンション講座
  • 海外大学編入
  • 海外大学院進学

人生でたった4年しかない大学生活。多様な選択肢のなかから、自分にもっともふさわしい留学を選びたいですよね。

ここでは学年別にできる留学をご紹介。さらには就職活動への活かし方、留学費用、大学生ならではの「留学+ひとり旅」、大学生だからこそ使える奨学金などをお届けします。最後には大学留学生からのリアルレポートもお伝えします。

学年別・大学生の留学タイミング表

学年別にいつが最適な留学タイミングなのかを表で確認してみましょう。各学年での留学概要や準備開始時期は次の項で詳しく解説していきます!

1年7~9月
夏休み留学

2~3月
春休み留学
2年4月~
休学留学/交換留学

7~9月
夏休み留学
休学留学/交換留学

2~3月
春休み留学
3年4月~
休学留学/交換留学
海外大学編入留学

7~9月
夏休み留学
休学留学/交換留学
海外大学編入留学

2月
春休み留学
4年7~9月(内定していた場合)
夏休み留学

12月
冬休み留学

2~3月
春休み留学

3月(卒業式後)
海外大学編入留学
海外大学院留学

大学1年生の留学

夏休み留学履修登録が終わり、ゴールデンウィーク明けには大学生活も軌道に乗っているころ。
その頃には国選びをスタートするのがおすすめです。
春休み留学11月~12月くらいには国・学校選びをスタート。
後期試験に差しさわりがないように終わらせておくのがおすすめです。

大学2年生の留学

4月からの休学留学/認定留学1年次の9月くらいから準備をスタートするのがおすすめ。
大学間の協定校留学と併願する人は学内選考日程と合わせてスケジュールを立てましょう。
ワーキングホリデーにもぴったりの時期です。
夏休み留学ゴールデンウィーク中に情報収集をして国やプラン選びをスタートするのがおすすめ。
9月からの休学留学/認定留学2年次の4月くらいから準備をスタートするのがおすすめ。
大学間の協定校留学と併願する人は学内選考日程と合わせてスケジュールを立てましょう。
春休み留学11月~12月くらいには国・学校選びをスタートし、後期試験に差しさわりがないように終わらせておくのがおすすめです。
海外ボランティアや試験対策クラスなどにチャレンジするのもおもしろいかも。

大学3年生の留学

4月からの休学留学/認定留学2年次の9月くらいから準備をスタートするのがおすすめ。
大学間の協定校留学と併願する人は学内選考日程と合わせてスケジュールを立てましょう。
ワーキングホリデーにもぴったりの時期です。
4月からの海外大学編入留学3年次の夏には準備をスタートするのがおすすめです。
編入留学生は秋学期の前に渡航し、語学力を磨くのが一般的。
秋から大学に入ったときに授業にバッチリついていけるようにしっかり準備していきましょう。
夏休み留学ゴールデンウィーク中に情報収集をして国やプラン選びをスタートするのがおすすめ。
就職活動を見据えて自分の興味ある分野を深める留学も考えてみましょう。
9月からの休学留学/認定留学2年次の4月くらいから準備をスタートするのがおすすめ。
大学間の協定校留学と併願する人は学内選考日程と合わせてスケジュールを立てましょう。
就職活動を意識した留学をする人や、卒業後の進路(進学、起業etc.)についてじっくり考えたい人にとってもいいチャンスになります。
9月からの海外大学編入留学準備は2年次の夏頃から始めておくといいでしょう。
もし、大学編入後の語学力や大学特有のシステム(授業選択や大学授業の進め方)に慣れておきたい人は、夏休みが始まったらすぐ渡航して、現地の大学準備コースを履修するほうがいいでしょう。
春休み留学企業エントリーがそろそろ始まる時期です。
留学経験を履歴書に書き、自分の強みにするにはラストチャンスなので、ぜひ経験を深めてみてください。
11月~12月くらいには国・学校選びをスタートし、2月中に実行するのがおすすめです。

大学4年生の留学

夏休み留学内定がもらえていたら留学で自由を謳歌したいものですね!
内定が出てすぐの留学準備スタートとなるので、1~2週間、ビザなしで行けるところを念頭に選んでおくのがおすすめです。
冬休み留学後期試験がほとんどない人は冬休みを留学で楽しみましょう。
クリスマスプログラムに参加すれば、その国のクリスマス文化を楽しめるほか、ホームステイや寮でローカルなクリスマスやカウントダウンを楽しめます。
春休み留学就職前の最後の留学です。
存分に楽しめるところに行くのがおすすめですが、社会人になることも念頭に置き、治安の不安や社会情勢が緊迫しているところなどは避け、4月からの社会人生活に支障がないような留学先を選ぶのがいいでしょう。
海外大学編入卒業式後の海外大学編入留学の準備は遅くとも4年次の春にはスタートしておきましょう。
なお、海外の大学は「同じ専攻なら大学院に進んでステップアップをする」という考え方です。
同じ専攻の場合、院に入るより難易度が高くなる場合も少なくありません。
卒業後編入は「違う専攻」の場合と考えておく方がいいでしょう。
海外大学院留学大学3年次から語学力を磨き、出願する大学院を模索しておくのがおすすめ。
特にトップ校になると出願締め切りが早いところもあるため、早め早めに動いていきましょう。

大学生の留学・種類別解説

大学生の留学・種類別解説

夏休み・春休み留学

2週間~2か月ほどの短期留学では、さまざまなことにチャレンジできます。

語学留学は一番ポピュラーな夏休み/春休み留学です。寮やホームステイをしながら、行ってみたかった国でいろんな国の留学生と一緒に学生生活を楽しんでください。

最近は語学だけでなく「語学+習い事」のコースも充実しています「。アート、ダンス、ヨガ、スポーツなど自分の興味のあることを学べば、語学力アップに大いに役立ちます。

海外ボランティアにチャレンジする人もたくさんいます。アジアやアフリカで地域おこしや孤児院・病院サポートに行ったり、現地小学校などで日本語教師アシスタントをしたり、動物保護/環境保護などに携わる人もいます。

協定校留学/交換留学

在籍大学の協定校に留学する場合、大学が設定する選考スケジュールをしっかり確認しましょう。

行き先によっては競争率が高く、選考から漏れた場合も考えておくのがおすすめ。休学して私費で留学するのか、来年またチャレンジするのか、限られた学生生活をどう使うのか冷静に判断しておくのが大切です。

休学留学

休学留学では1年間の留学が最も多いですが、半年(1学期間)留学する人もいます。協定校留学ではやりたいことがない人、協定校留学の選考で希望のところに行けなかった人などが休学留学を選びます。

休学留学の選択肢は無限大です。海外大学で単位が取れるイギリスのスタディーイヤープログラムのようなコースに行くのもいいですし、専門学校に進んで将来の仕事に役立つ資格を取得するのもいいでしょう。ワーキングホリデー、海外ボランティア、海外大学のエクステンション講座など、多彩なチャンスがあります。

休学留学について詳しく読む >

海外大学編入留学

日本で2年間の一般教養課程を終えると「準学士」という学位が授与されます(学校形態による例外あり)。これは短期大学卒業と同じ資格です。

準学士を持っていればアメリカやカナダなら大学3年次への編入が認められます。それまでに取得した単位や、どこの大学を目指すかによってどのタームに編入できるかは変わりますので、2年次の夏には準備をスタートしておくのがおすすめです。

日本や北米と教育システムが異なるイギリスやオーストラリアなどは大学課程が3年間ですべてが専門課程、つまり日本の大学の「3-4年」にあたります。

日本で準学士号を持っているとイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどの大学への出願資格も得られますので、ここから3年間で大学を卒業することもできます。学部や大学によっては日本で取得した単位の一部を認定してもらえる可能性もあるので、直に、または留学エージェントなどを通して交渉してみましょう。

また欧州の国のなかには学費免除(または安価)の国もあります。日本の大学を飛び出して、学費を免除され、広い世界で勉強をすることも、あなたの人間力を大きく伸ばしてくれる可能性があります。

海外の大学留学について詳しく読む >

海外大学院留学

海外の大学院はとても広く門戸をオープンしています。臆せずどんどんチャレンジするべきです。

イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどのように原則1年で修士課程が終えられる国もあります。

ロースクールやビジネススクールなどの専門大学院もあります。世界をフィールドに活躍する法律家やビジネスマンを目指すなら、これらもぜひ選択肢に入れてみてください。

語学力はもちろん必要です。しかし、大学院は大学課程よりむしろ留学生にとっては勉強しやすいとも言えます。大学では大教室授業など、誰かに頼れない授業もたくさんありますが、大学院課程では少人数や一人で追及するクラスも多くなります。

仲間や教授としっかりコミュニケーションをとっていくことで、勉強のペースもつかみやすくなるでしょう。

大学院への留学について詳しく読む >

どんな留学に興味がありますか?

大学生が留学するメリット・デメリット

大学生が留学するメリット・デメリット

メリット1:実用的な語学力を身につける

受験や試験のための英語はもうおしまいです!ここからは、ビジネスや旅で使えるリアルな語学を身につける時期です。

メリット2:広い世界で人に会い、自分の将来像を描く

さまざまな考え方、文化、音楽、宗教、政治、社会、芸術に触れてたくさん刺激を受けましょう。きっと将来の自分像が見えてくるはずです。

メリット3:奨学金が使える

奨学金のなかには大学時代にしか応募できないものがたくさんあります。社会人になってからではチャンスを逃してしまうのでぜひチャレンジしてみましょう。

例:トビタテ、日本学生支援機構の海外留学奨学金、松下幸之助スカラシップ、柳井正財団奨学金、グローバル人材育成スカラーシップ

デメリット1:費用の捻出

短期留学であればアルバイトで貯めたお金で実現可能ですが、1年以上の長期留学になる場合には親御さんの協力が必要です。

デメリット2:学年が追加になる

休学留学や海外大学編入留学で単位がすべて認められなかった場合は、卒業までの期間が1年ほど伸びます。

デメリット3:親の説得

なかには留学に反対という意見を持つ親御さんも。なぜ留学したいのか、留学の後何を成し遂げたいのか、自分の意志をはっきり説明し説得する必要があります。

留学を就活や将来の仕事に活かすには?

留学を就活や将来の仕事に活かすには?

資格取得

もしやりたい仕事が決まっているのなら、迷わず海外の専門コースや大学院などでその道を追求するべきです。料理、アート、スポーツ、音楽など、本場に触れることで伸びるものもあるでしょう。

多くのことは日本でも勉強できるとはいえ、環境が人を作るという場合もたくさんあります。技術面だけでなく、その地に住んでみることで初めてわかる専門分野の深みがあるはずです。

ビジネスのコースに入る

海外大学のエクステンション講座や専門学校には魅力的なビジネス系コースがたくさん開講されています。1か月~8か月ほどで、グローバル環境でのビジネスの進め方や知識、高い語学力を磨くことができます。

インターンシップに参加する

現地企業で働きながら語学力や仕事スキルを身につけられるインターンシップは就活生にぴったりです。学生のうちは参加できるインターンシップが限られますが、海外で実際に仕事をした経験は即戦力を求めるグローバル系企業にもアピール力ばっちりです。

海外ボランティアに参加する

ボランティアは社会について学び、奉仕の精神を磨くだけでなく、チーム力やリーダーシップも試されます。また多くの場合ボランティアでの公用語は英語のため、学校では身につかない実践英語力も磨けます。

海外ボランティアに行きたい人必見!具体的な活動内容やメリットを詳しく解説 →

語学能力試験で高いスコアを取得する

履歴書に書ける語学能力スコアを大学生のうちに取得しましょう。海外の語学学校では試験対策コースが開講されているので、そこで徹底的に自分を追い込み、また、同じく試験突破を狙うクラスメイトたちと刺激し合いながら、一生手元に残る高いスコアを獲得するチャンスです。

大学生の留学、費用はいくらかかる?

大学生にとって留学費用は最も気になることのひとつですよね。

行く国や期間によってさまざまな費用形態がありますので、ここでは目安となる費用をお伝えします。

夏休み留学・春休み留学30万円~55万円(1か月程度)
協定校留学授業料は在籍大学の授業料に含まれます。他に滞在費や渡航費として約100万円~170万円ほど。
休学留学200万円~350万円(1年間)
ワーキングホリデー160万円~270万円(1年間、国による)
海外ボランティアカンボジア孤児院交流 約7~10万円(5日間)
オーストラリア・語学学校+日本語教師ボランティア 70万円~(4ヶ月間)
大学編入留学250万円~600万円(1年間、学部による)
大学院留学250万円~700万円(1年間、学部による)

大学生こそやってみよう!留学+ひとり旅

大学生こそやってみよう!留学+ひとり旅

大学生にぜひチャレンジしてもらいたいのが「留学+ひとり旅」です。

ひとり旅には語学力がなくたって行けますが、地元の人やバックパッカーの宿泊客とたくさんコミュニケーションするときに、語学力は大きな強みになります。

たとえば、イギリスやアイルランドで語学留学をしてからヨーロッパ各国へ鉄道旅したり、フィジーやフィリピンで費用控えめの語学留学をしてから世界一周に出たり、南アフリカ共和国で語学留学をしてからアフリカ大陸を回ったり…

守られているだけでは得られない経験や自力で困難を突破する力も身に付きます。そして何より、世界中に友達ができるという得難い財産も手に入れられるでしょう。

大学生の留学レポートや世界の大学ガイドを読んでみよう

世界には面白い大学がたくさんあります。海外留学生が自分の大学を紹介したり、編集部監修の大学ガイドなどもぜひ参考にしてください。

大学留学の記事をもっと見る >>

大学生の留学は貴重な人生経験

大学時代の留学は、社会人になる前の大きな経験。社会人になってからも留学はできますが、なかなか休みがとれなかったり、転職が必要になったり、大学生以上に犠牲にすることが増えてしまいます。

また、年齢が高くなればなるほど、結婚や介護など自分ではコントロールできない人生の波が訪れるのも現実です。

ぜひ大学時代の留学を楽しみながら実現してくださいね。

(留学プレス編集部)

飛行機

あなたがやってみたいのはどんな留学ですか?

留学について
わからないこと
・心配なこと

があったら

海外でやってみたいことを選んでください(いくつでも)
最適なパンフレットが国内外の留学会社から届きます。
まずはゆっくり読んでみませんか?

大学生の留学
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい