国民が熱狂するアイルランドの2大ゲーリックスポーツ(2)ゲーリックフットボール(Gaelic Football)~ばあんのりこ(ライター)

アイルランドの国技、ハーリング(Hurling)とゲーリックフットボール(Gaelic Football)。アイルランド国民が熱狂する2大スポーツです。

自国の伝統的なスポーツと文化を普及させることを目的とするゲーリック体育協会が、ハーリングとゲーリックフットボールの各州別対抗の大会を運営しています。9月に行われるそれぞれの決勝戦では、アイルランド最大で8万人収容のクロークパークが満席になるほどの熱狂ぶりです。

前回はハーリングをお届けしました。今日はゲーリックフットボール。

一見すると、使用するボールと得点方法が違うだけで、まるでラグビーのようなスポーツです。しかし、実際には、ラグビーのようにボールを投げてトスをすることはありませんし、タックルもできません。

ゲーリックフットボールについて、ご紹介します。

ゲーリックフットボール

ゲーリックフットボールの概要

■人数
1チーム15人

■用具
バレーボールより大きくて重いボール

■時間
前半30分、後半30分 計60分

■コート
サッカー、ラグビーより大きいフィールドを使用

■得点
ハーリングと同様で、ゴールネットの上に、H型クロスバーが設置
打ったボールがクロスバーを越えれば1点、ゴールすれば3点

ゲーリックスポーツのルール

ボールを持って動けるのは、4歩もしくは4秒以内。ボールをバウンドさせれば、更に4歩可。ハーリングやラグビーと違い、タックルは禁止。

地面のボールは、まず足で拾いあげてから、触らなくてはいけません。
パスを出す時は、投げるのではなく、ボールを手で打ってパスをします。

ゲーリックスポーツの強豪チーム

ダブリンゲーリックスポーツの強豪チームは、水色と紺、ケリーは緑と黄、メイヨ―は緑と赤です。

Dublin V Kerry All Ireland Final 2019 Highlights

応援にかかせないカラフルな州旗

ハーリング、ゲーリックフットボールのサポーターは、応援する州の色を身に着けて応援します。例えば、ダブリンなら水色と紺、コークなら赤と白です。服だけでなく、家でも旗を掲げたり、車のアンテナに州の色のリボンを巻いたりして盛り上がります。

コークの優勝パレードの際には、州の色である赤と白で街があふれていました。そして「赤と白なら何でもいい」といったように、コークの旗だけでなく、ポーランドや、トルコ、そして日本国旗も一緒に揺れていたり。アイルランド人の大らかさが表れていて、面白いですね。

近年のゲーリックスポーツを取り巻く環境

1990年代頃までは、ゲーリックスポーツをするのは、ナショナリスト(アイルランド独立を支持する人)、ラグビーやサッカーをするのは、ユニオニスト(アイルランドがイギリスに属することを支持する人)とされていました。

しかし、幸い、最近ではそのような考えも薄れつつあり、公共のラグビーフィールドで、ゲーリックスポーツをしていることもあるようです。

大切な伝統的なアイルランドのスポーツが、悲しい歴史を超えて、国内だけでなく世界にも広がると素敵ですね。

文:ばあんのりこ(ライター)
この執筆者の記事一覧

《これらの記事も読まれています》
■国民が熱狂するアイルランドの2大ゲーリックスポーツ(1)ハーリング
■ 【レシピ】アイルランドの素朴な味、ソーダブレッド(Soda Bread)
■アイルランド留学生の便利な足『自転車』攻略法
■カルチャーショックと上手につきあっていくには
■ 女性に人気のある留学

ゲーリックフットボール
記事は役にたちましたか?ぜひフォローしてくださいね!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい