語学研修で言語を習得したい人必見!費用や留学との違いについても詳しく解説

「海外に行って現地の言葉を学んでみたい」そんな思いを胸に、語学研修を夢見ている人も多いのではないでしょうか?しかし、語学研修で一体どんな学びや体験ができるのか、よく分からない人も多いはず。文化や環境の違いもあるため、不安に感じる面もありますよね。

本記事では、語学研修ができる学校の種類やコースをはじめ、メリットや費用の目安などを詳しく紹介しています。また、「何が違うの?」と疑問に持ちやすい、語学学校と留学との違いについても言及。

語学研修を成功させるヒントも記載していますので、「充実した語学研修にしたい!」と思う人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

世界各国の留学資料がもらえる!

語学研修と留学はどんな違いがある?

語学研修とよく似たワードとして使われているものに、語学留学があります。「なんとなく海外に行って勉強するという目的は想像できるけど…一体何が違うの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

特に混乱しやすいのは以下の3つのワードです。

  • 語学研修
  • 語学留学
  • 短期留学

留学サービス審査機構(J-CROSS)の定義によると、語学研修は留学に含まれると明記されています。そのため、語学研修で渡航することを「留学する」と言い換えることもできます。

2ヶ月程度の短期間の研修なら、「短期語学留学」と言っても間違いではありません。一般的には、企業や学校用にカスタマイズされた留学のことを、研修と称する傾向にあります。

また、媒体によっては、短期語学留学に限定して語学研修と称するケースも少なくありません。しかし、実際には、半年や1年といった長期に及ぶ語学研修もあるのが本当のところです。

履歴書に記載するときには、語学研修でも語学留学でも、どちらでもよいことを覚えておきましょう。

語学研修で得られる3つのメリット

語学研修では、ただ海外を旅行するよりも、現地に密着した多くの体験ができることが特徴です。ここでは、語学研修を通して得られる3つのメリットをご紹介します。

現地で学ぶため生きた言語が身に付く

日本の教科書英語ではなく、現地で実際に使える生きた言葉が学べます。学生時代に英語の授業が苦手だった人でも、現地で生活すると英語力がグンと伸びるケースも珍しくありません。

生活の中で必要なフレーズが身につき、ネイティブの発音に慣れていくのです。

多国籍な友達ができて言語を存分に使える

さまざまな国から来ている友達と交流できるのも、語学研修の大きな魅力です。同じクラスの友達なら言語レベルが同等なので、間違いを恐れずに話しやすく、習った言語をどんどん実践で試せます。

将来の可能性が広がる!正規留学への糸口に

学校に一定期間通うと語学力も上がり、現地での生活への不安も少なくなります。

海外での勉強を継続したい場合は、大学への進学も検討しやすいです。また、現地で仕事をしたり移住を見据えた計画を立てたりすることも夢ではありません。

語学研修ができる学校の種類やコース

数多くの語学研修先がある中で、「どんな学校でも同じなのだろうか…」そんな疑問を抱いていませんか?また、「コースがたくさんあって、どれを選ぶべきか分からない」と悩む人もいるでしょう。ここからは、語学研修ができる学校の種類とコースについて、お伝えしていきます。 

【種類】 

学校の種類は、大きく分けると以下の3つです。

  • 大学付属校
  • 大学と提携する私立の語学学校
  • 公立・私立の語学学校 

大学や専門学校への進学を目指す場合は、付属校や提携している私立の語学学校を選ぶとよいでしょう。学校が定める基準をクリアすれば、学力試験が免除になることもあります。 

私立の語学学校に関しては、さまざまなレベルが用意されているため、英語が喋れない人にもおすすめ。アクティビティの充実度も高いため、現地の生活も楽しみやすいです。 

【コース】 

ほとんどの学校で設定しているのは、ニーズの高い以下の3つのコースです。

  • 一般英語
  • 進学準備
  • ビジネス英語 

一般英語のコースは、通常レベル分けされたクラスがいくつかあり、自分の語学力に合わせて学べます。英語が喋れないのに、上級クラスに入るようなことはありません。進学準備では、TOEFL(r)やIELTSなどの試験対策に重点を置いた内容となります。 

ビジネス英語では、一般英語に比べると丁寧な表現方法や仕事でよく使うフレーズなどを学ぶことが特徴です。

語学研修の目的に合わせた学校選びをすると、失敗しにくいでしょう。

語学研修にかかる費用はどのくらい?

語学研修をするうえで、もっとも把握しておきたいのは費用ではないでしょうか。「授業料はいくら?」「ホームステイは食事込みの料金?」といった疑問の答えも、事前に頭に入れておくとプランが練りやすいですよね。

ここでは、人気渡航先のアメリカとニュージーランド、フランスの私立語学学校にかかる費用の例を以下に記載しています。

登録料授業料滞在費
アメリカ155ドル(US) 約16,000円※1,320ドル(US)約150,000円※
20レッスン×4週間(1レッスン50分)
1,200ドル(US)~ 約145,000円~※
ホームステイ4週間2食付き
ニュージーランド250ドル(NZ)約19,000円※1,680ドル(NZ)約125,000※ 
4週間(週23時間)
1,160ドル(NZ)約87,000円※
ホームステイ4週間2食付き
フランス80ユーロ 約10,000円1,360ユーロ 約172,000円※
20レッスン×4週間
1,400ユーロ約177,000円※
ホームステイ4週間朝食7日・夕食5日

※1/14.2021現在

各国ともに授業料とは別に登録料が必要です。学校によっても料金設定が違いますが、約1か月分の授業料の目安として、参考にしてみてくださいね。ホームステイは、基本的には2食付きの料金設定で、ランチは自分でサンドイッチや果物を用意するケースが多いです。

留学費用が知りたい

語学研修を成功させるための秘訣

語学研修に行けば、必ず語学力が上がるというわけではありません。語学の上達は自分の意識の高さ次第。ここでは、語学研修を成功させるための秘訣を伝授していきます。

語学研修の目的を明確にしておく

語学研修をするうえで、もっとも大切なことは目標の設定です。なんとなく勉強していては、モチベーションも上がりません。一人ひとりの目的に合わせて具体的な目標を定めましょう。

【目標例】

  • 自信を持って自己紹介をできるようにする
  • 接客のために必要な英語を身に付ける
  • TOEIC600点以上を目指す

英語がほとんど喋れない場合は、高すぎる目標にしないことがポイント。短期間でネイティブの言語を完全に習得するのは、さすがに無理があります。少し頑張ったらできそうな目標を段階的に定めて、語学のレベルアップをはかりましょう。

真剣に語学習得したいなら現地人と行動する

日本人の生徒が学校にいると、安心感からついつい一緒に行動してしまいがち。

しかし、学力を伸ばしたいのなら、できるだけネイティブスピーカーと一緒に行動するとよいでしょう。

机に向かうより現地生活から学ぶ

机にばかり向かっていては、日本での学習とそう変わりません。生活を通して、現地人とコミュニケーションを取り、生の言語を学ぶことが大切。

ボランティア活動をはじめ、現地人とランゲージエクスチェンジをするのもおすすめです。

語学研修に挑戦して自分の可能性を広げよう

語学研修では、言語を学ぶという目的だけではなく、異国の地で新しいことに挑戦するという醍醐味があります。多くの出会いや体験を通して、世界観が広がることは間違いありません。また、未来の展望を考えるきっかけにもなり、自信にもつながります。

「語学研修に行って、自分の可能性を広げたい」そう思う人は、一歩前に踏み出してみませんか?研修期間の目安や出発時期を決めたら、費用の準備と並行して学校を選びましょう。出発前までには、自分の目標を設定することもお忘れなく。

本記事でお伝えした内容を参考に、ぜひ語学研修を前向きに検討してみてくださいね。

(留学プレス編集部)

飛行機

あなたがやってみたいのはどんな留学ですか?

留学について
わからないこと
・心配なこと

があったら

海外でやってみたいことを選んでください(いくつでも)
最適なパンフレットが国内外の留学会社から届きます。
まずはゆっくり読んでみませんか?

語学研修
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

留学成功のカギはしっかり「知る」こと。

なんとなく考えてる人も具体的に検討してる人も、悔いのない留学のためには「知る」ことが絶対条件。 ネットに様々な情報があふれるなか、留学プレスでは全国の実績ある留学会社と提携して、『最新』で『正しい』情報をお届けできるようになりました。まずはぜひ、読んでみてください!

留学のパンフ・資料を見てみたい