国際関係学を学ぶ留学とは?特徴と卒業後の就職、海外の大学・大学院ランキングなどを徹底解説!

国際関係学部は国際政治や外交、世界情勢に興味がある学生に人気の学部です。卒業後のキャリアは幅広く、外交官・人道支援・ジャーナリスト・特派員・実業家・言語関連業務・企業や非営利団体のグローバルキャリア全般・政府機関…など多岐に渡る分野での活躍が期待できます。

国際関係学ではどんなことを学ぶのでしょう?ここでは国際関係学で海外の大学・大学院に留学したい人のために専攻内容や大学ランキング、卒業後のキャリアについて解説します。

ぜひ留学の学部選びの参考にしてください。

あなたに合った大学はどこ?

《無料》国内外の専門留学会社から届きます!

国際関係学専攻とは?

海外大学の国際関係学部へ留学するには

国際関係学とはひとことで言うと「世界がどのように動き、機能しあっているか」を勉強する学問です。

世界では政治や文化、経済がグローバルに影響を及ぼしあっています。国際関係学では広い視点から世界のつながりを見つけるためのトレーニングをしています。

専攻を修了する時には、国際情勢に影響を与えるものは何なのかを、経済・政治・文化・歴史・法律などの全方位から理解することを目指します。また、現在世界で起きている出来事を分析し、話し、書ける能力を身につけます。

国際関係学部の内容

国際関係学部の内容

多くの国際関係学のコースには、政治・異文化コミュニケーション・世界史などの基礎科目と、幅広い教養科目が含まれています。多くの場合、外国語科目の履修も必要となります。経済学、統計学、データサイエンス、政治、歴史、人類学、社会学などの授業もあります。

多くの大学では1学期間以上の海外留学が必須または推奨となっています。学部課程の2年または3年生からは、テーマや地域などの特定の重点科目を選択します。

▼テーマの例

  • 平和
  • 安全保障
  • 紛争解決
  • 環境の持続可能性
  • グローバルヘルス
  • 正義
  • 倫理
  • 人権
  • 外交政策
  • 国家安全保障
  • 世界経済 etc.

▼地域の例

  • アフリカ
  • 東アジア・太平洋地域
  • ヨーロッパ・ユーラシア
  • 西半球
  • 中東・北アフリカ
  • 南・中央アジア etc.

修士号を取得するために大学院へ進む人は、自分の選んだテーマを深く掘り下げることが重要になります。

まず、関連する分野で学士号を取得していることが必要です。国際関係学、歴史学、政治学、経済学の学士号などが一般的ですが、大学院単位で問い合わせてみるといいでしょう。

国際関係学が盛んなイギリスの大学の場合、TaughtコースとResearchコースにわかれます。Taughtコースは学部課程と似たようなスタイルで授業を受講し、中小単位のクラスで分析したり研究をするなどして学びます。

一方、Researchコースでは教授やチューターとの相談のもと個別の研究がメインとなります。自分がどんな形で学びたいか、深く追求したい特有のテーマがあるかどうかなどで出願を検討してみてください。

国際関係学に向いている人

国際関係学を学ぶ留学

国際関係学部に向いている人は次のような特徴を持っています。

  • 世界中で起こっていることに深い関心を持っている
  • 世界のニュースを仲間と議論し分析することを楽しめる
  • 海外滞在に関心がある
  • 外国語を学ぶのが好き
  • 政治、政策、歴史、経済学、統計学、データサイエンスなど多岐に渡ることを勉強するのが好き

国際関係学と政治学はどう違うのか?

国際関係学と政治学はどう違うのか?

国際関係学と政治学では共通するテーマを扱うことが多くあります。たとえば、人類学・人口統計学・テロリズム・人権などは、政治学と国際関係学の両方のコースで取り上げられることがあります。

大学によっては政治学と国際関係学をひとつの学部として設置しているところもあります。

共通するところが多いとはいえ、やはり深く見ていくと政治学と国際関係学には違いがあります。もっとも大きな違いは、政治学と比べると国際関係学では幅広く横断的なテーマを研究するという点です。

国際関係学では現在の世界の相互関係やつながりを知る上で役立つようにカリキュラムが構成されています。世界各国が問題を解決しようとする際の横のつながりやアプローチなどに焦点が当てられます。

国際関係学卒業後の就職・キャリア

国際関係学部の就職・キャリア

国際関係学部を卒業した人は、かなり広い範囲でのキャリアを選べます。なかでも次のような職種につくチャンスが大きくなります。

  • 民間、非営利団体、政府関連部門でのグローバルキャリア
  • 外交官
  • 政策/経済アナリスト
  • 人道支援
  • ジャーナリスト
  • 特派員
  • 実業家
  • 翻訳者
  • 政治コンサルタント
  • インテリジェンス/情報関連業務
  • 言語関連業務
  • 広報関連業務
  • 国際物流 etc.

国際関係学で有名な海外の大学とランキング

トップ10校こそアメリカとイギリスの大学で占められていますが、11位~100位以内には世界各国の大学がかなり多彩にランクインしています。

グローバルな視点と地政学の視点の両方が必要な学部でもあり、アジア・ヨーロッパ・オセアニアの大学がそれぞれの強みを活かして研究しています。(参考:THE世界大学ランキング2022

1オックスフォード大学イギリス
2カリフォルニア工科大学アメリカ
2ハーバード大学アメリカ
4スタンフォード大学アメリカ
5ケンブリッジ大学イギリス
5マサチューセッツ工科大学アメリカ
7プリンストン大学アメリカ
8カリフォルニア大学バークレー校アメリカ
9イェール大学アメリカ
10シカゴ大学アメリカ
11コロンビア大学アメリカ
13ジョンズホプキンス大学アメリカ
13ペンシルベニア大学アメリカ
15チューリッヒ工科大学(ETH)スイス
16北京大学中国
16清華大学中国
18トロント大学カナダ
18ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)イギリス
20カリフォルニア大学ロサンゼルス校アメリカ
21シンガポール国立大学シンガポール
22コーネル大学アメリカ
23デューク大学アメリカ
24ミシガン大学アナーバー校アメリカ
24ノースウェスタン大学アメリカ
26ニューヨーク大学アメリカ
27ロンドンスクールオブエコノミクス(LSE)イギリス
28カーネギーメロン大学アメリカ
29ワシントン大学アメリカ
30エディンバラ大学イギリス
30香港大学香港
32ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)ドイツ
33メルボルン大学オーストラリア
34カリフォルニア大学サンディエゴ校アメリカ
35キングスカレッジイギリス
35東京大学日本
37ブリティッシュコロンビア大学カナダ
38ミュンヘン工科大学ドイツ
39カロリンスカ研究所スウェーデン
40PSL大学フランス
42ハイデルベルク大学ドイツ
42ルーベン・カトリック大学ベルギー
44マギル大学カナダ
45ジョージア工科大学アメリカ
46南洋理工大学シンガポール
47テキサス大学オースティン校アメリカ
48イリノイ大学アーバナシャンペーン校アメリカ
49香港中文大学香港
50マンチェスター大学イギリス
51ワシントン大学セントルイスアメリカ
52ノースカロライナ大学チャペルヒル校アメリカ
53ワーゲニンゲン大学オランダ
54オーストラリア国立大学オーストラリア
54クイーンズランド大学オーストラリア
54ソウル大学韓国
57モナッシュ大学オーストラリア
58シドニー大学オーストラリア
58ウィスコンシン大学マディソン校アメリカ
60復旦大学中国
61京都大学日本
62ボストン大学アメリカ
63南カリフォルニア大学アメリカ
64ブラウン大学アメリカ
65アムステルダム大学オランダ
67カリフォルニア大学デービス校アメリカ
68カリフォルニア大学サンタバーバラ校アメリカ
69ユトレヒト大学オランダ
70ニューサウスウェールズ大学オーストラリア
71ライデン大学オランダ
72エラスムス大学ロッテルダムオランダ
74フンボルト大学ベルリンドイツ
75デルフト工科大学オランダ
75浙江大学中国
75チューリッヒ大学スイス
78テュービンゲン大学ドイツ
78ウォーリック大学イギリス
80フローニンゲン大学オランダ
80マクマスター大学カナダ
82エモリー大学アメリカ
83ベルリン自由大学ドイツ
84上海交通大学中国
85オハイオ州立大学アメリカ
86グラスゴー大学イギリス
86ミネソタ大学アメリカ
88モントリオール大学カナダ
91パリ工科大学フランス
92ブリストル大学イギリス
93メリーランド大学カレッジパーク校アメリカ
93ミシガン州立大学アメリカ
96コペンハーゲン大学デンマーク
96ゲント大学ベルギー
98カリフォルニア大学アーバイン校アメリカ
99ダートマス大学アメリカ
99KAIST(韓国科学技術院)韓国
101ベルン大学スイス
101ヘルシンキ大学フィンランド

国際関係学部に留学するには?

国際関係学部に留学するには?

海外大学で国際関係学部に留学したいと考えているのであれば、次の科目に重点をおいて勉強をしておくのがおすすめです。

  • 英語
  • 社会系科目(歴史、政治経済、地理etc.)
  • 統計
  • 可能であれば第二外国語

英語力

英語は、英語圏の大学への留学を検討している人はもちろん、英語圏以外の大学留学であっても使うことが多くなります。なかには全面的に英語で履修するケースもあります。その後のキャリアや進学を考えても英語力は必須といえるでしょう。

IELTS 7.0以上・TOEFL iBT 100以上はマストで、トップランク校になるとIELTS 7.5・TOEFL iBT 109以上を要求する大学がざらにあります。

日本の学校の授業だけでこのレベルに到達するのはかなり厳しいため、多くの留学生は出願前に留学をしています。事前に語学留学や大学準備コース留学などをして現地から出願したり、高校や大学で交換留学などを経て英語テストのスコアを取得するなどが一般的です。

エッセイ(小論文)

出願時のエッセイ(小論文)では、どんな国際課題に興味があるか、その課題の実現にどう取り組みたいか、これまで自分は課題解決にどう取り組んできたかなどを具体的に表現することが求められます。そのため、書く前の自己分析はとても大切なワークとなります。

大学にはそれぞれの特徴と、求める学生像があります。自分の志望大学がどんな学生を欲しがっているのかを調べて、エッセイを組み立てていきましょう。

国際関係学を学んで志望のキャリアへ近づこう

海外大学の国際関係学部へ留学するには

以上、国際関係学での留学についてお伝えしてきました。国際関係学がもっとも盛んな国はイギリスとアメリカですが、欧州各国、アジア、オセアニアにも国際関係学に強い大学がたくさんあります。政治学との接点が多いため、政治学部とセットになっている国際関係学部も多くあります。

グローバル化した社会では、問題は複雑に絡まり合っています。それらを横断的に見て、解決の糸口を探るのが国際関係学です。幅広い知識をつけることができるため、将来のキャリアも多岐に渡ります。

国際政治やそれをめぐるメディアや各国関係などに興味がある人、将来外交やグローバルな舞台で仕事に就いていきたい人は国際関係学部への留学を検討してみてはいかがでしょうか。

(留学プレス編集部)

海外大学に興味が湧いたら

《無料》国内外の専門留学会社から届きます!

海外大学の国際関係学部へ留学するには
フォローして最新の記事を入手しましょう!
>留学の第一歩は資料請求から!

留学の第一歩は資料請求から!

やりたいことを入力3分!全国の留学企業からあなたに適した資料がもらえます。各社のパンフレットをみて留学費用やサポートを比較しましょう!